©東京女子プロレス

©東京女子プロレス

SKE48 荒井優希、師匠・山下実優選手との初シングル戦で大激闘!「来年もしっかりプロレスに向き合っていきたい」

SKE48の荒井優希が、本日12月18日(土)に東京女子プロレスの名古屋国際会議場イベントホール大会<ダッシュ!滑走!名古屋Castle!>に出場。SKE48としてリング上でパフォーマンスを披露し、プロレスの師匠・山下実優選手とのシングルマッチに挑んだ。

<ダッシュ!滑走!名古屋Castle!>名古屋国際会議場イベントホール(2021年12月18日)

本日の第3試合の終了後、荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、菅原茉椰、福士奈央のSKE48メンバー5名が登場。リング上で「未来とは?」「片想いFinally」「前のめり」の3曲をパフォーマンスした。

荒井の得意技である踵落とし「Finally」の名前の由来となった楽曲「片想いFinally」のダンスでは、メンバー全員が華麗に脚を振り上げた。

MCでは、大場は強くてカッコイイと山下実優選手、福士はマイクパフォーマンスがすごいと伊藤麻希選手、菅原は同じ東北出身で親近感を持ったと遠藤有栖選手、江籠は可愛くてパワフルと渡辺未詩選手を、それぞれの注目選手として挙げた。すると、リング下にいたアイドル好きの渡辺未詩選手が感激のあまり号泣。アイドルがリング上にいて、選手が観ているという変則的な構図に、客席からは和やかな笑いが起きた。

メインマッチでは、SKE48のメンバーでTikTokクリエイター『おしゆき』として一緒に活動している青木詩織も放送席から見守る中、赤いレザーのガウンを羽織った新たなコスチュームで荒井が登場。

序盤、山下の力強いキックに倒されながらも何度も起き上がる。ロープに逃げるも、山下からの猛攻にカウントダウンを取られ、9カウントでなんとか立ち上がる荒井。

渾身のエルボーで山下の動きを止め、ビッグブーツを決め、後ろからかぶさってスリーパーホールドで反撃。さらにフルネルソンバスターから「Finally」を試み、交わされたものの、山下をコーナーにぶつけての後頭部への「Finally」を成功させた。

しかし、キックで逆転を許すと、最後は山下の得意技スカルキックで3カウントダウンとなった。

試合後リング上で山下は、“まだまだ私は倒せない。これで終わりじゃない。いっぱい練習して試合しよう”と師匠らしくエール。荒井は“またやんなきゃダメですか? 一生に1回ぐらいだと思ったんですけど、そんなに言うならまた試合してあげましょう”と、なぜか上から目線で強がったが、“2022年もしっかりプロレスに向き合って、いつか山下さんに勝ちたい”と誓った。

コメント

山下実優:
名古屋で初めての大きい会場で。今回はSKE48のみなさんにもライブをしていただいて、荒井ちゃんのアイドル姿を初めて観て、そこから今日初めてシングルで対戦して。練習していても試合を観ていても、気持ちがすごいなと思うのと、やっぱりプロレスに対しての気持ち、アイドルに対しての気持ち、両方を両立しっかりしようという気持ちが強く伝わって、私も試合していてすごく気持ちの高まる部分がありました。でも、まだまだ私も負けるわけにいかないし、荒井もまだまだ練習しなきゃいけないなと思う部分もあったので、これからまた、本人は一生に1度でいいって言ってたんですけど、また戦う時が来るでしょう。その時はまた、私も強くなってないといけないですし、荒井もしっかり強くなってもらって、東京女子プロレスを一緒に盛り上げていけれたらなと思いました。

ーー初めてFinallyを食らってみていかがでしたか?

山下:
効きましたね。前回の大田区大会で、あのアジャ(コング)さんが顔を渋らせていたので食らったらやばいなと思って。後頭部に食らっちゃったんですけど、けっこう効きましたね。これからまだまだFinallyは進化していくんじゃないですかね。進化していかなきゃいけないなと、アドバイスとして、あれはすごくいい技なので、しっかりこれから練習してどんどん強くさせていければいい技だと思いました。

荒井優希:
山下さんは、1番一緒に練習してきたんじゃないかなという先輩ではあるんですけど、蹴りとかは練習ではされたことなかったので、今、この辺(上半身)が生まれて初めての痛みで。力強さとかに圧倒されてまだまだ敵う相手じゃなかったなというのを感じました。でも、自分の今までやってきた技とかは少しは出すこともできたし、また機会があれば今よりも成長した姿で、もっと耐えられる自分になって、山下さんの前に立ちたいなとすごく思いました。2022年、きっと山下さんと戦うようなことがあるかもしれないので、いつそうなっても大丈夫なように練習を張り切って頑張りたいなと思います! 今日はありがとうございました!

ーー初めてリング上でパフォーマンスしてみて?

荒井:
いつもアップアップガールズ(プロレス)さんがやってらっしゃるんですけど、本当にすごいなって思いました。今日やってみてライブのあとに急に試合に切り替えるっていうのが本当に難しくて。普段ライブしている環境とはすごく違って、メンバーもいつも以上に疲れていたので、アプガさんすごいなという結論に至りました。普段(プロレスを、SKE48を)観ていない方々にも観ていただける機会でもあったと思うし、サイリウムたくさん振っていただけて、本当に嬉しかったです!

ーーメンバーが見ている前での試合は?

荒井:
入場の時にメンバーが座っていて、“ここにいるんだ!”って驚いたんですけど、試合中にはすっかり忘れていました(笑)。

ーー2021年を振り返ってみていかがでしたか?

荒井:
今日歌わせていただいた「前のめり」の歌詞にも《わくわくする新しいその世界は そんな簡単には見つからない》ってあるんですけど、本当にそう思っていて。こんなにアイドルを何年もやってきて、こんなに新しい世界を見つけることができて。たまたまプロレスをやることになったんですけど、本当にいい選択だったなと思いました。1月4日から試合が決まっていて、山下さんに引き続き、坂崎ユカさんという本当に強い選手とシングルマッチをやることになって、これは2022年気合を入れてスタートしなきゃなって改めて思わされましたし、来年もしっかりプロレスに向き合っていきたいなと思いました。

本日の試合

<ダッシュ!滑走!名古屋Castle!>
日時:2021年12月18日(土)開場11:45/開始12:30
会場:愛知・名古屋国際会議場イベントホール 

・スペシャルシングルマッチ:山下実優vs荒井優希
・SKE48ミニライブ出演:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、菅原茉椰、福士奈央

放送席実況:村田晴郎
解説:小佐野景浩、ユリオカ超特Q
放送席ゲスト:青木詩織(SKE48)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • SKE48 荒井優希、師匠・山下実優選手との初シングル戦で大激闘!「来年もしっかりプロレスに向き合っていきたい」