日向坂46、デビューカウントダウンライブでの決意表明「どんな色にも染まれるグループになれればと思います」

日向坂46、デビューカウントダウンライブでの決意表明「どんな色にも染まれるグループになれればと思います」

日向坂46、デビューカウントダウンライブでの決意表明「どんな色にも染まれるグループになれればと思います」

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.03.07

日向坂46が、2019年3月5日(火)、6日(水)に横浜アリーナにてデビューカウントダウンライブを開催した。

日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)

欅坂46の後輩グループ、けやき坂46(通称:ひらがなけやき)として活動して来た彼女たちだが、2019年2月11日(月・祝)の動画配信アプリ『SHOWROOM』でのデビューシングル及び本ライブ開催発表中に、スタッフから渡された手紙で“日向坂46”への改名を知り、歓喜する者や涙を浮かべる者など、さまざまな反応を見せたメンバーたち。それぞれの想いを持って迎えた、このデビューカウントダウンライブには2日間で24,000人が来場。このグループがまだデビュー前にもかかわらず驚かされる数字である。

ライブは、馴染みのあるOvertureから「ひらがなけやき」で幕を開けた。けやき坂46時代から応援していたファンにとっては安心の幕開け。「誰よりも高く跳べ!」や「ひらがなで恋したい」など、けやき坂46定番曲で会場を盛り上げた。

ライブ中盤、2018年に発売したアルバム『走り出す瞬間』のリード曲、「期待していない自分」を披露したあとメンバーの加藤史帆が“けやき坂46最後の曲です! 私たちはみなさんに会えて、ここまで頑張って来られて本当に幸せです!”と感謝を口にして、けやき坂46として最後の曲「ハッピーオーラ」をパフォーマンス。最後のサビでは、けやき坂46三期生として新加入した上村ひなのが登場し、けやき坂46から日向坂46へと進化して行くグループを表現するようなドラマティックな演出もあった。

最後にキャプテンの佐々木久美が“けやき坂46ラストライブ楽しんでいただけましたか? 今日でけやき坂46にはお別れを言わなくてはいけないけど、けやき坂46はこれからも私たちの心の中、みなさんの心の中にあると思います。これまで応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました! これからもこのことを胸に日向坂46として頑張ります! 以上私たち! せーの! ひらがなけやき坂46です!”と全員で挨拶。冒頭から11曲目の「ハッピーオーラ」まで、映像も交えて今までのけやき坂46が凝縮された演出に涙するファンがいた。

日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)
日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)
日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)
日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)
日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)
日向坂46<デビューカウントダウンライブ!!>|横浜アリーナ(2019年3月6日)
  • トップページ
  • レポート
  • 日向坂46、デビューカウントダウンライブでの決意表明「どんな色にも染まれるグループになれればと思います」