元欅坂46今泉佑唯、壊れゆく家の中で家族を照らす難役に挑戦!

元欅坂46今泉佑唯、壊れゆく家の中で家族を照らす難役に挑戦!

元欅坂46今泉佑唯、壊れゆく家の中で家族を照らす難役に挑戦!映画『酔うと化け物になる父がつらい』初出演決定

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.03.20

元欅坂46の今泉佑唯が、自身初となる映画『酔うと化け物になる父がつらい』に出演することを発表した。

本作は、秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され、反響を呼んだ家族崩壊ノンフィクション『酔うと化け物になる父がつらい』(菊池真理子著)を映画化するもの。

原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく。毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラストに“涙が止まらない”と話題になった。

今泉佑唯は、松本穂香演じる主人公田所サキの妹・田所フミ役を演じた。初めて映画撮影を乗り越え“ほっとしている”という今泉。現場では、姉役の松本穂香にアドバイスをもらっていたと明かし、“本当のお姉ちゃんのような存在”だったという。

今泉演じる田所フミは、酔うと化け物になる父、新興宗教の母という両親のもとで育ち、壊れゆく“家”の中でも笑顔を絶やさず、家族を明るく照らし続ける役柄。母・田所サエコが起こす“ある事件”に直面し、そして酔っ払った父の奇行を前にしても、動揺する姉を明るく支え続ける姉思いの人物。そんな彼女は、自身の快活さと利発さで周囲からも人気を集める。

今泉も映画初出演での大役ながら、持ち前の明るさと利発さでもって体当たりで挑み、見事に“ハマり役”となった。