<長岡 米百俵フェス>[ライブレポート]TEAM SHACHI、NGT48出演で盛況!12/18公演レポ

<長岡 米百俵フェス>[ライブレポート]TEAM SHACHI、NGT48出演で盛況!12/18公演レポ

<長岡 米百俵フェス>[ライブレポート]TEAM SHACHI、NGT48出演で盛況!12/18公演レポ12月17日〜19日、アオーレ長岡にて<長岡 米百俵フェス 〜花火と食と音楽と〜 2021>の延期公演が開催された。オフィシャルから到着した本公演1日目、12月18日分のレポートをお届けしよう。

<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>

文・篠崎美緒
写真・須佐写真事務所

いよいよ本格的に始まった、 <長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>。モニターに流れる「ようこそ 米フェス延期公演へ! 輝ける2022年を迎えるために、 今日を精一杯楽しみましょう」というメッセージを見ていると、 心が沸き立ってくる。

本日から2日間、 MCを担当するのは安東弘樹アナウンサーとファーストサマーウイカだ。 以前も<米百俵フェス>に出演したことのあるウイカは“冬の長岡にきたのは初めてなんですけど、 寒い!”と雪国の冬に驚いている様子だった。

<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>
ツイート
<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>

トップバッターを任されたのは、 名古屋発のラウドポップユニット・TEAM SHACHI。 グループ名がモニターに出ると、 客席のあちこちでペンライトが光り出す。 準備は万端だ。

1曲目の「抱きしめてアンセム」から、 フルスロットル。 途中で体操風ダンスがあったり、 朝から集まった観客の体を動かそうという心遣いがうれしい。 TEAM SHACHIはフロントの4人のかわいさに加えて、 ホーンを担当する4人の“ブラス民”も一緒に踊るので、 迫力溢れるステージングがカッコイイ!

「よろしく人類」では客席の人たちもメンバーに合わせて腕を振ったり手拍子を真似するなど、 初見の人でも楽しめる仕掛けが満載だ。

「Rocket Queen」は当フェスのキュレーター・本間昭光氏が提供した楽曲で、 私立中越高校吹奏楽部とコラボし、 MVも当地で撮影したという長岡に縁のある曲でもある。 今回は本間氏も参加する「米百俵スペシャルバンド」が現れて演奏を担当し、 夢のコラボとなった。

<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>
ツイート
<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>

ここからは新潟で活動する2アーティストが登場。 最初にステージへ上がったのは、 昨日もMCとパフォーマンスで活躍した、 長岡出身の従兄弟同士によるフォークデュオ・ひなた。

1曲目の「月と太陽」では「この星に生まれてよかった 長岡で出会えてよかった」と歌詞をアレンジし、 これには地元民もにっこり。 2曲目の「その命」は、 「コロナ禍で減ってしまった献血をもっとしてもらおう」と、 アピールする楽曲を県庁に頼まれ製作したという。 彼らが地元に浸透していることがよく伝わるエピソードだ。

3曲目の「No Border」でギターの音響トラブルが発生するも、 アカペラで歌い出す2人。 その姿を見て、 応援しようという気持ちを手拍子に乗せる観客。 歌い終わると、 ぴろんが“温かい気持ちをありがとう!”という言葉を返した。 最後はひなたらしいほっこりソング「SMILE~相変わらずな日々の中で~」。 彼らの振りに合わせて観客も手を高く上げて振る、 その光景は稲穂が風に揺れるようだった。

<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>
ツイート
<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>

お馴染みの登場SE「Overture」が流れ出すと、 ペンライトを複数持ちする気合の入ったファンたちが立ち上がる。 ご当地アイドル・NGT48の登場だ。 映し出されたシルエットから、 黒のリボンが胸元についた赤いワンピースに身を包んだメンバーがライトアップされた。

「Awesome」「みどりと森の運動公園」と連続して歌うと、 メンバーが16人がそれぞれ自己紹介。 この日MCを担当していた小越春花、 昨日もMCやひなたと共演などで注目を集めた本間日陽、 他にも中井りかや對馬優菜子などが顔をそろえた。

3rdシングル「春はどこから来るのか?」や5thシングル「シャーベットピンク」などのヒットチューン、 昨日は本間日陽とひなたのコラボで歌った「Maxとき315号」のオリジナルバージョンも披露。 16人のフォーメーションやダンスも見応えたっぷりだ。

ラストは、 公演日の4日後に発売されるという最新シングル「ポンコツな君が好きだ」。 なんとライブ初披露といううれしい情報つきだ。 本曲のセンターを務めるのは、 小越春花。 「ポンコツ感溢れるポーズがポイント」とのことで、 見どころ満載なダンスはぜひその目でも確かめて欲しい。

<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>
ツイート
<長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021>

次ページ

  • 1