秋田汐梨(ⓒSDP)

秋田汐梨(ⓒSDP)

秋田汐梨、“100点満点”の最新カレンダーを笑顔でアピール!「1年を通してお楽しみいただけると思います」

秋田汐梨が、本日12月18日(土)にSHIBUYA TSUTAYAにて<『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』発売記念イベント>を開催した。

『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』は、12月10日(金)に発売された秋田の4作目のカレンダー。

本日、その発売を記念してファンイベントを開催。

イベント前に行なったマスコミ向けの記者会見では、カレンダーの制作エピソードをはじめ、近況や女優としての今後の目標などについて語った。

秋田汐梨(ⓒSDP)
ツイート
秋田汐梨(ⓒSDP)

秋田汐梨コメント

ーー『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』の見どころをお教えください。

秋田汐梨:
“カラー”と“アナログ”の2つのテーマで撮影したので、その対比を楽しんでいただきたいです。アナログは、フィルムカメラっぽい仕様で少し派手な衣装を着たりして撮影しました。

ーー今回の撮影で印象的だったエピソードは?

秋田汐梨:
自分で“カラー”のテーマの色や衣装を決めたので、雰囲気を変えるように選ぶのは難しかったけど楽しかったです。

ーーずばり『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』に100点満点で点数をつけるとしたら何点ですか?

秋田汐梨:
ずばり、100点です! 今回は月ごとにまったく印象が違って、私のいろんな一面を見ていただけるカレンダーになったので、1年を通してお楽しみいただけると思います。

ーー『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』の中でお気に入りのページは?

秋田汐梨:
“ブラック”がテーマの5月のページです。この撮影は、指の角度や足の爪先の出方までポーズをミリ単位で調節して出来上がったページなので思い入れが深いです。このページのために少し前髪も切りました。

『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』お気に入りページ(ⓒSDP)
ツイート
『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2022』お気に入りページ(ⓒSDP)

ーー2021年を振り返ってみて、どんな1年でしたか?

秋田汐梨:
上京してきて、今まで以上に仕事に対してきちんと向き合える1年でした。特に舞台で演じた役は、たくさん練習して本番期間も長く、役と向き合う時間が長かったので印象的でした。

ーー2022年3月19日で19歳ということですが、“20歳までにしてみたいこと”は?

秋田汐梨:
今年中に運転免許を取りたいです。今一人暮らしをしていて、家具を買うのにIKEAとかに行きたいんですけど、電車では行きづらいので、そういう場所に(車で)ふらっと自分で行けたらいいなって思います。

ーー乗ってみたい車は?

秋田汐梨:
まったく詳しくないんですけど、カッコいいと思うのは『ジープ』です!

ーー本日12月18日は、1914年(107年前)に東京駅が完成した日なのですが、今1番、電車で行ってみたい場所はどこですか?

秋田汐梨:
地元の京都です。京都は伝統的な建物がたくさんあるのに、住んでいた当時は興味を持っていなかったのですが、上京して改めて“京都って素敵な街だなぁ”と思い出すことがあって、観光などしてみたいです。

ーーご自身の“カラー”は何色ですか?

秋田汐梨:
白です! いろんな役、いろんな色に染まれるという意味で(笑)。

ーーここ3〜4年で俳優としての変化はありましたか?

秋田汐梨:
今までは役に対して理解しきれず演じていたことも多かったのですが、最近は役について“こういう動きをすればキャラクターがはっきりするんじゃないか”など、深く考えられるようになったと思います。

ーー役でアルバイトをするならどんな仕事がしてみたいですか?

秋田汐梨:
カフェの店員さんをやってみたいです!

ーー最後に、ファンへメッセージをお願いします。

秋田汐梨:
約2年ぶりのリアルイベントで、ファンのみなさまにすごく久しぶりに会えるのは楽しみですし、少し緊張しています。今年1年もさまざまな役を通して、いろんな一面をお見せすることができたと思うのですが、来年はラストティーンなので、10代ならではの魅力を見せていけたらいいな、と思います。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 秋田汐梨、“100点満点”の最新カレンダーを笑顔でアピール!「1年を通してお楽しみいただけると思います」