村重杏奈、HKT48を卒業「10年間ついてきてくれて本当に本当にありがとう」

村重杏奈、HKT48を卒業「10年間ついてきてくれて本当に本当にありがとう」

村重杏奈、HKT48を卒業「10年間ついてきてくれて本当に本当にありがとう」

村重杏奈が、12月27日(月)にHKT48劇場で行なわれたHKT48チームKIV<制服の芽>公演に出演。同公演をもってグループを卒業した。

今回着用した卒業ドレスは、元HKT48のメンバーで、グループを牽引してきた先輩・指原莉乃と、今年4月にグループを卒業し、1期生として村重とともにグループを支えてきた宮脇咲良がプレゼントした特注品。

さらに、この日のために指原が作詞した楽曲も特別に披露した。

なお、村重は今後も引き続きツインプラネットに所属し、1人のタレントとしてさまざまなジャンルの仕事に挑戦しながら、活躍の幅を広げていくという。

村重杏奈
ツイート
村重杏奈

村重杏奈 コメント
村重杏奈です。本日、無事に10年間お世話になったHKT48を卒業することができました。卒業してしまうとあっという間の10年で、これからメンバーやスタッフさんに会うことが少なくなると思うとやっぱり寂しいです。でも1人で頑張る!と決めたからにはしっかり前を向いて、後輩にカッコいい背中を見せられるように頑張ります。そして、ずっとずっと応援してくれたファンのみんな。アイドルではなくなってしまうけど、今まで通りみんなを飽きさせないように、まだまだ応援したい!と思う村重でいます。10年間ついてきてくれて本当に本当にありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします。

今回の卒業ドレスは、なんとさしこぱんと咲良からのプレゼントです。まさか自分が綺麗なドレスを着て卒業できるなんて思ってなかったから、とっても幸せな気持ちでいっぱいです。ドレスは2人のイメージカラーであるピンクと黄色が入ってるお花の生地を用意していただきました。将来自分の結婚式で、このドレス着る! おばあちゃんになっても着るぞ! 2人がいてこその村重なので、これからはお友達として仲よくしてほしいです。さしこぱん! さくら! 本当に素敵なプレゼントをありがとう。

村重杏奈(むらしげあんな)プロフィール
2011年、HKT48の1期生オーディションに合格。父が日本人、母がロシア人というハーフアイドル、家ではロシア語も話し、日常会話も完ぺきにこなすというバイリンガル。破天荒なキャラで、バラエティを中心にコメンテーターやモデルとしても、多岐にわたって活躍中。