第1回:アイドルと運営の関係を考える|二丁目の魁カミングアウト ミキティー本物の「本物のアイドル論」

第1回:アイドルと運営の関係を考える|二丁目の魁カミングアウト ミキティー本物の「本物のアイドル論」

第1回:アイドルと運営の関係を考える|二丁目の魁カミングアウト ミキティー本物の「本物のアイドル論」最近世間を巻き込んで話題になっている“アイドルと運営”の関係について

アイドル界のさまざまなトピックを、唯一無二のゲイアイドルだからこその視点で斬り込む連載コラム(隔週土曜日更新)。第1回目のテーマは、最近世間を巻き込んで話題になっている“アイドルと運営”の関係について。プロデューサーとメンバーという2つの顔を持つミキティー本物は、この問題を一体どう考えているのか?

ツイート

運営がきちんとアイドルに向き合えていない

今って、アイドルが辞めたとしてもまた新しい子を入れればいいやって思ってる運営が多いなって感じるから、そういうのを見ているとアイドル側がかわいそうだなって思う。

運営はアイドルって替えがきくと思ってるのかな? いつもメンバーオーディションをしているところを見るたびに疑問に思うんですよ。そういうグループって、どんなグループを作りたいのか、結局何をしたいんだろうっていうのが全然見えてこないから。

そういうグループって、私は運営に問題があると思ってる。もうちょっとアイドル側に真剣に向き合ってメンバーとして選んであげるべきなのに、それをしてあげてないからメンバーもどんどん辞めていっちゃうし、アイドルになる敷居もどんどん下がっていってるんじゃない?

(私たちの)改名前の『二丁ハロ』時代のメンバーは、私以外顔出しがNGだったり、そもそも芸能で食べていくつもりがないメンバーたちだったので、私はグループとしてずっと一緒に活動を続けていけるメンバーが集まった時に、グループ名を改名するってずっと前から決めてて、今のメンバーで固定された時に『二丁目の魁カミングアウト』に改名したの。二丁ハロ時代は、一緒にずっと長く活動をできるメンバーを探すための期間だった。だから、改名してからようやくグループとしてスタートできたなって思ってる。

  • トップページ
  • 連載
  • 第1回:アイドルと運営の関係を考える|二丁目の魁カミングアウト ミキティー本物の「本物のアイドル論」