超ときめき♡宣伝部、SILENT SIREN提供曲に見るアイドル純度の高さとエモさの応酬|「偶像音楽 斯斯然然」第67回

超ときめき♡宣伝部、SILENT SIREN提供曲に見るアイドル純度の高さとエモさの応酬|「偶像音楽 斯斯然然」第67回

超ときめき♡宣伝部、SILENT SIREN提供曲に見るアイドル純度の高さとエモさの応酬|「偶像音楽 斯斯然然」第67回

王道アイドルポップスを放つ快作『すきすきすきすきすきすきっ!』を9月29日にリリースした超ときめき♡宣伝部。今回は、超ときめき♡宣伝部のアイドル性やグループとしての強さを紐解きながら、同作収録「ラヴなのっ♡」の作詞をSILENT SIRENのすぅ、作曲をSILENT SIRENのサウンドプロデューサー、クボナオキが手がけていることから、サイサイとアイドルの親和性について冬将軍が独自の視点で綴る。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

超ときめき♡宣伝部が9月29日にリリースしたミニアルバム『すきすきすきすきすきすきっ!』は形骸化しつつあるアイドルポップス市場に一石を投じる強作である。ポップでキャッチーに、正攻法でこれでもかというほどアイドルポップを攻めたててくる。それはダンスボーカルやロックアイドル、はたまた変化球を狙ったりと、多様化するアイドルシーンに、改めて“アイドルとは?”を投げかけるアンチテーゼのようだ。

超ときめき♡宣伝部「すきっ!〜超ver〜」Live Edit ver

TikTokでの「すきっ!」人気を筆頭にキャッチーでポップな楽曲が揃い踏み。

超ときめき♡宣伝部は、これまで松隈ケンタ(SCRAMBLES)であったり、前作『ときめきがすべて』での、谷口鮪(KANA-BOON)、オメでたい頭でなにより、ヨシダタクミ(saji)……といったバンドマン作家陣による、ロックファンの琴線に触れてくる楽曲を多く発表してきた。しかしここに来て、現体制での「すきっ!〜超ver〜」「むてきのうた〜2021ver〜」という過去曲のリメイクを筆頭に、アイドルらしいキャッチー性とキュートさへ振り切ってきたのが本作である。

ハネたリズムに合わせてキラキラオーラを振りまく「愛Song!」、ゆったりとしたメロディを丁寧になぞる可憐な少女性の歌い出しから、どこか大人への成長を感じさせるBメロ、サビでは普遍的なアイドルポップスへと変貌する「ジャンケンポン」、エレクトロなサウンドとリズミカルな楽曲展開が目まぐるしい「超ステップアップ」など、アイドル純度の高い楽曲の畳みかけである。

“王道アイドルとは?”“正統派アイドルとは?”……正直それがよくわからなくなってきている昨今、『すきすきすきすきすきすきっ!』を聴けば、その1つの答えが見つかるかもしれない。

超ときめき♡宣伝部『すきすきすきすきすきすきっ!』

……などと、偉そうに書いたものの、私自身がTikTok新規とでもいうか、超ときめき♡宣伝部をきちんと掘り下げて聴きはじめたのは比較的最近であるわけだが……その魅力を書き綴ってみたい。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 超ときめき♡宣伝部、SILENT SIREN提供曲に見るアイドル純度の高さとエモさの応酬|「偶像音楽 斯斯然然」第67回