川瀬もえ[インタビュー]日本レースクイーン大賞2021新人部門にてグランプリを含む3冠受賞!「益々活躍の場を広げていきたい」

川瀬もえ[インタビュー]日本レースクイーン大賞2021新人部門にてグランプリを含む3冠受賞!「益々活躍の場を広げていきたい」

川瀬もえ[インタビュー]日本レースクイーン大賞2021新人部門にてグランプリを含む3冠受賞!「益々活躍の場を広げていきたい」

川瀬もえが、人気No.1レースクイーンを決める<日本レースクイーン大賞>の新人部門のグランプリを受賞した。また、同・新人部門実行委員会特別賞、同・新人部門メダリストにも選ばれ、3タイトルを獲得。本記事では、そんな川瀬が<日本レースクイーンクイーン大賞2021>への想いや、レースクイーンとしての活動について語ったインタビューをお届けする。

――<日本レースクイーンクイーン大賞2021>新人部門グランプリおめでとうございます。

川瀬もえ:
ありがとうございます! 歴史ある素晴らしい賞をいただけて光栄です。新人賞グランプリを目指して今日まで1日1日を大切にしてきました。SNSでの発信や毎日SHOWROOM配信したり、自分でイチから企画を起こしてレースクイーンとして個人イベントを行なったりもしました。その中でたくさんの出会いがあって、新人賞に向き合った時間が私をレースクイーンにしてくれました。その時間は私にとってすごく特別で大切な時間だったとグランプリをいただいて改めて感じています。応援してくださるみなさんが高い熱量で応援してくれたからこそ、このグランプリはみなさんが私を応援してくださった証です!

――新人賞グランプリを含めて3冠となりました。

川瀬もえ:
グランプリをいただけたことも驚きでしたが、まさか三冠もいただけるとは思わなくてすごく嬉しかったです! 今回私が受賞したのは、新人賞メダリスト、レースクイーン大賞実行委員会特別賞、そしてグランプリの3つなのですが、どの賞も特別な想いがあります。グランプリが本当に嬉しいのはもちろん、レースクイーン大賞実行委員会のみなさんが今後の活躍に期待する気持ちから川瀬もえを選んでくださったという想いにも胸がいっぱいになりました! こういうご時世の中で私自身もまだ1度しかサーキットには行けてなくて、誰しもが不安の中で過ごす日々だと思うんですけど、そんな中でも新人賞に参加させていただいて本当によかったです。応援してくださるみなさんと新人賞という1つの目標に向かって全力で向き合った時間は私にとって宝物になりました。

――レースクイーンになろうと思ったきっかけを教えてください。

川瀬もえ:
私が所属するゼロイチファミリアには、事務所の先輩である川崎あやさんや林ゆめさんが過去に『pacific fairies』レースクイーンになって数々の功績を残してきた歴史があります。後輩としてそんな先輩方の背中を見てきました。先輩方に共通してるのは、ビジュアルはもちろん、本当に人柄が素敵だということです。学ぶことが本当にたくさんあり、そんな先輩方に憧れてレースクイーンになりたいと思いました! 今年の年始にレースクイーンのお話をいただいて、そして2021年のグランプリに選んでいただけて本当に嬉しいです。

――今後の目標はありますか?

川瀬もえ:
レースを盛り上げていきたいという気持ちはもちろん、私自身も益々活躍の場を広げていきたいです。今まで以上に川瀬もえが活躍することがレースクイーンとしてレースの世界を盛り上げることにも直結してくると思うので、みなさんに今まで見たことのない川瀬もえをもっと発信していきたいです! 私は漫画もゲームも好きだし、お芝居も好きだし、ラジオを聴いて育ったラジオっ子でもあるので、声を活かす仕事であるお芝居やラジオにも挑戦してみたいです!

――最後にレースクイーン大賞を応援してくれた人たちへ一言お願いします。

川瀬もえ:
今回いただいた三冠、グランプリに恥じないように、益々活躍していきたいと思っています。毎日私を応援してくださったみなさん、私を選んでくださったパシフィックさん、たくさん支えてくださったゼロイチファミリアのみなさん、本当にありがとうございました! 今回グランプリに選んでいただいた川瀬もえ、そして私の所属チームである『pacific fairies』はもちろん、GTの新人レースクイーンはみんなそれぞれ美しくて魅力的なので、ぜひレースクイーンにも益々注目してください。

川瀬もえ
ツイート
川瀬もえ
川瀬もえ
ツイート
川瀬もえ
  • トップページ
  • インタビュー
  • 川瀬もえ[インタビュー]日本レースクイーン大賞2021新人部門にてグランプリを含む3冠受賞!「益々活躍の場を広げていきたい」