ナナランド[ライブレポート]笑顔と涙が溢れた3周年記念ライブ「私がナナランドを守るから、みんなもナナランドを守ってほしい」

ナナランド[ライブレポート]笑顔と涙が溢れた3周年記念ライブ「私がナナランドを守るから、みんなもナナランドを守ってほしい」

ナナランド[ライブレポート]笑顔と涙が溢れた3周年記念ライブ「私がナナランドを守るから、みんなもナナランドを守ってほしい」

ナナランドが、7月25日(日)に豊洲PITにてデビュー3周年記念ライブ<ナナランドの日2021 ーWelcome to ナナランド王国ー>を開催した。<ナナランドの日>とは毎年7月に開催しているデビュー記念のワンマンライブ。今回で通算4回目となり、チケットは前日にソールドアウトし、メジャーデビュー4年目を迎える彼女たちを祝うべく多くの観客が詰めかけた。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

定刻を15分ほど過ぎたころに客電が暗転し、リーダーの大場が考案・制作したオープニング演劇を収めたVTRが流れた。ステージ上に設置されたスクリーンに映し出される映像に合わせて、メンバーはステージ袖から朗読劇を展開。7人で手を繋ぎ、不思議な呪文を唱え、魔法使いとなったところで、ナナランド王国のカラフルでポップなお城が立ち並ぶステージに新衣装で登場。「ビビデバビデチュ」で投げキッスをしながら満員のオーディエンスに魔法をかけると、「ゲッチュ」ではジャンプとクラップが沸き上がり、「走れ」ではヘドバンがくり広げられ、「満月に遠吠え」ではファンで一緒に大きな丸を作るなど、冒頭から会場が一体となった盛り上がりを見せた。

お馴染みの自己紹介に続き、怒涛のノンストップコーナーに突入。オーディエンスがタオルをぐるぐると回す中で、大場が“今日ここで燃え尽きて、一緒に死んで、明日生き返りましょう”と呼びかけた「サウスポー」や、SF的なワープシーンを盛り込んだ「ロケットに乗って」、ホラーチックな高笑いや叫び声が響きわたる「ホーカスポーカス」や「いろはにほへdeヴァンパイア」、早着替えを経て、色とりどりのペンライトが振られた「透明な銃」、新体制初披露となったサマーソング「わちゃごなどぅ」など、全11曲を休むことなく一気にパフォーマンス。時にエモく切なく、時に明るく賑やかに歌い踊り、魅力が異なる7色の個性あふれる声を存分に聴かせた。

さらに、ここで、西嶋が“夏フェス向き。ナナランドに今までにないアゲアゲのカッコいい曲になってます”と紹介した新曲「開花宣言!」を初披露。2ステップの振りが取り入れられたロックナンバーで、ボーカル力に定評のある竹内と三好を中心に、観客の心を射るようなシリアスな眼差しでパワフルな歌声を放出。その後のMCで、この曲が10月20日(水)に通算4枚目のシングルとしてリリースされることがアナウンスされた。メンバーにはサプライズでの発表だったが、“嬉しい”“びっくり”“めっちゃ楽しみ”とそれぞれが思い思いのコメントを語り、ライブをすぐに再開。彼女たちがこのライブにどれだけの思いをかけて臨んでいるかが伝わってくる場面であった。

ライブは後半戦へ。この世界に愛と感謝を届けるピアノロック「私が私であるために」では大場や雪村の歌に三好が追っかけコーラスを被せ、振り向きながら歌う場面が印象的な「大問題チクタク」や観客によるスマホの灯りに照らされたバラード「星のない夜だから」では7人で見事なハーモニーも聴かせた。そして、観客1人ひとりと手を繋ぐように愛を伝えたロックナンバー「ジャンジャカジャカスカ」では竹内が歌いながら目に涙を溜め、本編ラストとなったラブソング「毎秒」では全員が全力でエモーショナルに熱唱。本編は、大場の“これからも毎秒毎秒、私たちのことを応援してください”という挨拶で締めくくった。

アンコールでは、メンバーが輪になって笑顔でメロイックサインを掲げる「冗談じゃないね」に続き、メンバー1人ひとりが観客に向けて感謝の気持ちを述べた。瀬戸が“ナナランドが大好きなので、たくさん頑張らせてください”と泣きながら語ると、西嶋も“私もナナランドが大好きなので、楽しいメンバーともっと大きなステージを目指していきたい”とコメント。雪村もキャリア最大規模のキャパシティが完売したことに嬉し涙を流しながら“これからも一緒に4年目を歩んでくれると嬉しいです”と呼びかけ、峰島は“3年半、大変なこと、悲しいこと、嬉しいこと、いろんなことがありました。でも、今が1番幸せだなって言葉にして言えることができます”と胸を張った。最後に大場も大泣きしながら“絶対にみんなのことを幸せにするから、私のことを幸せにしてほしい”とプロポーズのような言葉を送り、“私がナナランドを守るから、みんなもナナランドを守ってほしい。安心してついてこれるグループにするので、これからも応援よろしくお願いします!”と声を上げると、ファン有志からの七色の花束が贈られ、場内は温かい拍手で包まれた。

この日2度目となる新曲「開花宣言!」に続き、「ゼンブワザト」では銀テープが発射される中でメンバー全員が目に涙を溜めながら高らかな歌声を響かせ、この日のライブは幕を閉じた。……かと思いきや、ダブルアンコールが湧き上がり、メンバーは再びステージに登場。この一瞬を全力で駆け抜ける決意を込めた青春ロック「私が私でいるために」を“みんながみんなでいられますように”という願いを込めて歌い、大場による“ナナランド、大好きだ!”という声がこだまする中で終演。エンドロールに続き、エンディング演劇VTRが流れ、“今日のことは内緒だよ”という言葉で魔法が解かれ、約3時間にわたって全27曲をパフォーマンスした3周年記念ライブは幕を閉じた。

なお、ナナランドは7月31日(土)からニューシングル「開花宣言!」のリリースイベントをスタート。また、今夏には初の写真展の開催も決定している。

<ナナランドの日2021 ーWelcome to ナナランド王国ー>豊洲PIT(2021年7月25日)
ツイート
<ナナランドの日2021 ーWelcome to ナナランド王国ー>豊洲PIT(2021年7月25日)
<ナナランドの日2021 ーWelcome to ナナランド王国ー>豊洲PIT(2021年7月25日)
ツイート
<ナナランドの日2021 ーWelcome to ナナランド王国ー>豊洲PIT(2021年7月25日)

<ナナランドの日2021 ーWelcome to ナナランド王国ー>

2021年7月25日(日)
豊洲PIT

M1.ビビデバビデチュ
M2.ゲッチュ
M3.走れ
M4.満月に遠吠え
M5.サウスポー
M6.アレサレタイノ
M7.ロケットに乗って
M8.理由
M9.帰っておいで
M10.ホーカスポーカス
M11.いろはにほへとdeヴァンパイア
M12.透明な銃
M13.わちゃごなどぅ
M14.夏の夢
M15.開花宣言
M16.私が私であるために
M17.キミから一番遠い場所
M18.大問題チクタク
M19.大嫌い
M20.星のない夜だから
M21.旅せよ乙女
M22.ジャンジャカジャカスカ
M23.毎秒

En1.冗談じゃないね
En2.開花宣言
En3.ゼンブワザト

En4.私が私であるために

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • ナナランド[ライブレポート]笑顔と涙が溢れた3周年記念ライブ「私がナナランドを守るから、みんなもナナランドを守ってほしい」