i☆Ris[ライブレポート]新曲初披露など多彩なパフォーマンスで魅了した全国ツアー初日公演

i☆Ris[ライブレポート]新曲初披露など多彩なパフォーマンスで魅了した全国ツアー初日公演

i☆Ris[ライブレポート]新曲初披露など多彩なパフォーマンスで魅了した全国ツアー初日公演

i☆Risが、本日5月7日(土)に日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて全国ツアー<i☆Ris 7th Live Tour 2022 ~Traveling~>初日公演を開催した。本記事では、昼公演のオフィシャルレポートをお届けする。

i☆Ris<i☆Ris 7th Live Tour 2022 ~Traveling~>日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(2022年5月7日)

今回の全国ツアーには、“来たるデビュー10周年の記念日に向けた、旅の途中。旅を通して、全国のみなさんに会いに行く”という意味が込められている。

開演前には、“Traveling”にちなんだ空港のロビーのようなステージに設置された時計が一刻また一刻と点灯。

針が“Ⅹ(10)”まで到達したところで、数字が5色に輝くと、“みなさま本日も「i☆Ris AirLine」にご搭乗いただき、ありがとうございます”“夢のワンダーランド行きをご案内いたします”とまるで空港のロビーにいるようなアナウンスが響いた。すると、キュートなピンク色のCAのような衣装を身に纏った5人が、キャリーケースを持って登場。1曲目から今回のツアーのために制作した新曲を初披露するという展開に、会場のファンも歓声の代わりにペンライトを大きく振って喜びを表現した。新曲のタイトルは「Dream Travelers(ドリームトラベラーズ)」。i☆Risらしい、明るく華やかなサウンドに乗せた歌詞には、これまでにリリースされた楽曲にちなんだキーワードがたくさん散りばめられており、10周年のツアー曲らしい粋な計らいを感じさせた。そのままリーダー・山北早紀の作詞によるメンバー自己紹介曲「5STAR(仮)」へ。山北が《もっと応援してほしいの 名古屋のみんなにも》と歌詞をアレンジしながら会場を盛り上げる。

その後も『プリパラ』人気曲「ミラクル☆パラダイス」、MVの再生回数が100万回を突破した人気曲「ハートビート急上昇」をはじめ、アニメ主題歌、ダンスナンバー、ライブでは久しぶりの披露となる楽曲など、i☆Risの魅力がこれでもかと詰まったセットリストでファンを魅了。

「i☆Ris AirLine」は、CAのようなアナウンスや旅の目的地に合わせた衣装チェンジを行ないながら、「i☆Risビーチ」「i☆Risnowland(あいりすのーらんど)」など、さまざまな土地を巡り、いよいよ終着地点へ。

アンコールでは、東海エリア出身、地元に帰ってきた若井が“i☆Risの旅はまだまだ続きます”とツアー、そして10周年、さらにその先へと続いていくi☆Risの未来への想いを語り、i☆Risと巡る最高の“Traveling”の幕が閉じた。

まるで各地を旅した気分が味わえたような約2時間となった。同ツアーは、北海道・大阪・東京・神奈川・福岡・宮城・埼玉にて各2公演ずつ開催を予定しており、全公演チケット発売中だ。

また現在、10周年を記念した特別企画として、i☆Risの“ファンアート”をTwitterで募集する『i☆Ris ファンアートフェスティバル』も開催中。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • i☆Ris[ライブレポート]新曲初披露など多彩なパフォーマンスで魅了した全国ツアー初日公演