CYNHN、クロスノエシス、Ringwanderung……この時世だからこそ観たい独自の世界観で魅せるアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第60回

CYNHN、クロスノエシス、Ringwanderung……この時世だからこそ観たい独自の世界観で魅せるアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第60回

CYNHN、クロスノエシス、Ringwanderung……この時世だからこそ観たい独自の世界観で魅せるアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第60回

コロナ禍によって、ステージとフロアが一体となって盛り上がることが難しくなった昨今。今回は、そんな状況の中で独自な世界観で楽曲やパフォーマンスを魅せることによってグループとしての“強さ”を発揮している6組をピックアップ。それぞれの魅力を、冬将軍ならではの視点で掘り下げながら紹介していく。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

ライブレポートを執筆するたびに“感染症対策によって〜”みたいな文言はもういらないのではないだろうかと思うほど、それが当たり前になった現状のライブ環境。このパンデミックがよかったなんて言うつもりはないが、それによって気づかされたこと、新たに知り得たものがあるのも事実。

ステージとフロアが一体化することはライブの醍醐味でもあって、特にアイドルライブにおいては、ステージとともに観客が声を出して楽しむことが盛り上がりの指標にもなっていたとも言える。しかしながら、それができない現状では、純粋に歌や楽曲、そして演者としてのパフォーマンスそのものの価値が求められているように感じている。

それは単純なスキル面の話ではなく、オリジナリティや世界観といった魅せ方の部分である。たとえ観客が声を出せなくとも、じっくり観て楽しむことができる、“魅せつける”ことができるグループは、やはり強いのである。

今回は、こうした時世だからこそ観たい、独自の世界観を持ったグループの中から、これまでにも何度か紹介したものを含め、ハイソで(古っ!)オシャンな(古っ!)音楽を奏でる6組を改めて、最近のライブやリリースをもとに触れていきたい。

CYNHN 新たに魅せる4人の青

4人体制となったCYNHN。澄んだ空、深い海、優しい水の流れ……独自の“青”で周りを塗っていく。そんなさまざまな青の世界を魅せてくれるグループだ。

CYNHN 「氷菓」Music Video

しかしながらこの4人体制は、はっきり言ってしまえば、予期せぬマイナスからの再スタートだったわけで。いくら歌えるメンバーが揃っているとはいえ、新体制が整うまでには時間が掛かるのではないかと思っていた。

CYNHN「AOAWASE」Music Video

そんな不安はどこ吹く風、対バンイベントで観た彼女たちは、あたかもずっと4人で活動してきたかのようなステージを見せてくれた。奇数人数だと、たとえ演者側にそのつもりがなくとも見ている側に自然と“センター”ポジションのようなものができてしまうわけで、そういう意味でも4人編成はステージ映えのパワーバランスがよいのかもしれない。

加えて、これまで以上の勢力的なライブ活動、イベント出演が新規ファンへの知名度を拡大することとなった。実際に私の周りからは“初めて観たがよかった”、“最初から4人組じゃないの?”という声も多く上がっていた。

CYNHN「2時のパレード」Blue Spring Live Official Movie 2021.04.10

<CYNHN LIVE TOUR 2021 -AOAWASE->のツアーファイナル、恵比寿LIQUIDROOM公演(2021年6月26日)は新生CYNHNの存在を高らかに証明した夜だった。CYNHN楽曲の特徴といえば、青のコラージュというべきサウンドプロダクトと、練りに練られた楽曲構成に載る、清流のようなボーカリゼーションが美しいわけだが、この日見せた4人での新たな歌割りは楽曲に新たな息吹をもたらしていた。特に「ラルゴ」は、当時6人であった彼女たちそれぞれの特性を歌で紡いでいく人気曲だったわけだが、4人それぞれの個性を再認識させてくれる、そんな歌になっていた。

綾瀬志希がアニメーションMVを描き、百瀬怜が振りを付ける。月雲ねるが衣装をデザインすれば、青柳透がグッズを考案する。ステージ以外のクリエイティヴな側面でも個を魅せてくれる4人のCYNHNから目が離せない。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • CYNHN、クロスノエシス、Ringwanderung……この時世だからこそ観たい独自の世界観で魅せるアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第60回