ⓒSTU

ⓒSTU

STU48[ライブレポート]グループの新たなる道を示した広島の夜

STU48が、9月12日(日)に広島県・サンプラザホールにて<STU48 2期研究生 夏の瀬戶内ツアー〜昇格への道・決戦は日曜日〜>、<STU48 2021夏ツアー打ち上げ?祭(仮)>の2公演を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

STU48/サンプラザホール(2021年9月12日)

<STU48 2期研究生 夏の瀬戶内ツアー〜昇格への道・決戦は日曜日〜>

ライブ冒頭は、「夢力」「無謀な夢は覚めることがない」「水夫は嵐に夢を見る」「夢を死なせるわけにはいかない」「夢は逃げない」を全員でパフォーマンス。ツアー最終日に合わせた昇格から夢へ繋ぐといった意味を込めて新しいセットリストで5曲続けて披露した。

自己紹介ではツアー最終日に対するそれぞれの想いをひと言ずつ言葉にし、ユニット曲「好きになれただけで幸せだ」「片思いの入り口」「誰かがいつか好きだと言ってくれる日まで」「誰かといたい」「あの日から僕は変わった」と5曲連続で投下。

ツアーでの想い出の話になると、ご当地グルメが食べられたことや楽屋の差し入れが豪華だったなど、食べ物の話で盛り上がった。

続いて「大声ダイヤモンド」「言い訳Maybe」「少女たちよ」「手をつなぎながら」「孤独なランナー」を歌唱し、MCを挟んで、「暗闇」「原点」「思い出せる恋をしよう」へ。

司会の中島尚樹が登壇し、いよいよ昇格のジャッジに。中島が発表を焦らすと不安な様子を隠せないメンバーたち。

“今回はチケット販売最終枚数が2,000枚を超えていれば昇格。チケットセンター1,899枚、プレイガイド174枚、合計で2,073枚ということで2期研究生全員正規メンバーに昇格です! おめでとうございます”と昇格決定を発表。客席からは“昇格おめでとう”の文字が入ったフライヤーが掲げられ、嬉しくて泣き崩れるメンバーも。ファンから贈られた昇格祈願のダルマに、工藤理子が代表して墨を入れた。

そのダルマ&ファンと一緒に記念撮影し、「僕らの春夏秋冬」で本編は終了。

観客の手拍子でアンコールが始まり、「出航」「スクラップ&ビルド」をパフォーマンスすると、田中美帆が“2期生だけでこんな大きな会場でコンサートさせていただき本当に嬉しかったです。これからもどんどんパワーアップしていけるよう頑張ります”と述べて、「ペダルと車輪と来た道と」で、これからへの意欲を見せてライブの幕を下ろした。

グループ加入直後にコロナ禍に見舞われ、思い描いた活動ができない中でも、この約2年間地道に積み上げてきた努力の成果が結実した、ファンも納得の昇格に値するステージとなった。

なお、2期生の正規メンバーとしての活動は10月1日からとなる。

次ページ

  • 1