=LOVE[イベントレポート]愛されコンプレックスを告白! <「あの子コンプレックス」発売 記者発表会>にて

=LOVE[イベントレポート]愛されコンプレックスを告白! <「あの子コンプレックス」発売 記者発表会>にて

=LOVE[イベントレポート]愛されコンプレックスを告白! <「あの子コンプレックス」発売 記者発表会>にて

=LOVEが、5月31日(火)にソニー・ミュージックエンタテインメント本社にて<=LOVE 11th シングル「あの子コンプレックス」発売 記者発表会>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<=LOVE 11th シングル「あの子コンプレックス」発売 記者発表会>ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(2022年5月31日)

同発表会では、今回のシングルタイトルにちなみ、思わず応援したくなるようなコンプレックス“愛されコンプレックス”を各メンバーが発表する企画を実施。

“ちょっと ちび!”と書いた山本は“ほんのちょっとなんですけど、2列とかになると前にいるメンバーが(中腰で)すごくしんどそうでかわいそうだなと思っているんですけど、気にかけてくれたりして、メンバーの優しさを感じるので愛されてるなと思います”と説明した。また、身長を聞かれると“えーっ、どうしよう”と困惑しながらも“149.6くらいです”と答えると、メンバーからは“そんなにないでしょ”“嘘つき(笑)”とのツッコミが入った。

自身のコンプレックスに“ネット通販失敗しがち……”という野口は“昨日もあって、最近ずっと気になっていたお洋服がセールで安くなっていたんですよ。使い勝手がいいお洋服だから4つ買ったんです。昨日、お家に届いて段ボールを開いたら16個出てきて、サイトを調べたら4つで1つのお洋服だったんですよ”と告白してメンバーを驚かせた。また、先日誕生した姉妹グループ『≒JOY』へ“あげようかな思っています”ともコメントした。

先日終了した全国ツアー<どう考えても、君ってイコラブのこと好きじゃん>について大谷は“MCがほとんどないライブだったので、修行みたいで、かなりハードだったんですけど、ファンの方のパワーをすごく借りながら楽しむことができました。ご当地のご飯も美味しくて、スタッフさんが用意してくださって”と話していると、司会が“スタッフさんが料理!?”と取り違えてしまい、メンバー全員でずっこけたり、佐々木と野口がフライパンを振るノリノリな仕草を見せる場面もあった。

囲み取材では、初めに「あの子コンプレックス」について質問されると、“イコラブ史上最も儚い失恋ソングで、落ちサビのハモるところがあり、それはCDでももちろん、ライブでも見どころだと思います!”とコメント。MVについて聞かれると、齊藤なぎさは“普段は観られない切なさだったり、目のアップだったり、メンバーがあるものを投げ込む場面があり、そこのダンスシーンは素敵なので観ていただきたいです!”と語った。

音嶋は“私だけ目のアップは両目があるんです。最初知らなくて、ファンの方から教えていただいて”と明かした。

シングルに収録された自身初のソロ曲「僕のヒロイン」について髙松は“指原莉乃さんの許可を得て、(山本)杏奈に振り付けをしてもらって、指差しで私を表現してくれる山本さんがエモい”と自身の名前である“瞳”を作るような手のポーズを入れてくれたことも嬉しかったと話した。

“グループのセンターに初めて立ってみて”という質問に対して佐々木は、“気持ち的には気負っているところはないですけど、いつもセンターの人が話す場面が多くて、これまでそういうことがなく、考えることがなかったので、それが大変だなって。振り付けも前に人がいないのは緊張します。しっかりしないとと思います”と述べた。センターを務める佐々木に対して髙松は“センターだと、いきなり話題を振られたりするし、しっかりやっててすごいです! 舞香は本当にすごいです!”と褒めたたえた。

最後に佐々木は“今作品はみんなで作って、信頼し合っているので、このまま頑張りたいと思います”と笑顔で語った。

≒JOY誕生について質問されると、齊藤なぎさは“イコラブが1番年上ということで、みんなでおっきい背中を見せられたら”と意気込みを口にした。続けて“ニアジョイ(≒JOY)ちゃんたちもすごくポテンシャルがある子たちばかりだと思うので、負けないように、一生懸命頑張りたいなと思います”とグループ全体で改めて気合を入れていた。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • =LOVE[イベントレポート]愛されコンプレックスを告白! <「あの子コンプレックス」発売 記者発表会>にて