乃木坂46、ベストAL新曲「歳月の轍」「あなたからの卒業」「Hard to say」MV予告編一挙公開!

乃木坂46、ベストAL新曲「歳月の轍」「あなたからの卒業」「Hard to say」MV予告編一挙公開!

乃木坂46、ベストAL新曲「歳月の轍」「あなたからの卒業」「Hard to say」MV予告編一挙公開!

乃木坂46が、オフィシャルYouTubeチャンネルにて新曲「歳月の轍」「あなたからの卒業」「Hard to say」MVの予告編を公開した。

▲乃木坂46「歳月の轍」予告編

「歳月の轍」「あなたからの卒業」「Hard to say」は、12月15日(水)に発売となる乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』の完全生産限定盤と初回仕様限定盤に収録される新曲。

卒業を発表している生田絵梨花のラストソロ作品となる「歳月の轍」のMVは、“旅立ち”をテーマに、10月下旬に客船が行き来する海の玄関口である東京国際クルーズターミナルにて撮影を実施。

実際に本人がピアノを弾き、リップシンクを何テイクか撮影する予定だったものの、1回目で生田の目から涙が溢れ、“これを超えられるものは撮れないだろう”という判断のもと、リップシンクは1テイク目で終了。

また、撮影の終盤では、生田には今までの歩みを観ているシーンを撮影すると説明していたが、実際にはメンバーからの自撮りのコメント映像が流され、生田は泣きながら、1つひとつの言葉を噛み締めていたという。

監督は、乃木坂46では「ごめんねFingers crossed」「Wilderness world」などのMVを手掛けた映像ディレクター・東市篤憲が務めた。

▲乃木坂46「あなたからの卒業」予告編

そして、生田と同じく卒業を発表している新内眞衣の最初で最後のソロ作品となる「あなたからの卒業」のMVは、10月下旬頃にニッポン放送の協力のもと、実際のスタジオで撮影。

新内本人がパーソナリティとリスナー役を演じており、トーク部分の原稿はすべて本人が執筆。リスナー役では14種類の衣装を着こなし、曲が流れ終わった後のラストシーンでは、本人が言葉に詰まりながらも話している様子をノーカットで収録している。

同MVでは、乃木坂46では多くの作品を担当した映像ディレクター・伊藤衆人が監督として指揮を執った。

▲乃木坂46「Hard to say」予告編

アンダー曲「Hard to say」のMVは、10月中旬から下旬にかけて、さまざまな場所で撮影を敢行。同曲は現アンダーメンバーだけではなく、これまでにアンダーメンバーを経験したことがあるメンバーも参加しており、過去の自分を思い出すことをテーマに、それぞれが記憶に残っている場所を訪れている。

ロケ地は、全14ヵ所。28thシングル「君に叱られた」のカップリング曲「マシンガンレイン」MVの撮影場所など比較的に最近使用した場所もあれば、齋藤飛鳥が選んだ2014年にアンダーライブを開催したSHIBUYA O-EAST(現在:Spotify O-EAST)といった新旧を問わない各メンバーの想い出の地を巡っている。

MV監督は、乃木坂46では「他の星から」「羽根の記憶」「三番目の風」などのMVを手掛けた映像ディレクター・岡川太郎が担当。

なお、同アルバムに収録する新曲4曲のMVは、初回仕様限定盤の特典映像として収録されることも決定した。

「歳月の轍」「あなたからの卒業」「Hard to say」

次ページ

  • 1