NMB48、大阪なんばを1日ジャック! 多くのファンと交流した<難波正座祭り>レポート

NMB48、大阪なんばを1日ジャック! 多くのファンと交流した<難波正座祭り>レポート

NMB48、大阪なんばを1日ジャック! 多くのファンと交流した<難波正座祭り>レポート

NMB48が、3月3日(日)に20thシングル「床の間正座娘」の発売を記念して“歌って踊って笑って正座! NMB48 スペシャルイベント”<難波正座祭り>を大阪・なんば一帯で開催した。2月20日の「床の間正座娘」リリース以降、なんば駅ホーム、ツタヤエビスバシヒットビジョン、阪急梅田駅、大阪環状線中吊り広告、アドトラック走行、テレビCMなどのプロモーションを展開してきたが、<難波正座 祭り>はそのクライマックスに。YES THEATER や NMB48 劇場、オフィシャルショップ、タワーレコード難波店、TSUTAYA EBISUBASHIなど、なんば一帯をNMB48が1日中ジャックするという大規模イベントとなった。その中から各会場イベントのレポートをお届けしよう。

NMB48“歌って踊って笑って正座! NMB48 スペシャルイベント”<難波正座祭り>(2019年3月3日)

11時30分に、村瀬紗英、谷川愛梨、川上千尋が、戎橋商店街の551 蓬莱本店にサプライズで登場。まったく告知されていなかった551 蓬莱本店でのイベント。551 蓬莱の法被とコック帽を身にまとって突如現れた3人に、商品を購入するために列に並んでいた一般客も驚いた様子。

村瀬、谷川がカウンターに入り、接客サポート。川上が店頭でNMB48オリジナルグッズのプレゼント手渡しを行った。店員に教わりながら、商品の袋詰めや会計などをする村瀬と谷川。始まってすぐは緊張した表情の村瀬だったが、次第に笑顔を見せるように。一方、谷川は、最初から慣れた様子で、注文を聞いたり、商品を手渡したりした。始まって3 分過ぎたころには村瀬もリラックスした表情になり、落ち着いた手つきでレジを操作したり、商品を袋に詰める。お客からの注文に、注意深く耳を傾ける2人。その丁寧に接客している姿が印象的だった。

カウンターの外でプレゼントを渡す川上は、商品購入者との記念撮影に応じるなど、和やかな雰囲気に。家族客とは、子どもたちと記念撮影。“ありがとう”という一般客の言葉に川上は、笑顔で手を振るなどして応えた。551 蓬莱本店に偶然訪れて、村瀬や谷川、川上と遭遇したNMB48のファンは驚いた様子。声をかけたり、写真を撮るなどして楽しんでいた。

プレゼントの予定配布数に達すると、551 蓬莱でのキャンペーンは開始から約20分で終了に。村瀬、谷川、川上によるサプライズイベントは盛況のうちに終わり、『難波正座祭り」の幸先よいスタートとなった。

村瀬紗英、谷川愛梨、川上千尋|<難波正座祭り>551 蓬莱本店(2019年3月3日)
ツイート
村瀬紗英、谷川愛梨、川上千尋|<難波正座祭り>551 蓬莱本店(2019年3月3日)

13時30分からは、なんばウォークくじらの広場にてイベントが行われた。なんばウォークの店舗を利用した人を対象に、当日12時から100枚限定で整理券が配布され、抽選会を実施。当選者にはTeamネーム入りペンライトがプレゼントされた。

くじらの広場は、早々にメンバーの登場を待つファンたちで大賑わいで、期待いっぱいの満面の笑顔が会場を埋め尽くす。渋谷凪咲、白間美瑠、川上礼奈、安田桃寧の4人が登場すると、会場は堰を切ったようにヒートアップ。メンバーの似顔絵が描かれたうちわを振っての声援や、“可愛いー!”という歓声もあがる。4人もファンの声援に応え、心を込めて手を振り返す。

会場には、カメラのシャッター音が響く。メンバーは“写真をSNSに「#難波正座祭り」とつけて投稿しよう!”と、今回のシングル曲をアピール。

今回は100名限定で抽選番号が記載された整理券が配布されたが、整理券がもらえなかったファンには投げキッスが贈られ、このファンサービスに会場は大盛り上がり。“こっちにも!”と声があがり、たくさんキッスが会場に投げられた。

5名のファンにペンライトが当たり、会場からも祝福の拍手が起きる。アットホームなムードに包まれイベントは終了した。

渋谷凪咲、白間美瑠、川上礼奈、安田桃寧|<難波正座祭り>なんばウォークくじらの広場(2019年3月3日)
ツイート
渋谷凪咲、白間美瑠、川上礼奈、安田桃寧|<難波正座祭り>なんばウォークくじらの広場(2019年3月3日)

16時からは YES THEATER にて、<難波正座祭り>の第2部が、TeamBIIのメンバーによって開催された。会場には、大阪チャンネルに加入している人を対象に、抽選で当選した300名のファンが集合。オープニング前から早々に掛け声があがる。

幕が開くと正座の姿勢で座礼するメンバー。“ウッ!ハッ!”の声が入りニューシングル「床の間正座娘」を披露。続いて。MCのさや香が登場し、メンバーは座布団に正座してのトークをスタート。

13歳の塩月希依音から23歳の東由樹まで年齢層が幅広いTeamBIIの雰囲気や、各メンバーの特技、趣味、性格について語っていく。続いて、曲について聞かれると、キャプテンの小嶋花梨が“すごく爽やかな曲で、純粋な恋愛ソングです。フレッシュなTeamBIIにピッタリです。どんな人にも無限大の可能性がある素敵な楽曲です”と述べた。トーク後には、正座で足が痺れて立てないメンバーも。メンバー同士で手や肩を借りながら、一度ステージを後にした。

次のコーナーは“踊ってポーズで合わせましょう”。「床の間正座娘」の曲に合わせて踊り、曲が止まったところで全員同じポーズになったらOKというルール。“アイドルのポーズといえば”では、セクシーなグラビア風など全員個性的なポーズを見せて、会場を沸かせた。最後のお題“お笑い芸人のポーズといえば”では、さや香の新山も参加。全員が同じポーズで揃い、本コーナーは終了。

続いての大喜利では、山田寿々が座布団運び。座布団が引かれ、大喜利メンバーは再び正座。“呪われた座布団 座るとどうなる”など、5つのお題が出され、最終的に5枚の座布団を獲得した塩月希依音が優勝。

エンディングには、メンバー全員が登場。正座が厳しかったと感想を述べたが、会場からは“楽しかった!”と大きな拍手が起こる。そして、山本彩加が“「床の間正座娘」は私たちにピッタリの楽曲なので、みんなと「ウッ!ハッ!」と合わせて盛り上がりたいです”と締めくくった。

TeamBII|<難波正座祭り>YES THEATER (2019年3月3日)
ツイート
TeamBII|<難波正座祭り>YES THEATER (2019年3月3日)

17時30分からは、よしもとエンタメショップにて商品購入者を対象に、先着30名にグッズをプレゼントするイベントが開催された。イベントでは、メンバーからプレゼントのペンライトと商品が手渡しされるため、開催前から早々に行列ができていた。

山本彩加、小嶋花梨、内木志が登場し、挨拶が終わると「床の間正座娘」のCDや大阪名物などを手にしたファンが、レジでメンバーとイベントなどについて話したり、手を振り合ったりした。

お目当てのメンバーのレジを譲り合う姿もあって、メンバーの温かくフレンドリーな笑顔と対応にファンも大満足。和気あいあいとした和やかなムードに溢れていた。

山本彩加、小嶋花梨、内木志|<難波正座祭り>よしもとエンタメショップ(2019年3月3日)
ツイート
山本彩加、小嶋花梨、内木志|<難波正座祭り>よしもとエンタメショップ(2019年3月3日)

NMB48オフィシャルショップでは、NMB48のメンバーが1日店長で登場。最後は、20時30分〜21時にキャプテン小嶋花梨がカウンターに立った。

小嶋がカウンターに現れると、ファンがひっきりなしに入店し、一気に満員状態に。至近距離で接客する小嶋の姿に歓声をあげる女の子もいて、店内は大盛況。小嶋は11時30分からタワーレコード難波店でミニ握手会に参加していたため1日中の稼働となっていたが、特典のポストカードを手渡す際には、二言三言、会話をするなど、終始飛びっきりの笑顔で応えていた。

最後に<難波正座祭り>を振り返ると、“NMB48として初めての試みだったので、最初はどうなるか不安なところも正直あったのですが、ファンの方も1日中楽しんでくださって、いろんなところに行ってくれて。メンバーもいろんなところに出ていたので、ファンの方も次はどこに出るのかなってワクワクがあって楽しいという声もいただきました。メンバー自身もお祭り騒ぎで楽しんでいて、すごく素敵なイベントでした”とコメント。

また、タワーレコード難波店でのミニ握手会は、普段の握手会とは雰囲気も違っていたことが楽しかったと話した。“いつもは1人1レーンなので、メンバーと話すことができないのですが、今日は同期の3人(小嶋花梨、横山恋和、上西怜)だったので話もできて、そういう和んでいる雰囲気もファンの方には楽しんでいただけたのではないかと思います”と、いつもとは違う新鮮味があったいう。

この日はよしもとエンタメショップにも登場していた小嶋は、“ファンの方の中には、よしもとエンタメショップに初めて来たという方もいたのですが、大阪のお土産なんかもあるので楽しまれたのではないかと思います”と話すとともに、本人も楽しんだ様子。

最後の1日店長に対しては、“お会いしたことのない人とお話しする機会があったので、こういう方がいらっしゃるんだなって私も知れたし、また握手会行くねというお声がけもいただいたので、ありがたいなと思いました”と語り、笑顔を見せた。

「床の間正座娘」をリリースしてからの日々の感想を聞かれると、“まだNMB48としてあんまりテレビ出演ができていないのがすごく悔しくて、ファンのみなさんにもテレビでの姿をお見せできないのが申し訳ないという気持ちがあるのですが、こうしてなんばで盛り上げようとしてくださったりとか、テレビCMだったり、街を歩いていたら自分たちがいたりっていうことがすごく嬉しかったので、NMB48を知らない方にも、今のNMB48はこういう人がいるんだって知ってもらえる機会になったと思います。メンバーがガラっと変わっているので、昔好きだった人とかにも「今、このメンバーなんだ」って思ってもらえるのは、駅とかでプロモーション展開してもらえるからこそで、すごくありがたいなと思います。これからはテレビ出演とかも増やして、NMB48を加速していけるように頑張りたいなと思います!”と、今後に向けての意気込みを語った。

小嶋花梨|<難波正座祭り>NMB48オフィシャルショップ(2019年3月3日)
ツイート
小嶋花梨|<難波正座祭り>NMB48オフィシャルショップ(2019年3月3日)

次ページ