FES☆TIVE[ライブレポート]結成以来最大規模ワンマンで夏を締め括る! 「僕らはどこかで通じ合っていると思っています」

FES☆TIVE[ライブレポート]結成以来最大規模ワンマンで夏を締め括る! 「僕らはどこかで通じ合っていると思っています」

FES☆TIVE[ライブレポート]結成以来最大規模ワンマンで夏を締め括る! 「僕らはどこかで通じ合っていると思っています」

FES☆TIVEが、9月5日(日)にZepp Haneda (TOKYO)にて<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>を開催した。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

撮影:@NEW169/ポテムラヤマ

<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>

同公演は、FES☆TIVEにとって結成以来ワンマンライブとしては過去最大のキャパに。空の玄関口となる羽田空港に最も近しいこのZepp Haneda (TOKYO)は、時が時であれば、海外での活動を活性化していたFES☆TIVEにとっても、非常に意味のある街である。大きくさま変わりしてしまったことも、困難も乗り越え、FES☆TIVEは2021年夏、Zeppに辿り着いた。お祭り系アイドルとして、特別な夏の締め括りとしてFES☆TIVEはステージに向かう。

公演を前に、土光瑠璃子は“過去最大のワンマンライブ、過去イチで盛り上げます!”と満面の笑みでコメントし、髙木ゆりあは“今日を迎えるにあたって、私もみんなもさまざまな努力をしてきました。これがFES☆TIVEだ!と胸を張れるステージにしたいです”と語った。

ステージセットを見て、驚いた観客もたくさんいたであろう。能舞台の鏡板のような大きな松の前に大鳥居。そして、提灯。ふんだんに“和“をイメージした世界感はまさに“from JAPAN”を発信していたFES☆TIVEのイメージにぴったりだ。FES☆TIVEメンバー、スタッフ、そして当日集まった観客ともに、この日が特別な日となることを予感させる。

オープニングSEが流れメンバーが1人ずつポップアップで登場。ステージ上に揃うと、「オトメ、ケセラセラ」からスタート。まばゆい照明の中、FES☆TIVEはギアを入れた。立体的で大きなステージを、笑顔で縦横無尽に移動しながら、さまざまなフォーメーションで踊り、歌う。

FES☆TIVEは会場のヴォルテージを上げながら「ホムラノシズク」や「ゆらゆらゆらり恋心」を披露。新旧の曲を織り交ぜたセットリストは楽しく、激しく、カッコよく、彼女たちの魅力を華やかに醸し出した。

<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>(Zepp Haneda (TOKYO)/2021年9月5日)
ツイート
<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>(Zepp Haneda (TOKYO)/2021年9月5日)

もちろん感染予防対策を講じ、ガイドラインに添った開催となる公演である以上、さまざまな規制が伴うが、観衆も自分のできる範囲の表現方法でレスポンスを送る。声は出せずとも、観衆の熱量はFES☆TIVEメンバーに伝わり、さらにパフォーマンスに磨きが掛かっていく。

代表曲である「OIDEMASE!!〜極楽〜 2021」を皮切りに、終盤戦がスタート。「人類!WE ARE ONENESS!」では屈しない決意を歌い、メンバー1人ひとりが今夜のライブへの感謝を述べる。竹内さりあは、“なかなかキャパを広げることができず、悔しい想いをした時もありましたが、今日のこの会場でのワンマンライブを迎えられて嬉しかった”と伝えた。

応援歌としても人気の高い「しゃかりきトップランナー!」、ライブでの重要曲「大和撫子サンライズ」、「シダレヤナギ 2021」と続き、会場を最高潮に熱狂させ、本編を終了。

<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>(Zepp Haneda (TOKYO)/2021年9月5日)
ツイート
<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>(Zepp Haneda (TOKYO)/2021年9月5日)

アンコールでは「Landmark」、「トーキョードリームパレード」をパフォーマンスし、青葉ひなりが“人と人とが距離を取らなければいけない時ですが、僕らはどこかで通じ合っていると思っています”とのメッセージを伝え「ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!」を披露。歌詞にもリンクする“世界にハピネスを届けたい”というメッセージは、会場に足を運べた観客にも、配信ライブを観覧していた世界中のファンにも届いたであろう。大団円で公演は幕を閉じた。

公演を終え、南茉莉花は“緊張も心配もありましたが、本当に楽しかったです。終わってしまって、ちょっと寂しいかも”と語り、八木ひなたは“人生で1番の緊張でしたが、みなさんの声援がパワーになりました。これからもっともっと上を目指します。FES☆TIVEをよろしくお願いします”とコメントした。

<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>(Zepp Haneda (TOKYO)/2021年9月5日)
ツイート
<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>(Zepp Haneda (TOKYO)/2021年9月5日)

<FES☆TIVEワンマンライブ -THE FES☆TIVE SUMMER 2021- ~日本の夏、FES☆TIVEと、夏~>

日程:2021年9月5日(日)
会場:Zepp Haneda (TOKYO)

1.SE~オトメ、ケセラセラ
2.ダ・パンデミック
3.夏色とりどリボン
4.心拍白昼夢〜シンパクデイドリーム〜
5.大江戸爆裂花火姫
6.ホムラノシズク
7.薄紅恋歌
8.ゆらゆらゆらり恋心
9.バナナナナ不思議
10.カマキリさんVSひつじさん
11.ディスコ列島浮世の夢
12.ゴートゥーフェス☆
13.マジカルパレード 2021
14.サカサマサマー 
15.OIDEMASE!!〜極楽〜 2021
16.人類!WE ARE ONENESS!
17.Fireworks
18.Unknown Wars
19.しゃかりきトップランナー!
20.大和撫子サンライズ 
21.シダレヤナギ 2021

アンコール
22.Landmark
23.トーキョードリームパレード
24.ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!

FES☆TIVE全国ツアー<日本全国奇天烈物語2021>
11月4日(木)東京 TSUTAYA O-EAST
11月7日(日)沖縄 桜坂セントラル
11月13日(土)宮城 space Zero
11月14日(日)北海道 SUSUKINO810
11月28日(日)大阪 LIVE HOUSE バナナホール
12月4日(土)埼玉 HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
12月5日(日)岐阜 club-G
12月11日(土)大分 大分音楽館
12月12日(日)福岡 FUKUOKA BEAT STATION
12月19日(日)千葉 柏PALOOZA
12月25日(土)岡山 LIVEHOUSE image
12月26日(日)広島 HIROSHIMA CAVE-BE
※ほか神奈川公演調整中

  • トップページ
  • レポート
  • FES☆TIVE[ライブレポート]結成以来最大規模ワンマンで夏を締め括る! 「僕らはどこかで通じ合っていると思っています」