©AbemaTV,Inc.

©AbemaTV,Inc.

鈴木愛理、暴言を飛ばす千鳥ノブに笑顔で反撃⁉ ABEMA『チャンスの時間』出演

鈴木愛理が、10月3日(日)23:00より放送されたABEMA SPECIALチャンネル『チャンスの時間』#152に出演した。

ABEMA SPECIALチャンネル『チャンスの時間』#152

今回の放送では、歌手/女優として活躍する鈴木愛理をスタジオゲストに迎え、芸人が刑務所や少年院などで漫才やコントなどのネタを披露する慰問において、“最もウケるネタ”を決める企画「第2回 慰問ネタグランプリ!」を実施。

審査員は、大悟とともに“慰問経験者”であるドランクドラゴンの塚地武雅、鈴木拓、同番組に初登場した友近が務めた。4人の審査員がそれぞれ持ち点10点満点で採点し、最も点数の高かった芸人が優勝となる。

今回、お笑いコンビ・ウエストランド、Aマッソ、スリムクラブ、お笑い芸人・SAKURAIら4組の芸人が、この日のために用意した“慰問専用のネタ”を披露。

トップバッターを飾ったウエストランドは、刑務所生活の“あるある”を織り交ぜながら、最終的には“人間何度でもやり直せるんです、大事なのは今と未来なんです”などと演説のようにネタを締めくくった。

これに対して、ドランクドラゴンの2人は0点、友近は8点、大悟は9点と早くも評価が分かれることに。0点をつけた塚地は後半の演説部分について、“訴えかけてはいけない”、“感情を揺さぶるのはダメ”と説明し、鈴木拓も“(漫才)後半の1番いいことを言うところが1番ダメ”と加えた。

続いて、“刑務官の特徴”などを歌ったSAKURAIの歌ネタでは、鈴木拓が0点、塚地が5点、友近が8点、大悟が9点という結果に。塚地は“刑務官をイジるのはめっちゃウケる”としながらも、“(歌で)盛り上げすぎてしまうのはNG”とマイナス5点の理由を解説した。

そして、3番手のAマッソは“オール下ネタ”の書き下ろし漫才を披露し、進行役のノブも“これはヒドい(笑)”と思わず漏らす場面も。そんなAマッソの漫才には鈴木が10点、塚地が7点、友近が1点、大悟が10点と発表。これまでにない厳しい採点をした友近は“お下品お下劣”とバッサリ。そこで、ノブがAマッソの漫才中に出てきた“とある言葉”をきっかけに険しい顔になったと友近の様子を明かすと、大悟も“急にPTA会長みたいになった”とコメントし、スタジオは爆笑に包まれた。

©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.

そんな中、トリを飾ったスリムクラブの漫才がさらなる波紋に。独特なテンポと世界観でくり広げられたスリムクラブの新作ネタにノブは“衝撃作”、“やっぱりスリムクラブは只者じゃない”と語り、大悟も“本領発揮しましたね”と驚きを見せる。果たして、辛口審査員たちは、どんな評価を下したのか。ここでしか観ることのできない芸人たちの“慰問ネタ”は見どころとなる。

また、同番組の後半では、好感度が上がり続けているノブが、スキャンダルを起こしてどん底に落ちることがないように前もって好感度を下げておく企画「ノブの好感度を下げておこう!」を実施。楽屋挨拶に訪れるゲストたちに対して、大悟の指示を受けたノブが“イヤな奴”を演じて、“好感度落下チャレンジ”を行なう。

第5回を迎えた今回は、ゲスト出演の鈴木愛理が相手役として登場。楽屋挨拶に訪れた鈴木の“ハロー!プロジェクトのOGです”という言葉に対して、“イヤな奴”を演じるノブは“なんだ、後ろ盾なしか”と失礼な発言をしたり、俳優・佐藤健と仲よしアピールをしたりと傍若無人に振る舞う。

鈴木はノブの理不尽な言動にも負けず、終始明るく笑顔で会話を続けていくが、そんな鈴木に対してもノブは“なんや今の喋り方”、“オモロないぞ”などと暴言を飛ばす。

その後、挑戦を終えたノブは“めっちゃいい子やん、愛理ちゃん”、“手応え的に今までで1番よくない”と懺悔。慌てたノブは、“土下座しよう”と席を立ち、“愛理ちゃんのファンの人、すみませんでした。そして、愛理ちゃん、すみませんでした”と謝罪し、今回のチャレンジは幕を閉じた。

なお、この番組の模様は、ABEMAビデオにて配信後7日間、無料で視聴が可能となっている。

©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.
©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.

次ページ

  • 1