(C)TBS

(C)TBS

本田翼、7人組ボーイズグループの寮母役に挑戦! 主演ドラマ『君の花になる』放送決定

本田翼が、10月スタートの火曜ドラマ『君の花になる』(TBS)にて主演を務めることが発表された。

同作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花が、崖っぷちのボーイズグループ7人の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語。あす花は、突如ボーイズグループが共同生活する寮の“寮母”になったことをきっかけに、かつての教え子・佐神弾と再会する。弾がグループのリーダーとして夢に向かって真っ直ぐ挑戦する姿に心を打たれ、気づけば教師だった頃の情熱を取り戻し、自身の挫折とも向き合うようになっていく。30歳の節目に、恋も仕事も友情も新たなステージへ進む女性の成長と胸キュンを描いたオリジナルストーリーである。

主人公・仲町あす花を演じるのは、同作がTBSドラマ初主演となる本田翼。TBSドラマへの出演は『わにとかげぎす』(2017年)以来、約5年ぶりとなる。

同作で本田が演じるあす花は、その名のとおり“つらいことがあっても明日には花を咲かせて、誰かの力になる”という、常に周りを明るく照らす女性。“先生になる”という幼い頃からの夢を叶え、高校教師として日々前向きに奮闘していたが、ある出来事をきっかけに挫折し、引きこもりになってしまう。

無職になったあす花が姉の家に転がり込んで3年が経つ頃、ある事情から、アパートの住み込み寮母をすることになる。ふたを開けてみたら、そこはあるボーイズグループが共同生活する寮だった。さらに、そのグループのリーダーはかつて自身が夢を応援した元教え子・弾。

思わぬ再会に驚く暇もなく、あす花と個性豊かなイケメン7人の共同生活がスタート。日々、料理・掃除・洗濯に追われながら、デビューしても崖っぷちな彼らに全力で向き合っていく。やがて、トップアーティストになる夢に真っ直ぐに挑む弾から、“俺があんたを見たことのない世界に連れてくから!”と宣言されたあす花は、ステージで輝く彼の姿を観るたびに胸が高鳴るようになる。これは母性? それとも、恋? “いや、待って……彼は9歳も年下。しかも未来のトップアーティスト。こんな私が相手でいいわけない……!”。

教師になる夢を実現させるも破れてしまい、心を閉ざしてしまったあす花。元教え子と再会した今、立ち止まっていた彼女が再び走り出す。

先の見えない不安が多い時代、突如降りかかる厳しい現実に打ちのめされることがあっても、“誰かを好きになること”“夢を諦めないこと”“誰かの幸せを思うこと”、そして“誰かと同じ時間を分かち合うこと”で、生きがいを見つけることはできる。ため息が出るほどの高い壁や突然現れる人生の落とし穴があっても、人は何度だって、立ち向かっていける。本作は、『君の花になる』というドラマタイトルのように、主人公をはじめ登場人物全員が“誰かの花(=力)になることができる”というメッセージを届けていく。

今回、本田のドラマ1stビジュアルを公開。エプロンに身を包んだ本田演じるあす花が、共同生活を送る男子7人の寮母として働く様子を表現。ボーイズグループ7人の存在が垣間見える小物が散らばったデザインとなっている。全体的にカラフルで温かみのある色合いで、7人のために奔走するあす花の明るさや元気さといった人柄も表したビジュアルだ。

物語の重要なキーとなるボーイズグループの7人は、オーディションを通して、芝居・ダンス・ボーカルとそれぞれの得意分野やバックボーンの異なるフレッシュな若手を選抜。この7人は劇中だけでなく、期間限定のボーイズグループとして実際にデビューすることが決定。主題歌・劇中歌などの楽曲発表や、物語と連動したライブ、イベントなど多岐にわたる活動を行なっていく予定だ。

また、今回TBSとして初めてドラマ放送前から長期にわたって、彼らのメイキング映像をTBS公式YouTubeチャンネル『YouTuboo』にて公開。約1年という準備期間をかけて、異なる分野で活躍する7人が1つのグループになっていく様子を、オーディション時の映像、芝居・ダンス・ボーカルレッスンなど多種多様なオリジナルコンテンツとして毎週届けていく。

ボーイズグループ7人の詳細は、5月4日(水・祝)からドラマ各公式SNSにて順次公開予定。

 (C)TBS
ツイート
(C)TBS

コメント

本田翼:
今回、主人公の仲町あす花を務めさせていただくことになり、とても嬉しく思うと同時に、共演のボーイズグループの男の子たちをけん引する立場でもあるので、身の引き締まる思いです。

また、ボーイズグループのお世話係という、今まで聞いたことも演じたこともない役柄で、さらにはオリジナルストーリーなので、どんな展開が待っているのか今からワクワクしています。

あす花は1度、教師の夢を叶えたにもかかわらず、ある事情で諦め、挫折から抜けだせない状態なのですが、夢に向かうボーイズたちに出会い本来のあす花を少しずつ取り戻していきます。その心情と過程を丁寧に表現していきたいと思っています。メンバーには元教え子がいるのですが、彼との“キュンポイント”にもぜひ期待していただきたいです。

色々と盛りだくさんの展開ですが、今回なんといっても注目していただきたいのはボーイズグループの成長です。このドラマ企画で結成されたグループですが、全員がキラキラで個性豊かな面々です。ぜひ“推し”を見つけていただき、応援してもらえたら嬉しいです。

『君の花になる』は、みなさんがあまり観たことのないドラマになるのではないかと感じていますので、楽しみにしていただけたらと思います。

プロデューサー・黎景怡:
この秋の火曜ドラマは、本田翼さんと新生ボーイズグループが元気いっぱいのラブコメディをお届けします!

主人公のあす花は名前のとおり“辛いことがあっても、明日にまた花を咲かそう”と周りを明るく照らす女性です。観る人まで元気になるような弾ける笑顔が魅力的な本田さんは、まさにイメージぴったりで、あす花を演じていただけることを大変嬉しく思います。しかしそんなあす花でも、多くの方々と同じように挫折を経験して1度立ち止まります。特に今の時代で、再出発や新しいことへの挑戦はとても勇気がいることですが、あす花が元教え子との再会をきっかけに再び前向きになる姿を通して、観る方の背中をそっと押せるようなドラマをお届けしたいです。これからボーイズグループメンバーの解禁を始め、放送前からお楽しみいただけるコンテンツなど、早くみなさんにお届けしたいワクワクが盛りだくさん。“目が足りない!”と叫びたくなるような、尊い青春と胸キュンが詰まった火曜ドラマで、視聴者のみなさまに元気と希望をお届けできるよう、『君花』チーム一同精いっぱい頑張ってまいりますので、ぜひご期待いただければと思います。

次ページ

  • 1