渚カオリ(純情のアフィリア)[インタビュー]「1公演1公演、魂をぶち込みます!」ワンマンツアーへの想いを語る

渚カオリ(純情のアフィリア)[インタビュー]「1公演1公演、魂をぶち込みます!」ワンマンツアーへの想いを語る

渚カオリ(純情のアフィリア)[インタビュー]「1公演1公演、魂をぶち込みます!」ワンマンツアーへの想いを語る

純情のアフィリアが、9月4日(土)の仙台Rensa公演よりワンマンツアー<魔法陣と水の妖精 〜Magic Circle and Siren of Water fairy〜>をスタートさせた。今回、9月25日(土)に同ツアーの日本橋三井ホール公演を控えたメンバーインタビューが到着。本記事では、渚カオリがツアーに対する想いなどを語ったインタビューをお届けしよう。

――今回のツアーへの意気込みを教えてください。

渚カオリ:
今の8人で回る2度目のツアーです! 入学や卒業をくり返して長年続いているグループですが、私が加入(2015年〜)してからメンバーが変わらずにツアーを2回できるのって初めてなんです(笑)。小さいことかもしれないけど、私の中ではそこがけっこう大きくて。だって確実に前回のツアーよりはパフォーマンスもメンバーの絆もライブにかける想いもパワーアップしているわけじゃないですか!? いいものを作りたいがために、スタッフ陣とぶつかり合う時もあるのですが、それだけみんな本気なんだなあって ちょっと嬉しく思う時もあります。全員が本気のワンマンライブツアーです! 燃えてます!

――9月7日(土)に仙台Rensaで開催したツアー初日を終えての感想をお願いします。

渚カオリ:
正直始まる前は、ツアー初日の仙台公演迎えられないかも……って不安な気持ちがとても大きかったです。セットリストなども急遽変更したり、急遽覚えなきゃいけないこともあったり、別イベントの結果発表が会場到着直前にあったり……リーダーとしてしっかりしなきゃいけない立場なのですが、気が動転してしまって……もちろんステージで出すわけにはいかないので、本番までにちゃんと整えましたが、その裏で同期と後輩たちにたくさん支えてもらった1日でした。何とか建て直してステージに立ったら“不安なんてどっか行った!”って思っていたけど、夜公演終わったあとの安心感はすごかったです(笑)。ちなみにこの日のMVPはアミナ!

――ファンへのひと言をお願いします。

渚カオリ:
毎度言っていることなのですが、こうしてツアーを連続して開催できるのも応援してくださるみなさんのおかげなので、ステージでその恩返しができたらなって思っています。“応援していてよかった! 楽しかった! 今日も推しは可愛かった!”そう思って1日が終えられるよう、ライブ1公演1公演、魂をぶち込みます! なかなか足を運びづらいかもしれませんが、会場に来てくれた先輩(純情のアフィリアのファンの総称)に絶対後悔なんてさせないし、どうしても行けないという方には毎公演配信チケットもご用意しているので、純情のアフィリアのライブぜひぜひぜひ!観てほしいです! メンバー一同お待ちしております!

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 渚カオリ(純情のアフィリア)[インタビュー]「1公演1公演、魂をぶち込みます!」ワンマンツアーへの想いを語る