乃木坂46、日向坂46、櫻坂46、NiziUら受賞アーティスト出演<MTV VMAJ 2021 -THE LIVE->開催決定!

乃木坂46、日向坂46、櫻坂46、NiziUら受賞アーティスト出演<MTV VMAJ 2021 -THE LIVE->開催決定!

乃木坂46、日向坂46、櫻坂46、NiziUら受賞アーティスト出演<MTV VMAJ 2021 -THE LIVE->開催決定!

年間の優れたMVを表彰する音楽アワード<MTV VMAJ 2021>の受賞作品とスペシャルイベント<MTV VMAJ 2021 -THE LIVE->の詳細が発表された。

<MTV VMAJ>は、全米最大規模の音楽授賞式<MTV Video Music Awards>の日本版として、2002年以来開催している音楽アワード。多岐にわたる部門において最も優れた作品を発表する“MVの祭典”として、毎年、賞の行方が注目されている。

2021年も音楽ファンの期待と注目を集める同アワードを開催。この1年に世に送り出された数々のMVの中から、18部門の最優秀作品と7部門の特別賞を発表した。

受賞者の顔ぶれは<MTV VMAJ>らしく国もジャンルもさまざまだが、共通点は“2021年の音楽シーンを彩った世界基準の優れたMV”であること。

今回はBTS、星野源、Official髭男dism、millennium parade × Belle、ずっと真夜中でいいのに。、SKY-HIなど、2021年の音楽シーンの顔ともいえるアーティストが各部門の最優秀作品を受賞。計18作品の中から11月17日(水)まで一般投票を行ない、最も票を獲得した作品に“最優秀ビデオ賞”の栄誉が与えられる。

また、特別賞には乃木坂46、YOASOBI、優里、Ado、BE:FIRSTといった2021年を象徴する多彩なラインアップが顔を揃えた。

さらに、11月25日(木)に受賞アーティストが出演するスペシャルイベント<MTV VMAJ 2021 -THE LIVE->を無観客にて開催することが決定。MCは鬼頭明里と鮎貝健が務める。

同イベントでは、受賞アーティストによるライブパフォーマンスに加えて、全18部門の中から最も投票数を獲得した“最優秀ビデオ賞”の発表を行なう。

出演者として、BE:FIRST、日向坂46、JO1、milet、三浦大知、NiziU、乃木坂46、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、緑黄色社会、櫻坂46、優里、ずっと真夜中でいいのに。の12組が決定した。

なお、同イベントの模様は、12月18日(土)19:00よりMTVにて放送、同時にHuluでも配信される。

MC・鬼頭明里 コメント

まさか私がこんな大役を任せていただけると思っていなかったので、今の時点では、緊張しかないです。MTVさんを観て“このMVいいな”とか、好きな作品を知るきっかけにもなっているので、アワードにMCとして関われるのが、すごく光栄だと思っています。MCとしてアワードを盛り上げられるように、全力で頑張りますので、よろしくお願いします。

<MTV VMAJ 2021>受賞作品一覧

最優秀ビデオ賞【Best Video of the Year】
11月25日(木)<MTV VMAJ 2021 -THE LIVE->にて発表予定

最優秀邦楽ソロアーティストビデオ賞
【Best Solo Artist Video -Japan-】
星野源「不思議」(林響太朗)

最優秀洋楽ソロアーティストビデオ賞
【Best Solo Artist Video -International-】
BILLIE EILISH「Happier Than Ever」(Billie Eilish)

最優秀邦楽グループビデオ賞
【Best Group Video -Japan-】
Official髭男dism「Cry Baby」(新保拓人)

最優秀洋楽グループビデオ賞
【Best Group Video -International-】
BTS「Butter」(Yong Seok Choi(Lumpens))

最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞
【Best New Artist Video -Japan-】
櫻坂46「流れ弾」(池田一真)

最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞
【Best New Artist Video -International-】
OLIVIA RODRIGO「Drivers License」(Matthew Dillon Cohen)

最優秀邦楽コラボレーションビデオ賞
【Best Collaboration Video -Japan-】
millennium parade×Belle「U」(MARGT)

最優秀洋楽コラボレーションビデオ賞
【Best Collaboration Video -International-】
COLDPLAY X BTS「My Universe」(Dave Meyers)

最優秀ロックビデオ賞
【Best Rock Video】
緑黄色社会「LITMUS」(林響太朗)

最優秀オルタナティブビデオ賞
【Best Alternative Video】
ずっと真夜中でいいのに。「暗く黒く」(はなぶし)

最優秀ポップビデオ賞
【Best Pop Video】
milet「Ordinary days」(黒柳勝喜)

最優秀ヒップホップビデオ賞
【Best Hip Hop Video】
SKY-HI「To The First」(Creative Collective FATIMA)

最優秀ラテンビデオ賞
【Best Latin Video】
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「HEATWAVE」(久保茂昭)

最優秀ダンスビデオ賞
【Best Dance Video】
JO1「REAL」(新宮良平)

最優秀アートディレクションビデオ賞
【Best Art Direction Video】
日向坂46「ってか」(新宮良平)

最優秀視覚効果賞
【Best Visual Effects】
Vaundy「しわあわせ」(児玉裕一)

最優秀撮影賞
【Best Cinematography】
アイナ・ジ・エンド「金木犀」(林響太朗)

最優秀振付け賞
【Best Choreography】
三浦大知「Backwards」(須永秀明)

■特別賞

最優秀アーティスト賞
【Artist of the Year】
YOASOB

最優秀楽曲賞
【Song of the Year】
優里「ドライフラワー」

最優秀アルバム賞
【Album of the Year】
Official髭男dism「Editorial」

MTV・ポップ・ザ・ワールド・アワード
【MTV Pop the World Award】
乃木坂46

ベスト・バズ・アワード
【Best Buzz Award】
NiziU

ライジング・スター・アワード
【Rising Star Award】
BE:FIRST

MTV・ブレイクスルー・ソング
【MTV Breakthrough Song】
Ado「うっせぇわ」

デイジー・ベル・アワード
【Daisy Bell Award】
※後日に発表予定

※2020年10月1日~2021年9月30日に発表された洋楽/邦楽全楽曲のMVを対象に選出。
※ビデオタイトルのあとの()内はディレクター名。
※各賞のカテゴリ定義については、参考資料をご確認ください。

次ページ

  • 1