純情のアフィリア[ライブレポート]ツアー後半戦に向けて熱い盛り上がりを見せた名古屋公演

純情のアフィリア[ライブレポート]ツアー後半戦に向けて熱い盛り上がりを見せた名古屋公演

純情のアフィリア[ライブレポート]ツアー後半戦に向けて熱い盛り上がりを見せた名古屋公演

純情のアフィリアが、11月14日(日)に名古屋・ボトムラインにてワンマンツアー<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>を開催した。9月4日(土)から開始した同ツアーは、今回の名古屋公演で12公演が終了し、後半戦のスタートを切った。本記事では、名古屋夜公演のオフィシャルレポートをお届けする。

純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)

夜公演の1曲目は、TVアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』エンディングテーマ「起・承・転・結・序・破・急」からスタート。

MC後の「JUICY☆GIRL」では、名古屋出身・寺坂ユミの“みんなでテンション上げていくよ!”という掛け声とともにメンバーも一気にハイテンションに。名古屋出身のメンバーが多いということもあり、東京に次ぎ第2のホームの雰囲気を感じさせ、パーティチューンの同曲がライブの流れを牽引していく。

続けて、「ヴィーナス☆女神っくす!」を可愛さいっぱいに歌唱し、序盤のセトリ構成としては珍しい「Lost In The Sky」へ。メンバーの歌い分けがソロとなっており、ここでしか聴くことのできないメンバーピックアップバージョンで披露。“世界の果てまで運命の愛を届けるんだ!”という台詞後の落ちサビは、夏目ベールが歌い上げ、序盤とは思えないほどのエンディング感とサイリウムに会場のボルテージは上昇した。

純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)
ツイート
純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)

MCを終えると、「ココロノヒカリ」から怒濤のメドレーが続き、体力の限界を感じさせないメンバーたちが熱いパフォーマンスを解き放った。

ダンスナンバーである「Like? or Love?」に繋がる部分では、瞬くライトの演出がメンバーたちを今まで見せたことのないネクストレベルへと昇華させる。

5曲連続のメドレーが終わると、今回のツアーで初披露となったチーム別の楽曲をパフォーマンス。純情のアフィリアは上手、下手でダンスフォーメーションが変わることが多く、下手は赤チーム、上手は青チームというチーム分けがある(※歴代、楽曲の制作段階で使われる歌い分け表の色分けが赤青になっているところが由来となる)。各チームの楽曲が、同ツアー用に各都市の夜公演で披露されている。

赤チーム曲「ここにいるよ」はエモーショナルな楽曲で、歌唱力が聴きどころの1つ。“君が何度も呼んでくれたから僕は僕を取り戻せたんだ、だからここにいるよ”という強いメッセージを、渚カオリ、桜田アンナ、雨森セラ、夏目ベールの4人が歌声で届けた。

一転して、青チーム曲「My Life is Beautiful_Full」は、ハッピーでレトロジャジーなダンスナンバー。ステッキを使った演出で、葉山カナ、東城アミナ、優希クロエ、寺坂ユミが軽快なダンスをキュートに魅せた。

純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)
ツイート
純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)

同ツアーのテーマソング「Magic Circle and Siren of Water fairy」で、メンバーそれぞれのソロ歌唱と、2人1組での美しいハーモニーを響かせると、「Sing a World〜キミがくれた魔法〜」は、ツアーの経験の積み重ねによって壮大感が増し、メンバー全員の笑顔で会場中を癒していった。また、同曲のサビでは、フロアがサイリウムで光り輝き、公演を重ねるごとに一体感が増しているようだった。

MC後には、ラストスパートを畳み掛けるように「奇跡と魔法のクロニクル」のスペシャルバージョンを投下。

「Embrace Blade」のエンディングで暗転すると、メンバーたちはオーロラカラーに煌めくスカートのツアー衣装から、今回のツアーのサプライズ演出となる早着替えでメンバーカラーのミニスカートに変身。

エモーショナルな展開から一気にポップな雰囲気の楽曲「女神さまのポイントカード」を経て、純情のアフィリアの定番曲「スキハ無敵」でフロアのテンションを盛り上げ、同公演は幕を下ろした。

なお、同ツアーは、会場ごとにセットリストが異なっており、昼・夜公演でも一部を除き、楽曲被りがほぼない形で構成されている。

今回の名古屋公演の配信アーカイブは、11月17日(水)まで視聴可能。

純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)
ツイート
純情のアフィリア<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>名古屋・ボトムライン(2021年11月14日)

ワンマンツアー<魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy>

2021年11月14日(日)
名古屋・ボトムライン

1.SE
2.起・承・転・結・序・破・急
3.JUICY☆GIRL
4.ヴィーナス☆女神っくす!
5.Lost In The Sky(メンバーピックアップVer)
6.ココロノヒカリ
7.Lotus Land -桃源郷-
8.セピア
9.Like? or Love?
10.SPRInG FAcTiON
11.ここにいるよ(赤チーム)
12.My Life is Beautiful_Full(青チーム)
13.Magic Circle and Siren of Water fairy
14.Sing a World〜キミがくれた魔法〜
15.奇跡と魔法のクロニクル(スペシャルVer.)
16.Embrace Blade
17.女神さまのポイントカード
18.スキハ無敵

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 純情のアフィリア[ライブレポート]ツアー後半戦に向けて熱い盛り上がりを見せた名古屋公演