©NMB48

©NMB48

NMB48[ライブレポート]メンバーそれぞれが個性を魅せつけた大阪城ホール昼公演「今までのNMB48にとらわれずに私たちにしかできないことをしたい」

NMB48が、11月3日(水・祝)に大阪城ホールにて<NMB48 11th Anniversary LIVE>を開催。<NMB48 11th Anniversary LIVE〜Scrap & Build〜>と題した昼公演は“スクラップ&ビルド”、<NMB48 11th Anniversary LIVE 〜Thanksgiving〜>というタイトルの夜公演は“感謝祭”と、それぞれ異なるテーマを掲げて実施した。本記事では、昼公演のオフィシャルレポートをお届けしよう。

<NMB48 11th Anniversary LIVE〜Scrap & Build〜>大阪城ホール(2021年11月3日)

昼公演は、2期生・石田優美の“準備はできてるか? NMB48 11周年ライブ、ぶっ壊していくぜ!”という力強い掛け声とともにスタート。

次世代メンバー(5期、ドラフト3期、6期、7期)の活躍が目覚ましい中、3期生・加藤夕夏が“先輩メンバーもまだまだやりたいんやぞ! 前に出たいんやぞ! 後輩たちにカッコいい背中を見せたいんやぞ!”と想いを伝え、“NMB48 LEADERS(2期、3期、4期、ドラフト2期)の”コーナーにて、8人でセレクトした4曲をレベルの高いパフォーマンスで見せつける。

オープニングで安部若菜が、“今日はみんなの個性を大爆発させます!”とファンに伝えたとおり、メンバーそれぞれの“個性”を活かしたユニットコーナーが昼公演の大きな注目ポイントとなった。

女子力の高いメンバー(梅山恋和、山本望叶、新澤菜央、貞野遥香)による「Which one」をはじめ、スタイルのいい長身メンバー(原かれん、鵜野みずき、平山真衣、黒田楓和)による「もう裸足になれない」、セクシーさと可愛さを併せ持つメンバー(上西怜、安田桃寧、和田海佑)による「シャワーのあとだから」、歌唱力の高いメンバー(山崎亜美瑠、本郷柚巴、早川夢菜)がアコギを弾きながら歌った「阪急電車」と、メンバーの個性に合った楽曲を立て続けにパフォーマンス。

渋谷凪咲、安部若菜、前田令子ら8人によるユニット『バラエティー頑張りたいガールズ』のコーナーでは、3月までバラエティ番組『夕方NMB』の司会を務めていた見取り図の盛山晋太郎とリリーがサプライズゲストとして登場。メンバーたちに“ライブの面白曲振り選手権”や“あいうえお作文”の課題を与え、“お笑い”についてアドバイスした。

©NMB48
ツイート
©NMB48

そして、ユニットコーナーのトリを飾ったのはダンス選抜ユニット『だんさぶる!』。元1期生の山本彩が8月に配信リリースしたダンスナンバー「Don’t hold me back」を、パフォーマンスチーム『s**t kingz』のshojiによる振り付けで披露。

最後は、小嶋が“何を今すべきか考えて、メンバー1人ひとりの個性を武器にしたいと思いました。昔のNMB48が好きっていう方もいると思います。私も大好きなので先輩方が作り上げてくれたよさ、伝統は受け継ぎながら、いい意味で、今までのNMB48にとらわれずに私たちにしかできないことをしたいと思っています。今の私たちを見て、この時代を好きでよかったと思わせたいです”と決意を語り、昼公演を締めくくった。

なお、同公演は新型コロナウイルス感染拡大予防対策ガイドラインに基づき開催された。

©NMB48
ツイート
©NMB48
©NMB48
ツイート
©NMB48

<NMB48 11th Anniversary LIVE〜Scrap & Build〜>

2021年11月3日(水・祝)
大阪城ホール

M00 Overture
M01 スクラップ&ビルド
M02 不毛の土地を満開に
M03 難波愛
M04 高嶺の林檎
M05 風は吹いている
M06 命のへそ
M07 HA!
M08 床の間正座娘
M09 プライオリティ
M10 涙の表面張力
M11 君はメロディー
M12 好きになってごめんなさい
M13 わるきー
M14 青いレモンの季節
M15 Which one
M16 虹の作り方
M17 もう裸足にはなれない
M18 ひな壇では僕の魅力は生きないんだ
M19 Must be now
M20 シャワーのあとだから
M21 ロマンティックなサヨナラ
M22 阪急電車
M23 Don't hold me back
M24 シダレヤナギ
M25 だってだってだって
M26 落とし穴
M27 ドリアン少年
M28 ワロタピーポー
EN1/M29 僕らのユリイカ
EN2/M30 ナギイチ
EN3/M31 届かなそうで届くもの
EN5/M32 青春のラップタイム

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • NMB48[ライブレポート]メンバーそれぞれが個性を魅せつけた大阪城ホール昼公演「今までのNMB48にとらわれずに私たちにしかできないことをしたい」