東京女子流 庄司芽生[インタビュー]“私たちのヒミツ”をテーマにした「ストロベリーフロート」リリースを控え、メンバーの秘話を大胆告白「本当に禁断の話なんで公にするのは恥ずかしいんですけど(笑)」

東京女子流 庄司芽生[インタビュー]“私たちのヒミツ”をテーマにした「ストロベリーフロート」リリースを控え、メンバーの秘話を大胆告白「本当に禁断の話なんで公にするのは恥ずかしいんですけど(笑)」

東京女子流 庄司芽生[インタビュー]“私たちのヒミツ”をテーマにした「ストロベリーフロート」リリースを控え、メンバーの秘話を大胆告白「本当に禁断の話なんで公にするのは恥ずかしいんですけど(笑)」新シングル「ストロベリーフロート」リリースインタビュー

東京女子流が、8月18日(水)にシングル「ストロベリーフロート」をリリースする。“私たちのヒミツ”をテーマにした同作は、“失恋”と“愚痴”を赤裸々に語る女子会トークの世界観を歌詞に昇華した、これまでにない刺激的な作品に仕上がっている。今回、リーダーの庄司芽生に、同作の制作や聴きどころをはじめ、作品テーマにかけて“私だけが知ってるメンバーのヒミツ”について語ってもらった。長い間、メンバーを間近で見てきた庄司だからこそ知り得たメンバーの素顔が明らかに!?

庄司芽生(東京女子流)

編集協力:村田誠二

“聞いちゃいけない話、聞いちゃった……”みたいな感覚に陥る曲になっています

──初めて「ストロベリーフロート」を聴いた時の印象を教えてください。

庄司:
すごく可愛らしい曲だなと思いましたし、爽やかで、それこそ夏にリリースということで、暑い夏でも涼やかに聴いてもらえそうだなと思いました。でも、その爽やかさとは裏腹に歌詞が切なくて、“実らない恋”という、それこそ“ストロベリーフロート”みたいに溶け合わずにグチャグチャな恋愛を歌っているので、そのギャップが絶妙な1曲だなって思いました。

──そのようなギャップのある楽曲のレコーディングでは、どのように気持ちを作るのでしょうか?

庄司:
やっぱり歌詞の内容を1番伝えたいので、自分的にはその切なさが出せたらギャップになるんじゃないかと思ってレコーディングに挑みました。プロデューサーさんからは、曲調に合わせた可愛らしさをもっともっと足して! 味付け濃いめで!みたいな感じで指導が入りまして(笑)。

──では、何度も歌ったんですね。

庄司:
そうですね。今回、自分的には語尾の抜け方を意識しながら、そこで切なさを出しつつ、でも声色は明るめの感じで歌ってみました。

──すごいテクニックですね(笑)。明るさと切なさのバランスを取るのが難しかったんじゃないですか?

庄司:
難しかったですね。でも曲調がポップなので、身体を揺らしてノリながら気持ちよく歌えました。それこそイントロで英語の歌詞がずっと続くんですけど、私より先にレコーディングしていたメンバーの歌に合わせて一緒に歌っていたら、みんなで歌ってる感があって楽しかったです。

──この夏、野外ライブとかで映えそうな曲ね。

庄司:
ありがとうございます! 嬉しい! 今週末のライブ(2021年7月18日開催の<東京女子流 キミニヲクルLIVE * SD-021 ガールズトーク ~わたしたちのヒ・ミ・ツの話♡~>)で初披露になるんですけど、振り付けも加わると、また印象がガラっと変わると思うので、ファンの方の反応が楽しみですね。

──MVはどんな仕上がりになりそうですか? 

庄司:
今回は、この歌詞のストーリーの主人公を(新井)ひとみが演じてくれていて、そのストーリーと並行しながら、メンバーのダンスシーンだったりイメージカットが挿し込まれる構成になってます。歌詞の雰囲気やストーリーはひとみが存分に伝えてくれているので、そこは今回の見どころだと思います。

──MV撮影で印象的なエピソードはありましたか?

庄司:
それこそ本物のストロベリーフロートが、ひとみのソロシーンで出てきたんですけど、ひとみの目が“もう美味しそう~!”って一気にキラキラ輝き出して(笑)。撮影が終わったあと、いただいて食べたって嬉しそうに言ってたので、私たちも“よかったねぇ~”って(笑)。ひとみは食べるのがすごく好きで、特にアイスが好きなので、ピッタリの役でしたね(笑)。

──役得ですね。一方のカップリング曲「ガールズトーク」はシティポップ路線の楽曲になっていますが、聴きどころは?

庄司:
「ストロベリーフロート」は“失恋をテーマにした女子トーク”というイメージなんですけど、「ガールズトーク」は逆に、私たち今まで年上男性との恋愛ソングが多かったんですけど、今回初めて年下の男の子からアプローチされるという視点の曲になっているというのが、まず聴きどころだと思います。しかも、今回のシングル2曲はどちらも“女子会”がテーマになっているので、「ガールズトーク」の方は、ちょっと女子会で語られる愚痴みたいなフレーズをラップ調で表現する部分があったり、メンバー全員で収録したイントロ部分の“ガヤ”は、けっこうリアルな感じになってるので、男性が聴いたらゾクゾクってしちゃうのかなって思います(笑)。逆に女性だと“あー、そういう時あるよね~!”って共感してもらえたり、そういうソワソワ感がたまらない1曲になってます。

──男性、女性、どちらにも“おっ!”と思わせる仕掛けがあるということですね。

庄司:
ホントに“聞いちゃいけない話、聞いちゃった……”みたいな感覚に陥る1曲になってるなと思います。

──実際、メンバーのみんなで女子会をやったりもするんですか?

庄司:
空き時間には、そういう世間話はしたりしますね(笑)。

──けっこう突っ込んだ話もあったり?

庄司:
いや、それが……思い返すと食べ物の話しかしてないなと思って(笑)。“マックの新作、アレだよね?”とか、“そういえば、コンビニにコレ出てたんだけど、めっちゃ美味しかったよ”、“そうなんだ! じゃあ今度食べてみるね”……とか、そういう話が多いですね。

──庄司さんは、ほかのメンバーの好きな食べ物って知ってますか?

庄司:
ひとみはアイスが1番好き(笑)。新作とかにもけっこう詳しいので、コンビニのアイスについて聞くならひとみですね。(山邊)未夢は、めっちゃスラッとして細いんですけど、それこそマック!とか、ピザ!とか焼き肉!っていう感じで(笑)。

──ガッツリ系ですね(笑)。

庄司:
それこそマックの新作は、未夢がいち早く食べてますね。(中江)友梨は和食系が好きで、お家でよくお魚を焼いてたり、“筑前煮作った!”とか言ってますね。で、庄司はカレーが好きです! インド系も好きですし、タイ系のグリーンカレーも好きで、空き時間ができたら1人でもけっこう食べに行っちゃいます。

──最近、気に入ったカレーというと?

庄司:
最近というか、けっこう長い間、私の中でグリーンカレーのブームが来てて、お気に入りのタイ料理屋さんを見つけたので、けっこう通ってますよ(笑)。

──辛いのは平気?

庄司:
辛いのは、得意ってわけじゃないんですけど、グリーンカレーだったら辛くても食べちゃう、みたいなところがありますね(笑)。

東京女子流「ストロベリーフロート
ツイート
東京女子流「ストロベリーフロート

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 東京女子流 庄司芽生[インタビュー]“私たちのヒミツ”をテーマにした「ストロベリーフロート」リリースを控え、メンバーの秘話を大胆告白「本当に禁断の話なんで公にするのは恥ずかしいんですけど(笑)」