すみれおじさん、初舞台で少年役を熱演!「この経験を活かして、次は好きな作品の2.5次元舞台に挑戦してみたいです」<シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜>にて

すみれおじさん、初舞台で少年役を熱演!「この経験を活かして、次は好きな作品の2.5次元舞台に挑戦してみたいです」<シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜>にて

すみれおじさん、初舞台で少年役を熱演!「この経験を活かして、次は好きな作品の2.5次元舞台に挑戦してみたいです」<シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜>にて

コスプレイヤー・すみれおじさんが、8月4日(水)~8月9日(月・祝)に築地本願寺ブディストホールにて上演された舞台<シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜>に出演した。

すみれおじさん<シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜>

鳳恵弥、塩谷瞬、渡辺裕之などTVドラマでも馴染みの顔ぶれのほか、アニメ『遊戯王5D's』の主人公・不動遊星役を務めたことでも知られる宮下雄也らが集結した同舞台。

“紫花菫(しのはなすみれ)”名義で“誇組”に登場したすみれおじさんは、コスプレイヤー出身かつ舞台未経験でありながらも、物語の主役である鳳と塩谷の2名がそれぞれ演じる“シーボルト兄弟”の少年時代を1人2役でこなした。

同作への出演については、“主演のお2人はもちろん渡辺裕之さんや宮下雄也さんには、すごくお世話になりました。貴重な機会をいただけたことに感謝しています”と笑顔で語った。

また、コスプレキャストとしての立ち回りと舞台演技での異なる側面については、“歴史をテーマにした舞台では時代考証や史実を再現するというよりも、物語の進行や周りに合わせて衣装や演出を調整することが優先なのだとわかりました。限られた時間の中で、演目を進めるための工夫がいろいろとあるというのは新たな発見です。例えば、シーボルト一家を含む外国人役の瞳の色です。タイトルにある<蒼い目>もですが、今回はカラコンで瞳の色は変えていないんです。1人で日本人/外国人と何役も掛け持ちされている方もいらっしゃるので、カラコンの色を都度変えるということは難しかったんだと思います。私も突然、追加で新たな役を任命されたので、すべてに対応するのはかなり骨が折れました。再現を優先させるコスプレする側から見ると意外なところではありましたが、舞台は1人でやるのではなく、全体の調和が大切だとわかったのは大きな収穫でした。この経験を活かして、次は好きな作品の2.5次元舞台に挑戦してみたいです!”と役者としての経験を得て、さらなる意欲を見せていた。

すみれおじさん
ツイート
すみれおじさん
すみれおじさん
ツイート
すみれおじさん

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • すみれおじさん、初舞台で少年役を熱演!「この経験を活かして、次は好きな作品の2.5次元舞台に挑戦してみたいです」<シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜>にて