©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会

©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会

飯窪春菜、菅原りこ、出演舞台<一瞬の風になれ>開幕! 【コメントあり】

飯窪春菜、菅原りこが出演する舞台<一瞬の風になれ>が、10月20日(水)にかめありリリオホールにて開幕した。

舞台<一瞬の風になれ>(2021年10月20日/かめありリリオホール)

陸上競技にかける高校生たちの物語を描く同作は、2007年に『本屋大賞』を受賞した佐藤多佳子の長編小説『一瞬の風になれ』(講談社刊)を舞台化したもの。

作・演出は、<少女ヨルハ>、<舞台ヨルハ1.3a>、<音楽劇ヨルハ>、<キューティハニー>シリーズなど幅広いジャンルを手掛ける松多壱岱が務める。

キャストには、主演・神山新二役に富本惣昭、一ノ瀬蓮役に織部典成をはじめ、谷口若菜役には飯窪春菜、鳥沢圭子役に菅原りこ、根本康行役に志村玲於(SUPER★DRAGON)らが集結。加えて、大塚先生役は宮本大誠、父親役は野村宏伸が担当した。

また、仙波一也役として出演する山内圭輔は、陸上男子200m元日本記録保持者で1988年にソウル五輪代表だった往年の名スプリンター・山内健次の長男。今回、同作の所作指導には、そんな父・山内健次が参加している。

本格的な陸上の所作を取り入れ、舞台セットの床面に傾斜がある通称“八百屋”スタイルのステージでは、役者の走りが本物の陸上競技を彷彿とさせる演出が見どころに。

なお、東京公演は10月20日(水)〜10月25日(月)にかめありリリオホールにて、原作の舞台となっている相模原公演は11月1日(月)、2日(火)に杜のホールはしもとにて上演。詳細は、公演公式サイトにて。

©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会
ツイート
©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会
©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会
ツイート
©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会
©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会
ツイート
©佐藤多佳子・講談社/舞台「一瞬の風になれ」製作委員会

コメント

神谷新二役/富本惣昭:
まずはじめに、ここまで来れたことをとても嬉しく思います。今までたくさん悩み、考えて、みんなでたくさんの意見交換などをしてきました。キャスト、スタッフのみなさんをはじめ、数多くの方々に支えられて、今の自分は立つことができています。そして、それを実感することの多かった現場でした。決して1人では立てない場所。みんなでバトンを繋いでいきます! 舞台<一瞬の風になれ>お楽しみに!

一ノ瀬連役/織部典成:
ようやくこの日を迎えることができました。最初はバラバラだった春高も今では一丸となってたくましいチームになりました。最高のチームで大好きなカンパニーです。後は全員でバトンを繋いでゴールテープに向かって、走り抜けるだけです! 今回の見どころは個性豊なキャラクターたち。そして心に刺さる名台詞があちこちに散りばめられています。さぁみなさん、僕たちの青春を楽しんでください!

谷口若菜役/飯窪春菜:
谷口若菜役を演じます、飯窪春菜です。初めて触れた陸上競技と、青春の高校生活に私自身日々、たくさんのときめきをもらっています。スポーツとは縁がなかった私ですが、陸上練習と稽古を経て、この座組みの団結力がスポーツをする時の一体感と重なって、もしも運動部に入っていたらの世界線を体験できている感覚です。このときめきを劇場に足を運んでくださったみなさまにお届けできたらと思います!

鳥沢圭子役/菅原りこ:
この作品はまさに青春! 自分が学生時代には経験できなかった青春を、今ここで存分に経験させていただいている感じです。まるで学生時代にタイムスリップしているかのような感覚になることも……。そんな感覚をぜひ、みなさんにも感じていただけたらと思います。そして劇場でみなさんと一緒に、爽やかで熱い青春を感じられたらと思います。

根岸康行役/志村玲於(SUPER★DRAGON):
中学1年生から芸能活動をやり始めて、部活に対して青春というものをほかの子よりもあまり感じることができなかったので、失った青春を取り戻したかと思えるくらい最高の作品になったと自負しています。このメンバーで無事初日を迎えれること、お越しくださるみなさまに感謝して千秋楽まで駆け抜けていきたいです!

仙波一也役/山内圭輔:
楽しさも悲しみも傷みも喜びも全部詰まっている作品になってます。今思い返すと、この原作を僕は高校の時に読んでいて、正直とても泣きまくってました。大好きな小説の1つが舞台化になり、出演することができ、改めて素敵な作品だなと思いました! 千穐楽まで全力で駆け抜けてゴールテープが切れたらなと思います。

大塚先生役/宮本大誠:
楽しくて、苦しくて、泣いて、笑って、そして恋をして。まさにド直球の青春ストーリー。部活のような稽古を重ねて、先生も生徒たちも役を超えた信頼関係で演じることができていると思います。才能溢れる若い俳優たちが集まりました。先生役の私も全力でぶつかります。みんなライバルで、みんな仲間。いいチームです。幕が上がり、若きスプリンターたちがグランドを駆け抜ける時、客席にもきっと、爽やかな一瞬の風が届くはずです!

神谷父役/野村宏伸:
今回の題材である、陸上を通じて、人の関係もバトンで繋がっている所ところがあるんだと改めて思いました。青春っていいな、友達っていいな、家族っていいな、生きてるっていいな……。来てくださったお客さまに何かを感じてもらえる舞台にしたいと、この舞台に関わってるメンバー全員で千秋楽まで頑張りたいと思います!

次ページ

  • 1