後列左から、須田亜香里、大村杏、篠原京香、山村さくら、脇田葵、大場美奈/前列左から、松本慈子、杉本りいな、原優寧、森本くるみ、斉藤真木子(©2022 Zest, Inc.)

後列左から、須田亜香里、大村杏、篠原京香、山村さくら、脇田葵、大場美奈/前列左から、松本慈子、杉本りいな、原優寧、森本くるみ、斉藤真木子(©2022 Zest, Inc.)

SKE48[イベントレポート]7名の新メンバーが登場した<11期生お披露目会>

SKE48が、4月5日(火)にSKE48劇場にて<11期生お披露目イベント> を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

SKE48<11期生お披露目イベント>SKE48劇場(2022年4月5日)

<11期生お披露目イベント>では、SKE48の劇場支配人兼キャプテンを務める斉藤真木子に続き、各チームのリーダー松本慈子(チームS)、大場美奈(チームKⅡ)、須田亜香里(チームE)がステージに登場。斉藤の“11期生のみんな入ってきて~!”という呼び込みで、この日の主役となる11期生の7名が姿を現し、ファンの前で初お披露目となった。

1人ひとり自己紹介をすると、会場から温かい拍手が送られ、「プロフィール徹底深堀⁉コーナー!!!」ではプロフィールの公開、特技披露が行なわれた。

ひときわ注目されたのは、父親が元名古屋グランパスエイトの杉本恵太選手だという杉本りいな。彼女はゼスト ミュージックスクールの特待生として練習を積み、ゼスト ミュージックスクールから初めてSKE48に加入したメンバーとなった。また、家族が運営していたアイドルグループの一員として活動していたという異色の経歴を持つ山村さくらなど、個性的なメンバーが揃った。

11期生から先輩メンバーへの質問コーナーへ。

原優寧は福岡県出身ということで“愛知県の美味しいご飯屋さんを教えてほしいです”と質問。原同様に他県から合格し、SKE48として活動する松本は、ドリンクを頼んだら朝ご飯がついてくるという愛知県のモーニングの文化に驚いたと話し、“今度連れってってあげるね”と先輩らしい一面を見せた。森本くるみは、“エゴサーチしますか?”と質問し、参加した先輩メンバーは4名ともすると回答。大場は“SKE48のファンの人はみんな優しいから大丈夫。悩んだら先輩に相談しにおいで”と優しい言葉をかけた。

最後にはファンからの質問に答えるコーナーが実施され、“コロッケに醤油はかけるか?”“好きなおにぎりの具はなに?”という質問を採用。7名が回答後、このコーナーのラストで斉藤は“これから先、トーク会とか増えていくと思うので、それを機会にどんどん11期生を知ってもらえたらと思います”とコーナーをまとめた。

エンディングでは、合格した7名それぞれがお披露目の感想を話した。篠原京香は“声が震えるくらい緊張しましたが、ファンのみなさまがたくさん拍手してくださって、温かく見守ってくださって嬉しかったです”と語り、脇田葵は“次、ステージに立つ時は「あおちゃん」と呼んでもらえるように頑張ります”とキラキラとした眼差しで話した。その後、先輩からの感想で須田は“こんなに個性豊かで可愛い子が入ってくれて嬉しい! 自分のなりたい自分を忘れずに頑張ってほしいなと思います”と先輩としてアドバイスを入れつつ、11期生にエールを送った。最後に斉藤が“ここからが本当のスタートです。大きく羽ばたけるようにみなさま応援よろしくお願いします!”と呼びかけて、11期生お披露目イベントは幕を閉じた。

終演後、11期生は初めてお見送りに参加し、初々しい笑顔をファンに向けた。個性溢れる11期生7名の加入によるSKE48のさらなる進化に注目してみてほしい。

コメント

SKE48キャプテン・斉藤真木子:
11期生のみんなとは今日初めてお会いしたのですが、私は書類審査に参加させてもらっていたので、やっと会えたと感動しました。みんなすごくキラキラしていて希望とか期待に胸を膨らませているんだなと思いました。それと同時にお披露目で緊張しているのが伝わって私までドキドキしました。11期生のみんなはアイドル活動をしていた子やお父さんが元名古屋グランパスエイトの選手だったり、すごく話題性のある子が多いと思いますし、堂々としている子も多いので、これからステージ以外の場所でも活躍が期待できるんじゃないかなと思っています。SKE48としては、新加入のメンバーが7人というのは少ない人数ではありますが、この人数だからこそ、一致団結して同期として支えあってくれたらいいなと思います。4月末には大場美奈ちゃんが卒業しますが、こうしてフレッシュなメンバーが加入してくれるのはSKE48としてもすごく強みになると思うので、これからますますパワーアップしていけるんじゃないかと思います。私も若い子に負けないように13年目を頑張りたいと思うので、SKE48一丸となって頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。

大村杏(おおむら あんず/愛知県出身・16歳):
合格通知は外に出かけていた時にメールで届いて知りました。すぐお母さんに伝えてその場で一緒に大喜びしました。最初は信じられなくてまったく実感がなかったんですが、宣材写真の撮影でSKE48の衣装を着た時や11期生みんなで並んで撮影した時に加入した実感が湧きました。チャームポイントは髪の毛がサラサラでストレートなところです。周りの子に負けないくらい個性を出して私のパフォーマンスで観ている人に幸せを与えられるアイドルになります! そして私を推して後悔させません! たくさん努力して成長していくので見ていてください! 応援よろしくお願いします!

篠原京香(しのはら きょうか/兵庫県出身・17歳):
合格の通知が来た時は夢なんじゃないかって思うくらい嬉しかったです! 衣装を着て撮影をした時、やっとSKE48に加入したんだなと実感が湧きました! 私のチャームポイントはハート型のおでこです。自分を選んでいただいたからには、全力で頑張ります! これからよろしくお願いします!

杉本りいな(すぎもと りいな/愛知県出身・13歳):
合格を知った時、喜びももちろんありましたが、その気持ちよりも驚きの方が大きかったです。でも、これから自分に未来が広がっていくんだと思うと楽しみです。自分がSKE48なんだという実感はだんだんと湧いてきました! SKE48の公式のアーティスト写真を撮る時にメイクさんや、衣装さんがいたりとすごく本格的で自分はアイドルになることができたんだ!と思いました。チャームポイントは、はにかんだ笑顔です! これから、SKE48のファンのみなさんに最高の笑顔を届けられるように精一杯頑張っていきたいと思うのでぜひ、応援よろしくお願いします!

原優寧(はら ゆうね/福岡県出身・20歳):
まさか自分が合格するとは思っていなかったので、合格を知った時はとても驚きました。とても嬉しい気持ちでしたが、ダンスも歌も自信がないので不安も感じました。自分がSKE48なんだという実感がまだなく、撮影があった時も夢の中にいるような気分でした。これから先輩方とお会いさせていただいたりして、そこで実感が湧きそうです。チャームポイントは笑った時にたまにできるえくぼです。11期研究生の中で最年長なので、しっかりとしてほかのメンバーを支えることができるようになりたいです。感謝の気持ちを忘れずに全力で取り組み、たくさんの方を笑顔にします。

森本くるみ(もりもと くるみ/奈良県出身・14歳):
まさか自分が合格通知を頂けるなんて思っていなかったので、合格を知った時はものすごくびっくりで初めて嬉しくて号泣しました。実感は今でもまったく湧かないです。チャームポイントは右の頬に並んでいる3つのほくろです。母には星座みたいと言われます。これから自分に負けないように一生懸命頑張ります。

山村さくら(やまむら さくら/愛知県出身・15歳):
オーディションで合格できたのが初めてだったので、すごく嬉しかったです。宣材写真の撮影で衣装を着た時に自分はSKE48なんだと初めて実感がわきました。チャームポイントは、まつげとぱっちりした目です。見てくれた方を幸せにできるようなアイドルになれるように頑張るので、応援よろしくお願いします!

脇田葵(わきた あおい/愛知県出身・13歳):
合格の文字を見た時は信じられなかったです。昔からの夢が叶ったことが嬉しすぎて、その日は家族にSKE48のことばかり話していました。でも、まだ夢が叶ったわけではなくスタートラインにやっと辿り着いたところなので、全力で頑張ろうとその時、誓いました。宣材写真撮影の日にプロの方にメイクしてもらい、SKE48の衣装を着た自分を鏡で見た時、初めて私はSKE48に加入したんだなと実感しました。私のチャームポイントは小柄なことです。コンプレックスでもあるんですけど、みなさんがパッと見た時に脇田葵だとわかってもらえると思うので、この特徴を活かしたいです! まだまだ右も左もわからない私ですが、これからみなさんに推してもらえるアイドルになれるように頑張るので、次、私を舞台で見つけた時は“あおいー”って呼んでもらえると嬉しいです! これからよろしくお願いします!

左から、大村杏、篠原京香、杉本りいな、原優寧、森本くるみ、山村さくら、脇田葵(©2022 Zest, Inc.)
ツイート
左から、大村杏、篠原京香、杉本りいな、原優寧、森本くるみ、山村さくら、脇田葵(©2022 Zest, Inc.)

関連リンク