©テレビ朝日/AbemaTV, Inc./MMJ

©テレビ朝日/AbemaTV, Inc./MMJ

西野七瀬 主演ホラードラマ『言霊荘』、ABEMAオリジナルドラマを発表「本編よりも怖さが増しているなと思いました」制作発表生配信イベントにて

西野七瀬が、9月29日(水)に自身が主演を務めるテレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』の制作発表生配信イベントに出演した。西野のほか、ドラマ出演者の永山絢斗、堀田真由、三吉彩花、森田望智、石井杏奈、中村ゆりか、斉藤由貴が登場。本記事では、同イベントのオフィシャルレポートをお届けする。

同作は、女性限定マンション『レディスコート葉鳥』の住人たちが放った言葉が現実となり、“言霊”という“人ならざる者”に住人女性たちが翻弄されていくというスリリングなホラードラマ。

この日はそれぞれの役柄紹介が行なわれた後、まずMCから、“ホラードラマですが、みなさん怖いのは大丈夫ですか?”と質問されると、ホラーが好きと答えた西野は、“今回、お話をいただき嬉しかったです。母がホラー好きで、小さい時から見せられ、本当はトラウマだったのですが(笑)、大人になればなるほど好きになってきて。今回お話しいただき、全然やりたい!と思いました。ホラー好きな母のドラマを見た感想も楽しみです”と回答。

同じくホラーが好きと答えた三吉は“ホラーがすごく好きです。普段からホラー作品に携わることが多いのですが、現場は怖いからこそ、和気あいあいで楽しいです”と答えた。また、言霊荘の撮影現場の雰囲気を尋ねられると、“意外と現場で全員集合するシーンはまだないのですが、<TGC>で集まったタイミングからあだ名で呼び合うようになり、そこから一気に会話が弾んでよく現場で喋るようになりました”と語り、それぞれあだ名は、西野は“なーちゃん”、内田は“だーりお”、堀田は“ほったちゃん”、三吉は“みよしちゃん”、森田は“みさとちゃん”、石井は“あんちゃん”、中村は“ゆりかちゃん”で呼び合っていることを明かした。

一方、ホラーが嫌いと話す中村は、“ホラーは極めて苦手ですね……。子供の頃は、リビングからホラーの音聞こえると出られなかったくらいです。メイクさんに、怖がりを克服するには、「からくりがある」ことを考えると怖くなくなるよ、と言われ、考えてみようかなと思っています”と克服方法をトーク。

記者からの質問コーナーでは、“今回は「言霊」という「言葉」がテーマになっていますが、みなさんがよく口にする言葉を教えてください”と質問されると、堀田は“「お腹が空いた」はよく言っちゃいます。ホラーなので、エネルギーを使うシーンも多いのですが、たまにお腹が鳴ってしまってNGが出ることも……(笑)”とおちゃめなエピソードを披露。

続いて、森田は“口癖はないと思うのですが、旅行に全然行けていないので、自然豊かなどこかへ行きたいなと思っています”と話し、石井は“「大丈夫」ってよく言っている気がします。気休めではないけど、緊張した時に自分の気持ちを楽にできるように言っています”と回答した。

最後に、“言霊の力を信じて、今年のうちに成し遂げたいことを教えてください”と質問されると、永山は“まだ初段ですが、将棋の昇段”と答え、斉藤は“断捨離ですかね……。ずっと言い続けて、なかなか進まないので、少しでも進めたいです。まずは、本と、洋服から始めたいです”とそれぞれ成し遂げたいことを打ち明けた。

終始和やかな雰囲気にて行なわれた制作発表の終盤では、本編と連動したABEMAオリジナルドラマを発表。地上波では放送できなかった“本当の恐怖”を描くオリジナルストーリー『ある視点~もう一つの言霊荘~』をABEMAにて独占配信することをアナウンスした。

西野はMCから、“本編のエピソードとはどう違いますか?”と聞かれると、“本編のシーンとシーンの間に何をしていたか?が描かれていて、このドラマを見ることで本編がより楽しめる作品だと思います。台本を読んで、本編よりも怖さが増しているなと思いました。ホラー的怖さ、色々な怖さが詰まっていて面白かったです。怖さ「増し増し」で楽しみたい人はおすすめです”と回答。オリジナルドラマは、本編とは別視点で描かれ、『言霊荘』のエピソードとエピソードの間をつなぎながら「レディスコート」の住人に毎回フォーカスが当てられる。

生配信を見ていた視聴者からは“怖そう……だけどなぜか面白そう……!”、“楽しみ!”など、期待の声が次々と寄せられていた。

©テレビ朝日/AbemaTV, Inc./MMJ
ツイート
©テレビ朝日/AbemaTV, Inc./MMJ

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 西野七瀬 主演ホラードラマ『言霊荘』、ABEMAオリジナルドラマを発表「本編よりも怖さが増しているなと思いました」制作発表生配信イベントにて