©AbemaTV,Inc.

©AbemaTV,Inc.

ももクロ、<第5回 ももいろ歌合戦>への意気込みを語る「最高のよい締めくくりの時間を過ごしたい」

ももいろクローバーZが、『第5回 ももいろ歌合戦〜届け!希望の彼方へ〜50組超え出場!年越し8時間無料生放送』(ABEMA/12月31日(金)17:00〜放送)の合同取材を開催した。

<第5回 ももいろ歌合戦>が日本武道館にて2年ぶりに有観客で開催されることを受けて、百田は“私たちも無観客の配信をたくさん経験させていただいて、その上で有観客のありがたさ、お客さんが目の前にいてパフォーマンスできることがどれだけ幸せかということをさらにたくさん感じたので、<ももいろ歌合戦>を有観客でお届けできることを本当にありがたく感じます”と笑顔で話した。

今回の<ももいろ歌合戦>のテーマは、“届け 希望の彼方へ”。今年はこれまでの日常を徐々に取り戻し始めた“希望が見えてきた1年”になったが、玉井は“今年は少しずつ今の状況との付き合い方がそれぞれわかってきた感じがするので、ももクロとして活動していく中でファンの方だったり、私たちを見てくださったりする方に、楽しんでいただける方法とかやり方を少しずつ実践できた年だったなと感じます。有観客でのライブも少しずつ再開することができて、今までの日常を取り戻してきた部分と、まだ引き続き気をつけていかなければいけない……だからこそ生まれる新しいものを混合して作っていけた1年だったなとも感じています”と今年を振り返った。

2022年はどんな年にしたいかと聞かれると、玉井は“2022年は、(高城)れにちゃんがラスト20代の年なんです! なので、ラスト20代を盛大にお祝いしたいなと思っています”と述べ、それに対して高城は“ラスト20代と、30歳になった1年も盛大に祝ってくれると言ってくれたので、この2年はみんなにすごく尽くしてもらえるのかな〜と思って、それをすごく楽しみにしています”と笑顔を見せた。

佐々木は“ももクロの15周年という、節目の年が見えてきたのが嬉しいので、もっともっと次に繋げていける年にしたいなと思いますし……いつまでもジャージが似合う私たちでいたいなとも思う反面で、もうそんな年齢なんだ!と言われることが多いので、年相応と思ってもらえるような活動もできたらいいなと思っています”と話して、ほかのメンバーの笑いを誘った。

最後に、<第5回 ももいろ歌合戦>への意気込みを聞かれると、高城は“毎年ではありますが、豪華な出演者の方々が年末お忙しい中時間を割いて一緒に盛り上げてくださるので、私たちも全力で盛り上げていきたいなと思います。2年ぶりの有観客なので、今年1年やり残したことがない!とみんなが言えるくらい全力で楽しめたらいいなと思っています”、百田は“みんなに楽しんでいただける、素敵な2021年の締めくくりと2022年が楽しみになるような、そんな年越し、そして<ももいろ歌合戦>ができたらいいなと思います”、玉井は“5回続けてきたからこそ、いろいろな方からの注目度が上がってきているのかなと思うと素直に嬉しい。今年は有観客で開催ができるということがすごく嬉しいことなので、会場に来てくださる方、配信を観てくださる方、みんなで楽しい同じ時間を過ごして、最高のよい締めくくりの時間を過ごしたいなと思っています”、佐々木は“やっぱり各回にドラマがあって、全部の回がすごく印象的で、忘れられない年越しになっているので、みなさんが素敵な年越しができるような番組を私たちもお届けしたいなと思います!”とコメントした。

©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.
©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • ももクロ、<第5回 ももいろ歌合戦>への意気込みを語る「最高のよい締めくくりの時間を過ごしたい」