新谷姫加[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「みんなの優しさに助けられた年でした」

新谷姫加[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「みんなの優しさに助けられた年でした」

新谷姫加[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「みんなの優しさに助けられた年でした」

2021年は、テレビ、雑誌、WEB、イベントなど、さまざまなメディアでさらに大きな存在感を放っていたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、新谷姫加が今年の活動を振り返りと、来年への抱負を語ったインタビューをお届けする。3年連続で『アベンジャーズ』を意識した“2022年のゼロイチファミリアイメージビジュアル”もぜひチェックしてみてほしい。

2022年ゼロイチファミリアイメージビジュアル

ーー2021年を振り返ってみて、いかがでしょうか?

新谷姫加:
2021年は、自分のやりたいことが少しずつ実現できていて先が少し見えてきたかもって思えた年でした。いくつもの雑誌に掲載させていただいて表紙も見えてきましたし、もともと演技のお仕事もしたかったので映像や舞台にも挑戦させていただけたり、やりたいことが少しずつやれた年でした。特に<終末のワルキューレ>の舞台版に出演できたことが本当に嬉しかったです。去年よりも遥かに仕事の数が多くて、とっても充実した年でした! 自分に甘いなって思うこともたくさんあるので、来年は自分に厳しく、周りの環境に甘えず、仕事に取り組みたいです。今年は悲しみや苦しみを乗り越えた年でもあるので、人として強くなれた気がしてます。来年は周りの人に優しくできるよう、寄り添えるような人になりたいです。

ーー自身の今年の漢字を教えてください。

新谷姫加:
「優」。ゼロイチに入って思ったのは、周りの人が本当に温かくて優しくて、その優しさに触れたら自分もどんどん心のトゲがなくなってきて、人に興味も持てるようになったし、優しくしようって思えるようになりました。プライベートでも今年はすごくつらいことがあって。そういう時に家族や友達、いつも応援してくれるみなさん、いろいろな人が助けてくれたんです。みんなの優しさに助けられた年でした。1人では生きていけないし周りの人がいるから私はこうやっていれてるんだって、改めて思えました。人の優しさにたくさん触れて、自分も優しくなれた年なので「優」です。

ーー今年のカレンダーの衣装について教えてください。

新谷姫加:
漫画やアニメが原作の『終末のワルキューレ』という作品の舞台版でイヴ役を演じました。そのイヴちゃんをイメージした衣装を着ました! 金髪ロングに青カラコンなんてしたことなかったのと、イヴちゃんの衣装って葉っぱ!?って思っていて、ドキドキでしたが、
可愛くしていただき、とってもお気に入りです!

ーー2022年の抱負をお願いします。

新谷姫加:
2022年は、演技のお仕事にもっともっと力を入れていきたいなと思っています。映像で演技ができるよう、出演できるよう頑張ります。個人的に特撮にすごく出たいので、何年かかってでも叶えたいです! それと雑誌の単独表紙も飾りたいです。女優新谷姫加として飾れるように、来年はもっともっと全力で挑みます。“新谷姫加、活躍したね”って言われる年にします!

新谷姫加
ツイート
新谷姫加
  • トップページ
  • インタビュー
  • 新谷姫加[インタビュー&フォト]2021年&2022年への溢れる想いを語る「みんなの優しさに助けられた年でした」