西野七瀬[イベントレポート]正夢エピソードで土屋太鳳を惑わす!?「さっき裏で急いで考えました」<映画『鳩の撃退法』完成披露トークイベント>より

西野七瀬[イベントレポート]正夢エピソードで土屋太鳳を惑わす!?「さっき裏で急いで考えました」<映画『鳩の撃退法』完成披露トークイベント>より

西野七瀬[イベントレポート]正夢エピソードで土屋太鳳を惑わす!?「さっき裏で急いで考えました」<映画『鳩の撃退法』完成披露トークイベント>より

西野七瀬が、7月12日(月)に銀座蔦屋書店にて開催された<映画『鳩の撃退法』完成披露トークイベント>に登壇した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<映画『鳩の撃退法』完成披露トークイベント>銀座蔦屋書店(2021年7月12日)

藤原竜也演じる、天才作家・津田伸一の書いた小説が現実になるというストーリーにちなみ、高さ約6mの本棚、そしてたくさんの本に囲まれた、銀座蔦屋書店にて実施された同イベント。

ステージ中央には小説を模した巨大小説パネルが設置され、MCの呼びかけでパネルの中から藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、タカハタ秀太監督が登場。まさに小説の中から飛び出してきたような演出となった。

全編富山県で撮影が行なわれた同作について、風間は“何が現実なのか? 何が虚構なのか? 観ていただいた方に答えがあるようなものなので、現場でこれは本当に現実なのか、津田が書いた物語の中なのか?というふわふわした中で撮影をするという初めての経験をしました。(藤原とは)初共演で、今回お芝居ができるのが楽しみで、竜也くんの役がまくしたてるようにしゃべっていて、僕はマイペースに淡々としゃべるという交じり合わない2人がシンパシーを感じながら違うぺースで話し続ける今までにないようなお芝居の感覚を楽しみました”と藤原との初共演を楽しんだ様子。

まずは主演の藤原竜也が“この作品は話が複雑で非常に面白いです。今日は一生懸命、わかる限りのことを話したいと思います。よろしくお願いします”と挨拶し、イベントはスタート。

まずは、実写化不可能とまで言われた原作の実写化ということで、演じる上で工夫・意識した点や現場でのエピソードについてトーク。

“タカハタ監督の撮り方がリハーサルを重ねずに、勢いや現場の熱量で行けるところは1発で撮ってしまおう!という演出・手法だったので、自分としてもいい緊張感を活かしながら、監督の想いになんとかついていこうと集中してやりました”と天才作家・津田伸一を演じた藤原は充実した現場であったことを語った。

津田の担当編集者・鳥飼なほみを演じた土屋は、“とても貴重な経験をさせていただきました。私自身も藤原さんの演技をずっと見て育ってきたので、とてもワクワクしました。お客さんを引きつける魅力というのが、実際に現場でも感じることができました”と藤原との共演に対する喜びを口にした。

読書好きのバーのマスター・幸地秀吉を演じた風間は“僕の役は本当に存在しているのかわからない、つかみどころのない役で、その感じが津田の嘘なのかどうかわからないようになっているといいな。観ていただいた方々に判断いただけらなと思ってます”とミステリアスな役どころとともに作品において担っているポイントを挙げた。

津田伸一の通うコーヒーショップの店員・沼本を演じた西野は、“演じたキャラは割と距離感が、特に津田とは近くて、演じるのが難しかったです。監督が「まだ距離があるな~。(藤原と)ハグしてみたら?」と提案してくださって、やったら気持ちがほぐれて、すごくありがたかったです”と現場の雰囲気の良さを明かした。

続いて、“ウソの撃退法!”と題して、藤原・風間・西野の3人が話すエピソードのうち、真っ赤なウソの話をしているのは誰かを土屋が見破るコーナーへ。

最初に話したのは風間で、“今日イベントを行なっている銀座は祖母が住んでいた街で、祖母が他界してから久しぶりに来て、会っているような気持ちなっている”というエピソードを披露。

1発目に感動的な話が飛び出すと、土屋は“素敵な話……! これがウソだったら本当にイヤな奴(笑)”と話して笑いが起きた。

続いて、西野は“夢の中で着ていた衣装を今日着ている”という正夢のようなエピソードを口にした。最後に藤原は“事務所に提出する履歴書の写真を料理人・周富徳さんとのツーショット写真にしたら受かった”と語った。

エピソードが出揃うと土屋は、“本当に私はこういうのが苦手で……。みなさんホントの様な顔でしゃべるじゃないですか! みなさんお芝居するのは本業ですから……”と悩みながらも、いくつかの質問をして“七瀬ちゃんでいこうかなと!”と予想。その理由は“私が宣伝部だったら「西野七瀬、騙したっ!!」みたいな見出しの方が面白いかなと思って”と、宣伝目線での予想をして笑いを誘った。

結果は、藤原・風間・西野の全員が挙手。ウソだったらイヤな奴となる風間は“説明させてください! 他界してしまった銀座でお世話になった方がいて、祖母ではないという話です。大丈夫ですか!? これで納得してもらえました!?”と必至に弁解。西野も“そんな夢はまったく見てません! さっき裏で急いで考えました”とコメント。藤原は“これはすべて風間くんのエピソードです!”と衝撃の告白をすると、会場からは笑いとどよめきが発生。風間も“ウソのようなホントの話だけど、竜也くんの話ではないです!”と付け加えた。

最後に藤原が、“(映画『鳩の撃退法』は)とても面白いです。目まぐるしく変わるストーリーとラストにかけて一瞬で世界観に引き込まれます。温かい気持ちにもさせてくれる。まもなく公開を迎えますが、ぜひみなさんに観ていただけたら嬉しいです”と締めくくった。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 西野七瀬[イベントレポート]正夢エピソードで土屋太鳳を惑わす!?「さっき裏で急いで考えました」<映画『鳩の撃退法』完成披露トークイベント>より