FES☆TIVE[インタビュー後編]アクセル全開で世界に魅せるお祭り系ユニットの真髄「今年の夏はFES☆TIVEに期待してほしいです!」

FES☆TIVE[インタビュー後編]アクセル全開で世界に魅せるお祭り系ユニットの真髄「今年の夏はFES☆TIVEに期待してほしいです!」

FES☆TIVE[インタビュー後編]アクセル全開で世界に魅せるお祭り系ユニットの真髄「今年の夏はFES☆TIVEに期待してほしいです!」FES☆TIVE 14thシングル「微笑ノ国」インタビュー後編

5月25日(水)に14thシングル「微笑ノ国」をリリースしたFES☆TIVEのロングインタビュー後編。5月8日(日)に開催した豊洲PITワンマンライブや「微笑ノ国」MV撮影から、まさかの青葉ひなりと土光瑠璃子のタイでの心霊体験談が飛び出した前編に引き続き、今回は「微笑ノ国」の収録曲をはじめ、今夏に開催するタイ&横浜赤レンガ倉庫でのワンマンライブ、新メンバーオーディションについて、5人にじっくり話を訊いた。“お祭り系アイドルユニット”というコロナ禍の影響を最も大きく受けるグループコンセプトを掲げながらも、着実に作品をリリースし、ワンマンライブのキャパシティを大きくしていっているFES☆TIVE。このインタビューを通じて、逆境に負けることなく躍進を続ける彼女たちの覚悟の強さをお伝えしたい。

撮影:西槇太一
編集協力:竹内伸一

「夏リア旋律」は自分の中に刺さった“ぶっ刺さりソング”です(八木)

――「微笑ノ国」は歌詞も印象的ですよね。

土光:
タイ語がけっこう入ってます。

髙木:
MVは日本語とタイ語の字幕が入っているんですよ。

――これまでいろいろな曲を歌ってきましたが、その中でもこの曲の歌詞はどう思いました?

青葉:
タイに行ったことがあるので、知っている言葉が多いんですよ。“ああ、タイの曲だな”って感じで、意外と馴染んだよね。

土光:
FES☆TIVEは同じ単語を続ける系の曲が多いんで、違和感はなかったかな(笑)。

――一方、「夏リア旋律」(Type-A収録)と「ボクノナマエ」(Type-C収録)はエモーショナルな楽曲ですよね。この2曲は歌ってみていかがでしたか?

八木:
私が加入して最初のシングルが「心拍白昼夢(シンパクデイドリーム)」で、「夏リア旋律」も同じDJ金魚さんが作詞&作曲なんです。「心拍白昼夢(シンパクデイドリーム)」もそうなんですけど、個人的にすごく刺さる曲で。今回、DJ金魚さんの曲があるって聞いた時から、すごく楽しみにしていました。デモの段階で、ゆっくり始まる曲調だったり、愛が重めの歌詞だったり、もうめちゃめちゃ自分の中で刺さってました。ぶっ刺さりソングです(笑)。「心拍白昼夢(シンパクデイドリーム)」が好きな方は、絶対に気に入ってくれると思いますね。まだライブでは披露していないんで、早くライブでやりたいです。

――「ボクノナマエ」は、豊洲PITでパフォーマンスしましたよね。

髙木:
お披露目しました。私、すごく「ボクノナマエ」が好きで。最初に聴いた時からいいなと思っていたんですけど、振り付けが、みんなで一緒に手を挙げて踊れる振りなんで、そこで一体感が生まれる感じがして、すごく好きなんです。

――心にグッと来る世界観もあって、歌詞の風景が見えるような曲ですよね。

髙木:
ファンの人と自分とを重ねられる感じで、歌詞も好きです。

――そして「#トレジャーハンター」(Type-B収録)は、アッパーなダンスナンバーですね。

青葉:
この曲はまだ振りができてないんですけど、ライブ映えする曲だなって思います。

――確かにライブでどんな反応があるか、楽しみですね。

髙木:
「#トレジャーハンター」を書いてくださったのは鈴木まなかさんで、FES☆TIVEらしいというか、楽しい曲を作ってくださいました。

土光:
ライブだとミュージカルみたいな感じになりそうだよね。

八木ひなた
ツイート
八木ひなた
青葉ひなり
ツイート
青葉ひなり

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • FES☆TIVE[インタビュー後編]アクセル全開で世界に魅せるお祭り系ユニットの真髄「今年の夏はFES☆TIVEに期待してほしいです!」