©東京女子プロレス

©東京女子プロレス

SKE48 荒井優希、プロレスデビュー1周年で激勝!「これからもっともっと成長していけるように頑張りたい」

SKE48の荒井優希が、本日5月3日(火・祝)に後楽園ホールで開催された東京女子プロレス<YES! WONDERLAND 2022~夢の翼を広げ~>大会に出場。辰巳リカ&渡辺未詩&荒井優希vs愛野ユキ&らく&原宿ぽむの6人タッグマッチにて勝利を収めた。

東京女子プロレス<YES! WONDERLAND 2022~夢の翼を広げ~>後楽園ホール(2022年5月3日)

荒井は昨年5月4日に本日と同じ後楽園ホールで無観客開催された<YES! WONDERLAND 2021~僕らはまだ夢の途中~>で、プロレスに本格参戦しデビュー。

本日は、その時にもタッグを組んだアップアップガールズ(プロレス)の渡辺未詩と、彼女とプリンセスタッグ王者”白昼夢”としてタッグを組む辰巳リカと組み、初っ端からアイドルトリオらしく、“よっしゃ行くぞー”と3人で合わせてエルボードロップを原宿ぽむに決めた。

しかし荒井がつかまり、おやすみエクスプレスでお返しされるという展開に。

さらに攻撃は続き、荒井は原宿からでんでん太鼓でカウント2まで取られる。

愛野ユキ、らくからも攻められるが、らくをつかまえ、ボディスラムでなんとかピンチを脱出。

渡辺未詩にタッチすると、らくを超速ジャイアントスイングで回し、愛野をコーナー攻めしてから辰巳リカにつなぐと、辰巳はドラゴン殺法を連発。さすが“白昼夢”といった連係攻撃が炸裂する。

愛野から同志打ちを誘う反撃を受けるも、辰巳が原宿にドラゴンバックブリーカーを決めると、荒井が原宿の顔面に連続ブートで反撃。

荒井が原宿にサソリ固め、渡辺はらくにカナディアンバックフリーカー、辰巳が愛野に足四の字固めと三者がそれぞれ技をかけるが、荒井は原宿からレッグドロップ、ミサイルキックと執拗な脚攻めを受ける。

辰巳に救われるも、今度はエプロンサイドでぽむ・ど・じゃすてぃすをくらう展開に。渡辺のバックプリーカーで再び救出され、“白昼夢”が白昼夢エタニティで愛野を落とすと、荒井が原宿にフルネルソンバスターからFinallyを決め、“白昼夢”の2人に危機を救われながら、デビュー1周年の勝利を掴み取った。

試合後、荒井は“デビューして1年、この後楽園、同じ場所で勝つことができました! (辰巳)リカさんともたくさん試合させていただいて、(渡辺)未詩さんとはデビュー戦から一緒に組ませていただいて。みなさんのおかげで少しでも成長した姿を今日見せられていたら嬉しいなって思うんですけど。まだ1年ということで、これからもっともっと成長していけるように頑張りたいです”と意欲をコメント。

辰巳は“(荒井と)もっと長く一緒にいるみたい、密度が濃くて”と話し、“先輩にも勝ったり、安心して任せられたりするから、ちょっと焦るなっていうか。いつ私たちも抜かされるかっていうのがあるから、でも私は負けないから! そういう気持ちで一緒にやっていきたいと思いますね”とエールを送った。

本日の試合
<YES! WONDERLAND 2022~夢の翼を広げ~>
会場:東京・後楽園ホール
日時:2022年5月3日(火・祝)開場10:30/開始11:30
辰巳リカ&渡辺未詩&〇荒井優希vs愛野ユキ&らく&●原宿ぽむ
他

  • トップページ
  • ニュース
  • SKE48 荒井優希、プロレスデビュー1周年で激勝!「これからもっともっと成長していけるように頑張りたい」