MM[インタビュー前編]男の娘2人が全身全霊で開いたアイドルの扉「“今、人生で1番生きてる!”って思うくらいめっちゃ濃い時間」

MM[インタビュー前編]男の娘2人が全身全霊で開いたアイドルの扉「“今、人生で1番生きてる!”って思うくらいめっちゃ濃い時間」

MM[インタビュー前編]男の娘2人が全身全霊で開いたアイドルの扉「“今、人生で1番生きてる!”って思うくらいめっちゃ濃い時間」MM「イロトリドリノヒビ」リリースインタビュー

ぎんしゃむとぷうたんの男の娘アイドルユニット、MM(メイメイ)。SNSの総フォロワー数が80万人を超えるインフルエンサーである2人は、YouTube動画でアイドルとして活動していくことを宣言すると、ゼロから自分たちの道を切り拓いていき、2020年10月18日にSHIBUYA O-EASTでのワンマンライブでステージデビューを実現。そして、2021年9月7日にデビューシングル「イロトリドリノヒビ」をリリースする。ぎんしゃむとぷうたんは、これまでどのような人生を歩むことで、アイドルという夢を叶えることができたのか。また、今、どのような想いを持ってアイドル活動に臨んでいるのか。今回、全2回にわたるインタビューを実施。前編では、2人の馴れ初めやアイドルとして憧れている存在、ユニット結成からデビューステージまでの歩みなどについて話を聞いた。

撮影:河邉有実莉
編集協力:村田誠二

うちらだったら絶対売れるからってバリ押ししました(ぎんしゃむ)

──まずは、2人が一緒に活動するようになったきっかけから教えてください。

ぎんしゃむ:
きっかけは、まずSNSで知り合って一方的に自分がフォローして、そこから相互フォローになって、4~5年前、中学生くらいの時に“1回、遊ぶ?”ってなって会ったんですけど、最初は性格が合わないな、みたいな感じになって(笑)。しかもお互いの住んでるところも遠かったし。

ぷうたん:
静岡と大阪だったんです。

ぎんしゃむ:
それでもう疎遠、みたいな(笑)。連絡も取らなくなって。

ぷうたん:
会う前までは夜けっこう毎日電話したりとかしてて……それも1年くらい続いてて、やっと会ったら“え、なんか違う!”って(笑)。で、1回連絡を取らなくなって、ちょっと経ってお互い上京してから何かのきっかけで連絡を取り合って“また久しぶりに遊ぼう”って会ったら、お互い反抗期とか終わってて。

ぎんしゃむ:
トガッてたのが丸くなって。

ぷうたん:
笑いのツボとかも同じで、そこから“けっこうオモロいじゃん”ってなったんです。

ぎんしゃむ:
で、自分はずっとアイドルしたかったんで、ぷうたんに“アイドルしようよ”って言って、それがきっかけだよね。

ぷうたん:
ちょうど高3の時だから2年前だよね。まわりの友達がだんだん進路を決め出してて、自分も焦ってもう就職先も決めようって面接とか入れてる状態の時に、ぎんしゃむに“アイドルやりたいから、一緒にプロデューサー探すためにYouTubeやらない?”って言われて。でも、うちは就職する気まんまんだったし、中学生の頃からイベントに出たりインフルエンサーみたいな活動はしてたんですけど、思うようにいかなかったこともあって、“これで終わりにしよう”と思ってたところだったから、すごく迷って。

──就職先はどういう職種で?

ぷうたん:
アパレル系です。

ぎんしゃむ:
そこを押しに押して(笑)。ぷうたんからは“親も、アパレル系の方が安定するって言ってる”みたいなことを言われたんですけど、自分はアイドルしたかったし、ほかにいないんですよ、これくらい可愛い男の娘は。

ぷうたん:
ふふ、恥ずかしい(笑)。

ぎんしゃむ:
これはもう手放せないと思って、“絶対、大丈夫だよ! うちらだったら絶対売れるから”ってバリ押しして(笑)。

ぷうたん:
うちもアイドルがずっと好きで、自分を表現することがずっと好きだったから、“このまま諦めてしまったら、死ぬ時に絶対後悔する”と思って、やるなら本気でやろうってことで、そこから始まりました。

──2人ともアイドルをやりたいという強い願望があったみたいですが、それはなぜですか?

ぎんしゃむ:
ほかの仕事に活かせるような取り柄がまったくないというか、可愛い以外に取り柄が見つからなくて(笑)……そんな、1,000年に1人の可愛い逸材ってわけではないですけど、ちょっと可愛いくらいしか取り柄がなくて、でもちょっと可愛いと、可愛いって言われるじゃないですか。だからそれが向いてるのかなって自分で勝手に思い、アイドルに憧れもあって、“自分、可愛いしアイドルになるか!”っていうテンションです(笑)。

──アイドルのどんなところに憧れていたんですか?

ぎんしゃむ:
ちやほやされるし(笑)、ブリッ子ってけっこう世間には否定されてしまいがちですけど、アイドルだとそれは大前提みたいに許されるから、“アイドルだから”っていうテンションに憧れてました。

──具体的に好きなアイドルはいましたか?

ぎんしゃむ:
NMBさんはすごく好きでした。面白いし、ステージはキラキラ、可愛いっていうのが憧れで、そうなりたいなって思ってました。

──特に誰が好きでしたか?

ぎんしゃむ:
けっこう昔からさや姉(山本彩)が好きでした。今は、指原莉乃さんが、総選挙で1位になってから注目され始めて、テレビでよく観るようになって好きになりました。

ぷうたん:
うちは、小さい頃からAKBさんをよく観てて、それで可愛い女の子が好きになって、小5くらいの時にきゃりーぱみゅぱみゅちゃんの「ファッションモンスター」のMVを観て、当時は思春期とかもあって1番自分と葛藤してた時期でもあったから、こうやって自分の好きなこと、自分が思う可愛いをちゃんと発信して、誰かに認めてもらってるっていうのがすごく素敵だなと思ってました。アイドルっていうか、“きゃりーぱみゅぱみゅちゃんが好き!”って言ってました。今でも変わらず大好きですね。

──原宿カルチャーにも影響を受けましたか?

ぷうたん:
そうですね。中3くらいの時はバリ原宿系でした。

ぎんしゃむ:
ハハハ!!!(笑)

ぷうたん:
厚底履いて、蛍光の水色とかめっちゃ着て、みたいにきゃりーちゃんにめちゃめちゃ影響されてました。でも原宿系ファッションをしてから自分自身をちゃんと表現できるようになって、自分の“好き”を恥ずかしがらずにできるようになったので、自分の根幹はそこから来てるような気がします。ちょっと成長して、ちゃんと女の子になりたいって自分自身を認めて、自分のやりたいようにやるっていうのも全部そこからなので、本当に人生の分岐点を作ってくれた、というか、今の自分を構成してくれたのがきゃりーちゃんでした。

ぎんしゃむ:
ホントに影響されてたもんね。

ぷうたん:
きゃりーちゃんがいなかったら、マジで今、自分こうなってるかもわからない。たぶん化粧も始めてない。

ぎんしゃむ:
影響デカっ!

ぷうたん:
ホントにデカい。自分が今まで悩んできた分、ホントに今度は自分がきゃりーちゃんみたいな存在になりたくて……すごく励まされたから。

ぎんしゃむ:
素晴らしい。

ぷうたん:
感動する話なんですけど(笑)。

ぎんしゃむ
ツイート
ぎんしゃむ

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • MM[インタビュー前編]男の娘2人が全身全霊で開いたアイドルの扉「“今、人生で1番生きてる!”って思うくらいめっちゃ濃い時間」