櫻坂46[ライブレポート]日本武道館のステージに圧倒的なパフォーマンスを刻み込んだ1周年記念公演「一丸となってこれからも歩み続けます」

櫻坂46[ライブレポート]日本武道館のステージに圧倒的なパフォーマンスを刻み込んだ1周年記念公演「一丸となってこれからも歩み続けます」

櫻坂46[ライブレポート]日本武道館のステージに圧倒的なパフォーマンスを刻み込んだ1周年記念公演「一丸となってこれからも歩み続けます」

櫻坂46が、12月9日(木)、10日(金)の2日間にわたって日本武道館にて<櫻坂46 1st YEAR ANNIVERSARY LIVE>を開催した。本記事では、10日公演のオフィシャルレポートをお届けする。

<櫻坂46 1st YEAR ANNIVERSARY LIVE>日本武道館(2021年12月10日)

取材&文:西廣智一
撮影:上山陽介

新型コロナウイルス感染拡大で世界中が混沌の渦に巻き込まれていた2020年12月9日に、櫻坂46は1stシングル「Nobody's fault」をリリース。

当初は有観客でのライブ活動が困難な状況下だったものの、2021年に入ると6月の<櫻坂46 BACKS LIVE!!>を筆頭に、<W-KEYAKI FES.2021>(7月)、<櫻坂46 1st TOUR 2021>(9〜10月)と有観客公演を次々に実現させ、またシングルも「BAN」「流れ弾」と1年の間に3枚ものリリースを重ね、逆境の中でも最大限の活動を続けてきた。

そんな彼女たちの1周年を祝福する<1st YEAR ANNIVERSARY LIVE>は、櫻坂46の1年間の集大成を見せる場であると同時に、欅坂46時代からグループを牽引してきた1期生の守屋茜、渡辺梨加のラストステージでもある。

1stシングルリリースから1周年記念日の9日公演では<櫻坂46 1st TOUR 2021>終了から1ヵ月強と、短い期間ながらもよりパワーアップしたパフォーマンスで観る者を圧倒。この1年間に発表した全21曲のうち20曲を披露して、集まった“Buddies(櫻坂46ファンの総称)”を魅了した。

そして迎えた10日公演。“ラスト、最高の想い出作るぞ! みんな大好き!”というメッセージも飛び出した守屋茜、渡辺梨加の影アナに続いて「Overture」が流れ始めると、会場のボルテージは急速に高まっていく。そして、ステージ後方一面に設置された大型LEDスクリーンが左右に開くと、階段上に勢揃いした櫻坂46メンバーが登場し、ライブは「BAN」からスタート。桜色の衣装を身にまとったメンバーはレーザーが飛び交う派手な演出の中、スカートの裾をはためかせながら力強さと華麗さの入り混じったパフォーマンスを展開していった。

1曲終えると、キャプテンの菅井友香が“観てくださっているみなさんにも私たちの想いがバンバン伝わるようにパフォーマンスしていきます”と挨拶。続いて、田村保乃がこの1年を振り返り、“どんな時にもBuddiesのみなさんがいてくれて、みなさんと時間を共有できていることが本当に幸せです”と感謝を口にし、山﨑天は“みんなと一緒だからなんでも楽しいなと思えましたし、制作期間もみんなと楽しめたので、それもいい想い出です”と振り返る。

その後は「美しきNervous」や「半信半疑」「それが愛なのね」といった、先の全国ツアーでも披露されなかった楽曲を含む攻めの構成で、ライブはノンストップで進行。

曲間には恒例となったダンストラックも用意され、個々の技量の高さや息の合ったフォーメーションで観る者を魅了し続ける。また、「ブルームーンキス」や「思ったよりも寂しくない」は天井から大型の球体型照明が登場し、前者では青い月、後者ではキャンプファイヤーの役割を務めるなど、この日ならではの演出に一役買った。さらに、9日公演では披露されなかった「Microscope」も飛び出し、多幸感の強いパフォーマンスを展開していった。

ライブ中盤では、前日の公演でユニット名が“ふたりな”であることを明かした井上梨名&松田里奈が、ユニット曲「On my way」を元気一杯に歌唱したかと思えば、3rdシングルのBACKSメンバーは小池美波がセンターを務める「ソニア」を全力で歌い踊り、「無言の宇宙」ではセンターの渡邉理佐を中心に唯一無二の空気感が作り上げるなど、緩急に富んだ構成で観客を惹きつける。

さらに、9月より休業中だった小林由依がサプライズ登場すると、会場の熱気は急上昇。黒いシャツ&パンツに白いジャケットという出立ちの小林は遠藤光莉&藤吉夏鈴とともにユニット曲「ジャマイカビール」をパフォーマンスし、会場は歓迎モードに包まれた。その後のMCでは、小林が“お久しぶりです。このライブから少しずつ復帰して、櫻坂の2年目と一緒に私もスタートできればと思っています”と挨拶すると、客席から祝福の拍手が沸き起こる。

ライブもいよいよ佳境へ。ステージ床からリフトアップで登場した森田ひかるをセンターに据えた「Dead end」で一段高いギアが入ると、メンバーが中心の藤吉に糸を絡ませるパフォーマンスが印象的な「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」、山﨑天の「みなさんがいたから、今私たちはここに立てています。これからも一緒に坂道を駆け抜けてくれますか?”というメッセージが胸を打つ「Buddies」と、クライマックスにふさわしい楽曲が続く。

その後、菅井のナレーションとともにこの1年間を振り返る映像を経て、1stシングル時の衣装に身を包んだメンバーが「Nobody's fault」を歌唱。この日のパフォーマンスからはかつてないほどの頼もしさが伝わり、櫻坂46がグループとして早くも成熟し始めていることがうかがえた。

そして、ライブ本編のラストには最新シングル「流れ弾」を用意。ここでは小林も加わり、MV撮影以来となるフルメンバーでのパフォーマンスが実現した。センター田村保乃の鬼気迫る表情とダンス、その彼女を取り巻くメンバーの圧倒的な存在感など、一瞬たりとも目が離せない瞬間の連続で、1年間の経験の積み重ねが最良の形で発揮されたこの日の「流れ弾」で過去最強のパフォーマンスを見せつけ、ライブ本編は終了。最後はメンバー全員がステージに勢揃いし、階段上でローマ数字の“I”から“II”へ変化する整列を見せ、活動2年目への期待を高めてステージをあとにした。

アンコールでは、この日を最後に卒業する守屋茜と渡辺梨加の卒業セレモニーを実施。まずは欅坂46時代からの2人の軌跡を振り返る映像が流れ、続いて黒いドレスを着た守屋、白いドレスを着用した渡辺が登壇し、Buddiesに向けてメッセージを贈る。

守屋は“こんな人生経験ができるなんて、幸せなアイドル人生でした”“ここにいてできることはすべてやりきったと思います。なので、後悔はありません”、渡辺は“6年間、グループのみんなと過ごしてきてすごく楽しかったし、欅坂46、櫻坂46に入って本当によかったなと、心からそう思います”と、それぞれメッセージを告げる。そして、2人に菅井と渡邉理佐が加わり、櫻坂46になってから1度も披露していなかった欅坂46時代のユニット“青空とMARRY”がステージに立つ。「ここにない足跡」「青空が違う」をサプライズ披露。会場のファンもスティックバルーンを大きく叩き、“青空とMARRY”の登場を喜んだ。「青空が違う」では、欅坂46時代のライブ映像を背にパフォーマンスするなど、彼女たちの6年半の成長が伝わる演出が用意された。ドレスに身を纏う2人に菅井と渡邉が寄り添い、この4人がこのタイミングで同じステージに立つ意味を会場にいる全員が噛みしめていた。

その後、ステージ上にメンバー全員が揃うと1期生、2期生から2人へメッセージが寄せられる。上村莉菜は“今いるメンバー全員で、ライブで2人の卒業セレモニーをすることができて本当によかったし、綺麗なドレス姿を見られて本当に嬉しかった”と涙ながらに語り、松田里奈は“3年半一緒に活動できた想い出を胸に残して、2人を応援したい”、増本綺良は“今の別れのつらさより、出会えたことへの感謝に目を向けて、今はおふたりの未来を思い切り応援したい”と胸の内を伝えた。

そして最後に、菅井が“今までの謙虚、優しさ、絆を忘れず、誇り高く、美しく咲き誇る、そんなグループを目指して、一丸となってこれからも歩み続けます。そんな私たちにこれからもぜひついてきてください。2年目も応援よろしくお願いいたします”と力強く宣言し、ラストナンバー「櫻坂の詩」を全員で歌唱。会場一面が桜色のペンライトで染まる中、後半ではメンバー1人ひとりから卒業する2人に対して花を贈るサプライズも用意され、最後は桜の花びらのような紙吹雪が盛大に舞う中、2時間半に及んだ<櫻坂46 1st YEAR ANNIVERSARY LIVE>を締め括った。

年末には2年連続となるNHK紅白歌合戦への出場も控えている櫻坂46。年明け1月8日(土)、9日(日)にはグループの楽曲フォーメーション3列目メンバーによるライブ<BACKS LIVE!!>も、東京ガーデンシアターで開催される。2年目に突入した櫻坂46の大躍進は、この先もまだまだ続きそうだ。

<櫻坂46 1st YEAR ANNIVERSARY LIVE>

2021年12月10日(金)
日本武道館

Overture
01.BAN
02.美しきNervous
03.半信半疑
04.それが愛なのね
05.偶然の答え
06.ブルームーンキス
07.思ったよりも寂しくない
08.Microscope
09.On my way
10.ソニア
11.無言の宇宙
12.ジャマイカビール
13.Dead end
14.なぜ 恋をして来なかったんだろう?
15.Buddies
16.Nobody's fault
17.流れ弾

En-1.ここにない足跡/青空とMARRY
En-2.青空が違う/青空とMARRY
En-3.櫻坂の詩

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 櫻坂46[ライブレポート]日本武道館のステージに圧倒的なパフォーマンスを刻み込んだ1周年記念公演「一丸となってこれからも歩み続けます」