【連載】沖口優奈×槙田紗子(前編)「アイドルのうちから尊敬できる女性を近くに置いておいてあげたい」

【連載】沖口優奈×槙田紗子(前編)「アイドルのうちから尊敬できる女性を近くに置いておいてあげたい」

【連載】沖口優奈×槙田紗子(前編)「アイドルのうちから尊敬できる女性を近くに置いておいてあげたい」マジカル・パンチライン 沖口優奈「沖Pの教えてプロデューサー」第2回:『SACO PROJECT!』プロデューサー・槙田紗子(前編)

マジカル・パンチラインのリーダー兼プロデューサーを務める沖口優奈が、さまざまなプロデューサーから話を聞きながら自身のプロデューサー力の向上を目指す本企画。第2回目のお相手は、新アイドルプロジェクト『SACO PROJECT!』(以下、サコプロ)のプロデューサーを務める元PASSPO☆/現・振付師の槙田紗子。槙田がアイドル時代から夢見ていた自身プロデュースのアイドルグループを作るため、2021年1月1日から始動した同プロジェクトは、5月30日(日)にオーディションを終了し、11月のデビューに向けて準備段階に突入している。今回、アイドルの先輩となる槙田のプロデューサーとしての歩みや“振付師/元アイドル/アイドルオタクの3つの視点”をキーワードとしたオーディションについて、沖口がじっくり話を聞いた。

編集協力:竹内伸一

マジカル・パンチライン 沖口優奈「沖Pの教えてプロデューサー」第2回(前編)

振付師さんの頭の中のイメージをしっかり体現できる子たちに育てておきたい(槙田)

沖口:
私は2021年2月からグループのプロデューサーになりました。まだ未熟なプロデューサーなので、いろいろなプロデューサーにお話をうかがいたいなと思っているんです。

槙田:
私も(サコプロが)スタートしたばかりなので、まだまだですよ(笑)。

沖口:
サコプロが、立ち上がったきっかけはどういうものだったんですか?

槙田:
私はアイドルをやっていた時から、プロデュースをするのが夢だったんです。それで“30歳になったら”とずっと思っていたんですけど、振付師を3年くらいやったので、そろそろ次のステップへ行きたいなと思うようになって、“まだ30歳じゃないけど、やっちゃおうかな”という感じで、2021年の頭にスタートしました。何かきっかけがあったというよりは、ずっとやりたかったことを今年始めたという感じですね。

沖口:
プロデューサーをやりたいという夢があったから、PASSPO☆の時から振り付けや演出を考えていたんですか?

槙田:
そうですね。グループにいた時はライブ演出に興味があって。それで演出家ってどうやってなるんだろうって調べたら、振付師から演出家になる人が多くて。振り付けをやっている流れで“じゃあ、ライブ全体の演出も”ってことになるんでしょうね。私はダンスも好きなので、“振付師をやっていればライブの演出もいつかできるかも”って思って、まずは振り付けからやってみようと思ったんです。

沖口:
演出が1番やりかったことだったんですね。

槙田:
演出もプロデュースも両方やりたいと思っていました。自分がアイドルだった時は、プロデュースされる側ですけど、“ライブの演出は任せるよ”っていう雰囲気だったんですよ。だから(自分たちの)ライブ演出だったら今すぐできるなって思って(笑)。それで、いずれはプロデュースもやりたいって思っていました。

沖口:
今回、アイドルグループを立ち上げるにあたって、“振付師/元アイドル/アイドルオタクの3つの視点からプロデュース”というコンセプトが公式サイトに書かれていましたけど、それぞれの視点……例えば、振付師としてはこういうところを重視して選考したというポイントはあったんですか?

槙田:
振付師目線だと、やっぱりパフォーマンスのクオリティですね。私はいろいろなグループの振り付けをやらせてもらっていますけど、振付師ってクリエイターなので、“自分の作品を作りたい”っていう想いがあるんです。でも、すべてが思い通りにできるわけじゃないですよね。自分の思い描いた通りに振り付けできるグループもあれば、まだ実力が追い付いていないグループもあるので。そこの帳尻を合わせるのも振付師の仕事ではあるんですけど。それに依頼された仕事なので、自分のやりたいことが200%できるかっていうとそういうものでもないですし。事務所さんからのオーダーやメンバーの実力に私が合わせないといけない。そういうことを考える必要がなくて、伸び伸びと振り付けができるグループがほしいというのが振付師としての目線になるかな。

沖口:
サビの振りは本当はこうしたいけど、“それは難しいから手を振るだけでお願いします”とかってありますよね(笑)。そういうことがないグループにしたいと。

槙田:
そうなんです! やりたいことができる=基礎力が高いってことなんで、まずはそこですね。さまざまなグループを見ていて、ダンスの基礎をしっかり学べるグループにしたいと思ったんです。振付師としては、やはりクオリティを求めますね。

沖口:
サコプロの振り付けは、すべて紗子さんが担当するんですか?

槙田:
実は、そこにこだわりはないんです。私の好きな振付師さんやダンサーの方にお願いするのも面白いかなと。プロデューサーという立場を使って一緒に仕事したい(笑)。基本的には私がやることになると思いますけど、“この曲はあの人に頼もう”っていうこともあると思います。

沖口:
お願いした振付師さんに伸び伸びとやってもらうためにも、基礎力を高めていかないといけないんですね。

槙田:
そうですね。お願いした振付師さんの頭の中のイメージをしっかり体現できる子たちに育てておきたいですね。

沖口:
それはやっぱり振付師さんならではの考え方ですよね。振付師の要求に応えられるスキルを身につけていくって、振付師さんの気持ちがわからないと、そういう発想にならないと思います。

槙田紗子
ツイート
槙田紗子
沖口優奈(マジカル・パンチライン)
ツイート
沖口優奈(マジカル・パンチライン)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 【連載】沖口優奈×槙田紗子(前編)「アイドルのうちから尊敬できる女性を近くに置いておいてあげたい」