©STU

©STU

STU48[ライブレポート]岡田奈々ラストコンサート開催!グループ第二章へ向け最後に見せた本気の背中

STU48が、結成当時からキャプテンとしてグループを先導してきた岡田奈々の兼任解除コンサート<STU48岡田奈々ラストコンサート〜Sailing day from NANA~>を3月18日に神戸国際会館こくさいホールで開催した。本記事ではオフィシャルレポートをお届けする。

<STU48岡田奈々ラストコンサート〜Sailing day from NANA~>

2021年9月12日に広島サンプラザホールで行った<STU48 2021夏ツアー打ち上げ?祭(仮)>内で発表された岡田の兼任解除。

岡田が“立ち上げから係わってきたSTU48を離れるのは寂しいです。伝えたいことはいっぱいありますがSTU48は私にとってずっとずっと大切な宝物です。7枚目のシングルで最後になりますが奈々だけに7枚目シングルも全力で頑張ります”とファンへ思いを伝えてから約半年、STU48のメンバーと大切な時間を過ごしてきた岡田のSTU48としての最後のパフォーマンスがこの日届けられた。

公演は岡田奈々の影アナから始まり、注意事項を読み上げ「Overture」へ。岡田のSTU48オーディション審査員時からの5年の歴史を振り返る映像から本日の円陣の様子までをまとめた、まさに5年間そして今をリアルに感じさせるVTRでスタート。

「暗闇」「ペダルと車輪と来た道と」「夢力」と3曲続けて披露。「ペダルと車輪と来た道と」では今日の主役は岡田だ!と言わんばかりに瀧野由美子がセンターを譲るシーンやファンからのコメントがぎっしり詰まったフラックが披露されると岡田は“皆さんたくさんの愛をありがとう。今日は最高の1日にしましょう」とコメントした。

今村美月が“STU48岡田奈々ラストコンサートついに始まりました〜!奈々さん、ついに今日が来てしまいましたね。今の気持ちを聞いてもいいですか?」と尋ねると岡田は“明日からもうSTU48のメンバーじゃなくなるなんて想像つかないし、こうしてSTU48全メンバーでステージに立てることは本当に貴重なので最後の最後まで悔いなく楽しみたいと思います”とコメントすると今村が“今日は奈々さんとの素敵な思い出を沢山たくさん楽しみたいと思います”とメッセージを送った。

福田朱里が“奈々さんがSTU48を兼任されて約5年間沢山の出来事がありました。私たちメンバーのスマホの中には奈々さんの写真がいっぱいあるはず!!そこで今から『岡田奈々思い出写真館』自慢の1枚を紹介したいと思います”と語ったのを合図に、スクリーンには岡田との数々の思い出写真が映し出された。

その後は「夢は逃げない」「無謀な夢は覚めることがない」「RIVER」「根も葉もRumor」を披露。「根も葉もRumor」はAKB48の58枚目のシングルで岡田がセンターを務める楽曲だが、STU48バージョンでの初披露となり、その難易度の高いダンスはまさにSTU48メンバーの挑戦となった。

続いてこのコンサートを作り上げるまでのストーリーや岡田のSTU48としての5年間の活動と歴史、その時その時の気持を伝えるVTRが流された。今回のコンサートのテーマはメンバーとの思い出作り!なじみの曲から今までやったことのない難しい楽曲を取り入れたりと思い出ばかりでなく挑戦も入り、自分の願望を思いっきり詰め込んだ内容にしているという。岡田がSTU48と向き合ってきた姿勢、これからのSTU48に向けた思いが込められた素晴らしいVTRとなっていた。

そこからユニットブロックへ「てもでもの涙」「Confession」「君だけにChu!Chu!Chu!」「アボガドじゃね〜し」「Iʻm sure.」「街の灯り」と6曲続けて披露。セットリストを考えた岡田は「アボガドじゃね〜し」「Iʼm sure.」はどうしてもやりたかったと話す。「もう私の趣味で入れちゃいました。沖舞(沖侑果&中村舞)には大人の階段を登ってもらって」と会場を沸かす場面も。

「涙の表面張力」「僕たちはシンドバットだ」「誰かがいつか好きだと言ってくれる日まで」と3曲披露。「誰かがいつか好きだと言ってくれる日まで」では卒業した磯貝花音と薮下楓が登場! 2018年1月31日に発売された1stシングル「暗闇」のType G挿入曲の歌唱メンバー登場というサプライズ演出となり、客席をどよめきと大きな拍手で沸かせた。

パフォーマンス後、磯貝は“奈々さんにお会いするのも皆さんにお会いするのも卒業以来で舞台で喋るのも久しぶりですごく緊張しているんですが一緒に踊れて嬉しかったです”薮下は“私の卒業コンサートの時にスケジュールの都合で奈々さんこれなくて、もう一緒にステージに立つことはないと思ってたんですけど一緒にパフォーマンスできて嬉しかったです”とコメント。ファンにとっても嬉しいサプライズとなった。

「僕たちは今話し合うべきなんだ」「思い出のほとんど」を披露後は甲斐心愛からのサプライズ手紙の演出。手紙を書きながら涙が止まらなかったという甲斐はリハーサルでも既に涙を流していた。手紙には「STU48には絶対、なあちゃんがいなきゃダメでした。これからのSTU48は、なあちゃんがʻʼ私じゃなきゃダメだったんだʼʻと胸を張って言えるグループにしていきます。今までグループを背負ってきてくれてありがとう」と決意と感謝を伝えながらも最後まで“まだ辞めないで”と駄々をこねる姿はとても可愛く岡田も後ろ髪を引かれる思いで涙が止まらなくなる場面も。

その後は、「大好きな人」「ヘタレたちよ」「後悔なんかあるわけない」を披露し、公演はいったん終了。「ヘタレたちよ」のイントロでは岡田からのメッセージが映し出され、まさにʼʼヘタレたちʼʼだけど頑張ってるメンバーに向けられたメッセージであり、曲とのリンクとなった。「後悔なんかあるわけない」は7thシングル「ヘタレたちよ」の挿入曲であり岡田の兼任解除を受けて、秋元康が書き下ろした楽曲で、岡田の今の思いが沢山詰まった歌詞になっている。また本日が初披露であるが、岡田を含めての全メンバーでのパフォーマンスは最初で最後となった。

©STU
ツイート
©STU
©STU
ツイート
©STU

アンコールが始まると今村が“奈々さんのSTU48としての最後の姿、皆さん目に焼き付けてください”とコメントし「瀬戸内の声」「奇跡という名のストーリー」を披露。「奇跡という名のストーリー」は岡田奈々プロデュース「僕たちの恋の予感」公演のために秋元康が書き下ろした楽曲で、歌唱中にはサプライズで今村が“スタッフさんに無理を言ってこの時間を作っていただきました。私が今、手に持っているのはメンバーみんなから集めた“奈々”にちなんだ7色のレインボーローズです。レインボーローズの花言葉は『奇跡』『無限の可能性』です。奈々さんがSTU48に来てくださった奇跡があったからこそ私達STU48は無限大の可能性を感じられて、すごく素敵な思い出がたくさんできました。また33本の薔薇の花言葉には『生まれ変わってもあなたを愛する』です。STU48は奈々さんがいなくなって生まれ変わってしまうし、奈々さんはSTU48から離れて生まれ変わってしまうけど、これからも私達は奈々さんを愛し続けます”と語った。メンバー1人1人の思いがこもったサプライズとなった。

今村が“奈々さんと過ごした約5年間。何もわからない私たちに寄り添って、本当に沢山の事を教えていただき成⻑することができました。奈々さんの兼任は今日で終わってしまいますが、STU48は5月には夢であった広島グリーンアリーナでの5周年コンサートもあります。前を向いてこれからも進んでいきたいと思います。”と話すと岡田は“沢山の方に支えられて、ここまで来ることができました。最高の仲間達に出会えてすごく幸せです!これからのSTU48は皆に託します。自分を信じて前進し続けてください。ずっとずっと見守ってるよ。最後の曲は元気よくいきましょう”とコメントし「出航」を歌唱。旅立ちにふさわしい曲でラストを飾った。

最後のMCで岡田は“皆と離れてしまうのは本当に本当に寂しいんですが、今のみんなならこれからも進化し続けられると思います。でもそこには温かいファンの皆さんの応援が必要です。私も、誰よりもSTU48のファンでいます。ファンの皆さんもSTU48のことを常に常に見続けて、愛を届けてあげてください”と改めて感謝の気持ちを伝えた。最後までSTU48のことを気にかけてくれて愛してくれている岡田の気持ちが充分に伝わり心に沁みるメッセージとなりました。最後は全員で皆様へ笑顔で挨拶し、会場からは温かい拍手が贈られ公演は幕をおろした。

公演終了後は、会場内で展示していた壁掛け写真を外し、STU48兼任最後の仕事を終了した。

岡田は“STU48兼任の話を頂いた時は、1から作り上げるグループに参加させてもらえることにワクワクとトキメキでいっぱいでした。できるなら一生一緒にいたかったけど、お互い甘えていてはいけない!5周年を迎え新しいスタートをきる為にはお互い離れなければいけないと思い、決意しました。STU48からは出航しますがSTU48はいつまでたっても私にとってかけがえのない宝物です”と、最後までSTU48愛を語った。

岡田奈々の背中をずっと見て育ってきたSTU48のメンバー、岡田に教わった沢山のことを胸にSTU48は新しい航路「STU48 第2章」へと出航する。

©STU
ツイート
©STU

コメント

岡田奈々(AKB48兼任):
約5年間STU48として活動してきて本当に楽しいことばかりでした。MVだったり、お仕事にくる度に瀬戸内の美しい景色を見て、瀬戸内の美味しい食べ物を食べて、瀬戸内の可愛いメンバーとお喋りして私は本当に心を浄化しにこのグループにきていたのだと思います。ファンの方々もすごく熱くて、AKB48とはまた違った良さがあり、メンバーがピュアで何事にも一生懸命だし、嫌な時は嫌な顔するし(笑)わかりやすい子達だったので私も可愛がりやすかったし、私に懐いてくれたので、本当にこの5年間みんなと楽しく活動させていただきました。これからSTU48の皆がどうなっていくのかという不安な部分はほとんどありません。この5年間、皆の成⻑を感じて近くで見てきたので、皆なら大丈夫だなって思ってます。何かあればいつでもステージに呼んでください。観客として皆のステージをこれからも見ていたいし、皆の成⻑をずっとずっと見守っていたいと思います。私も子離れして、岡田奈々個人としてSTU48で作った思い出を宝物に心に秘め、なにか辛いときは思い出して頑張り続けていきたいなと思います。だからSTU48のファンの皆様にはこれからも皆のことを思って熱く応援してくれたら嬉しいですし、何かSTU48に対しての不安や思うことがあったら私に言ってください。すぐにSTU48のスタッフさんに連絡するので(笑)いつでもご意見や感想などお待ちしています。これからもSTU48の応援をよろしくお願い致します。以上!STU48の岡田奈々でした!
ありがとうございました!!

今村美月(キャプテン):
この5年間、奈々さんの背中を見て沢山学んできました。何も分からなかった私達に寄り添って頂き本当に沢山の事を教えてくださいました。奈々さんのおかげで成⻑することができました。奈々さんからキャプテンを引き継いでもう2年が経ちましたが、私は皆を引っ張っていくタイプでも言葉でうまく伝えれるタイプでもなくて、私は奈々さんのように立派なキャプテンを務められているのかな?と不安になったりする時もありますが、奈々さんがSTU48に沢山の愛をくださったので私もSTU48をいっぱい愛していくことでメンバーもファンもついてきてくれるのではないかと信じてバトンを落とさないようにこれからも頑張っていきます。5月には夢でもあった広島グリーンアリーナでの5周年コンサートも控えています。これからのSTU48は皆さんをお腹いっぱいにできるほど満たしていきたいです!

瀧野由美子:
STU48結成当初からずっとグループの柱として存在してくださった奈々さんは、行動で教えてくださることが多かったです。きちんとした挨拶、レッスンの空気感、活動に対する姿勢、奈々さんと会って一緒にいるだけで、自分ももっと頑張らなくてはと思うことが沢山ありました。まだまだ甘えたいし、頼りたいし、これからのSTU48に岡田奈々がいないという事実が受け入れられませんが、AKB48として活動する奈々さんが、STU48として活動してきた時間を誇りに思ってもらえるように、メンバー一同頑張っていきたいと思います。5周年コンサートを広島グリーンアリーナというずっと目指していた場所で行うことができるので、まずはそこを成功させます。成⻑を見守ってもらえたらいいなと思います。個人的な心残りは今回のコンサート練習期間中、お家に遊びにきてもらう時間がなかったので、また瀬戸内に遊びにきてもらって、今まで行けなかった瀬戸内のいいところを案内したいです。

STU48 岡田奈々ラストコンサート~Sailing day from NANA~

2022年3月18日
神戸国際会館こくさいホール

overture
1.暗闇
2.ペダルと車輪と来た道と
3.夢力
4.夢は逃げない
5.無謀な夢は覚めることがない
6.RIVER
7.根も葉もRumor
8.てもでもの涙
9.Confession
10.君だけにChu!Chu!Chu!
11.アボガドじゃね~し
12.I'm sure.
13.街の灯り
14.涙の表面張力
15.僕たちはシンドバッドだ
16.誰かがいつか好きだと言ってくれる日まで
17.僕たちは今話し合うべきなんだ
18.思い出のほとんど
19.大好きな人
20.ヘタレたちよ
21.後悔なんかあるわけない
EN1.瀬戸内の声
EN2.奇跡という名のストーリー
EN3.出航

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • STU48[ライブレポート]岡田奈々ラストコンサート開催!グループ第二章へ向け最後に見せた本気の背中