御寺ゆき[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「2021年でいろんな経験をしたからこそビジョンが持てました」

御寺ゆき[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「2021年でいろんな経験をしたからこそビジョンが持てました」

御寺ゆき[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「2021年でいろんな経験をしたからこそビジョンが持てました」

2021年は、テレビ、雑誌、WEB、イベントなど、さまざまなメディアでさらに大きな存在感を放っていたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、御寺ゆきが今年の活動を振り返りと、来年への抱負を語ったインタビューをお届けする。3年連続で『アベンジャーズ』を意識した“2022年のゼロイチファミリアイメージビジュアル”もぜひチェックしてみてほしい。

2022年ゼロイチファミリアイメージビジュアル

ーー2021年を振り返ってみて、いかがでしょうか?

御寺ゆき:
2021年は舞台出演や番組、雑誌など、いろんな仕事ができて充実していました。特に印象に残っているのは、主演ドラマを務めさせていただいたことです。初めてのドラマで主演だったということで大変なこともありましたが、終わったあとの達成感は今でも忘れられないです。コロナ時期でいろいろとセーブされていて、マジックショーなどはやる機会が減ってしまいましたが、その分ほかの仕事が充実していました。ほかにも舞台で殺陣をやったり、好きな漫画の『手品先輩』とコラボできたり、ラジオに出させていただいたり。好きなことを好きなだけできた年でもありました!

ーー自身の今年の漢字を教えてください。

御寺ゆき:
「考」。このご時世で、マジシャンとしてマジックを披露できる環境や仕事のこと、プライベートのことも、時間がある時は常に先のことを考えてモチベーションを上げていたので、「考」という文字です! ただ、この期間はこの先、演技やVシネマ作品にも挑戦していきたいと思っているので、アクションや殺陣のレッスンなど取り組んでいました! 2021年でいろんな経験をしたからこそビジョンが持てました。

ーー今年のカレンダーの衣装について教えてください。

御寺ゆき:
私は毎年マジシャンの衣装なのですが、今年もスタイリストさんが素敵な衣装を手作りで作ってくださいました! 少しだけお腹が出ていてとっても可愛いです。カレンダーだけで着るのはもったいないので、いつかテレビ番組でこの衣装を着てみたいなと思ってます。

ーー2022年の抱負をお願いします。

御寺ゆき:
仕事面では、映像で芝居する機会が増えたらいいなと思ってます。年始から時代劇の稽古があってそこで初めて殺陣を学ぶので、特技と言えるくらいしっかり吸収していきたいと思います。プライベートでは、2021年に初めてキャンプに行ってとっても印象的だったので、2022年もたくさんキャンプに行きたいです。あと温泉や岩盤浴も好きなので、いろんな場所の温泉に行ってみたいです。

御寺ゆき
ツイート
御寺ゆき
  • トップページ
  • インタビュー
  • 御寺ゆき[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「2021年でいろんな経験をしたからこそビジョンが持てました」