BiS×ZOC、スプリットSGリリース&対バンツアー開催決定!

BiS×ZOC、スプリットSGリリース&対バンツアー開催決定!

BiS×ZOC、スプリットSGリリース&対バンツアー開催決定!

BiSとZOCが、11月3日(水・祝)にスプリットシングル「割礼GIRL/BEGGiNG」をリリースし、11月に東名阪Zepp対バンツアー<BiS×ZOC presents We are BZ tour>を開催することが決定した。

こちらは、本日10月4日(月)にタワーレコード渋谷店にて発表されたもの。開店と同時に店内ポスター・店外街頭ビジョンによって事前告知なしに突如解禁された。

また、店舗内の一部フロアでは、同作収録のZOCがカバーしたBiS代表曲「STUPiD」とBiSがカバーしたZOC代表曲「family name」の音源の一部を、店内BGMとして放送。

BiSがカバーをした「family name」は、松隈ケンタ率いるSCRAMBLESがアレンジを担当。疾走感がありながらもエモーショナルなストリングスが響くバンドサウンドになっている。

一方、ZOCがカバーした「STUPiD」は、ヒダカトオル(THE STARBEMS)がおもなアレンジを手がけながら、「DON’T TRUST TEENAGER」と同様にスタジオで、大森靖子率いるバンド『シンガイアズ』のメンバー・ピエール中野(凛として時雨)、えらめぐみ(the MADRAS)、カメダタク(オワリカラ、YOMOYA)と、大森靖子が最終的なアレンジを練り作り上げたものに。

同作には上記2曲のほか、BiSのサウンドプロデューサーを務める松隈ケンタが作曲、渡辺淳之介と松隈ケンタが作詞を共作したZOCが歌唱する「BEGGiNG」と、ZOCのプロデューサー兼メンバーの大森靖子が作詞・作曲、大久保薫がアレンジ、BiSが歌唱する「割礼GIRL」を収録。

お互いのプロデューサーを入れ替えて楽曲を提供し合うという特別なコラボレーションが実現した。

また、WACK所属アーティストの衣装を手がけるSotobayashi KentaがZOCの衣装製作を担当。BiSの衣装は、大森靖子がスタイリングとデザインを考案、製作を高円寺の服屋『はやとちり』のオーナーごっちゃんが行なった。トギーのTシャツは、プリントアーティストJUN ARAYAがプリントしている。

今回のBiSとZOCの共演のきっかけは、今年7月12日にタワーレコード渋谷店にて行なわれた合同リリースイベント。当初、BiSのメジャー2ndシングル「TOUCH ME / LOVE」とZOCのメジャー1stアルバム『PvP』のリリースイベントをそれぞれ開催する予定だったが、同日・同会場にてダブルブッキングが判明し、急遽話し合いが行なわれ合同開催となった。

BiS×ZOC
ツイート
BiS×ZOC

コメント

渡辺淳之介:
大森靖子プロデュースのBiS
そしてWACKプロデュースのZOC
やってみたかったことができて嬉しいです。
ぼくがマネージャーだったらこうするかなっていう
ZOCを表現させてもらいました。
楽しんでもらえたら嬉しいです。

大森靖子:
楽曲も衣装もプロデューサーもぜーんぶ交換! 大真面目に遊ばせていただいております。
「割礼GIRL」ではクロスプロデュースということで、BiSちゃんをもっと可愛く、もっと主体的なパンクガールに大森プロデュースしました。一緒に渡辺淳之介さんを割礼しちゃいましょう♡
「BEGGiNG」松隈さんプロデュース曲を歌わせていただき、勉強になりました。
「STUPiD」はライブハウスで成り上がってきた人間として、バンドでしっかり音を鳴らしてBiS楽曲カバーさせていただきました。
「family name」どんな人生を見せていただけるか楽しみにしています。

ダブルブッキングがきっかけとなり実現された今回のBiSとZOCの共演、どんな新曲なのか、ツアーでは何が行なわれるのか、今後の情報も楽しみにしていよう。

次ページ

  • 1