宇咲(#ババババンビ)(©月刊エンタメ 撮影:飯酒杯智明)

宇咲(#ババババンビ)(©月刊エンタメ 撮影:飯酒杯智明)

#ババババンビ 宇咲[アザーカット&インタビュー]ゼロイチ美脚3人娘として魅せる輝く笑顔「雰囲気や性格、お仕事のジャンルも違うので話していて楽しかったです!」『月刊エンタメ』登場

#ババババンビの宇咲が、6月30日(水)発売の『月刊エンタメ』(徳間書店)に登場した。今回、藤川らるむ、貝賀琴莉とともに、“今話題のゼロイチ美脚3人娘”として誌面を彩った宇咲。本記事では、そんな彼女が同誌出演への想いや撮影時のエピソード、近況などについて語ったインタビューをお届けする。

――『月刊エンタメ』への出演おめでとうございます。

宇咲:
#ババババンビ、桃色担当、18歳、宇咲です! 『月刊エンタメ』掲載ありがとうございます~!! 嬉しいです! ゼロイチ3人娘で出てます。インタビューは3人でたくさんお話ししてきました!

――この3人娘の組み合わせも今回が初めてでしたが、いかがでしたか?

宇咲:
そうなんです! 藤川らるむちゃんとは何度かお話しする機会はあったんですが、貝賀琴莉ちゃんとお話しするのは今回が本当に初めてで、ずっとお話ししてみたいと思っていました! 撮影やインタビューをしていくにつれて2人の人柄だったり、今まで知らなかった部分をたくさん知れて。この3人は年齢も近いんですが、雰囲気や性格、お仕事のジャンルも違うので話していて楽しかったです! ゼロイチ3人娘の共通点はティーンですね! 今後も機会があれば、このゼロイチ3人娘でお仕事したいです!

――8月8日(日)に開催する#ババババンビとして初のKT Zepp Yokohamaでの主催ライブに向けての意気込みをお願いします。

宇咲:
初のKT Zepp Yokohamaでのワンマンライブ! #ババババンビがステージに立ってから約1年、私はグループに加入してこんなにも早くZeppでワンマンライブが決まって、本当にとっても嬉しいです。8月8日にKT Zepp Yokohamaでワンマンライブ!と聞いた時は驚きと嬉しさと、そして絶対Zeppを埋める!! メンバーと応援してくださるみなさんと今までで1番素敵な日にしたい!と思いました! #ババババンビのワンマンライブ史上最も大きな会場です。絶対絶対楽しい日になる! 今私たちはこの日に向けてレッスンやレコーディング、新曲、新衣装の準備など、いろいろ進んでいます。いつも応援してくださる方はもちろん、まだ#ババババンビのことをあまり知らない、初めての方も、そしてお友達も誘ってく来てくださると嬉しいです! 先日、#ババババンビ初のライブ映像を#ババババンビ公YouTubで公開しました! 今までは可愛らしい曲が多かったのですが、最近ではカッコいい曲や切ないバラード系の曲、真似しやすい振り付けの曲、いろいろ増えてます! ぜひ1度YouTubeをご覧いただき、ライブにも来てくださると嬉しいです! 8月8日、KT Zepp Yokohamaお待ちしてます! みなさんとその日、その瞬間しかない楽しさを一緒に楽しみたい!!

――最後に応援してくれるファンへ一言お願いします。

宇咲:
いつも応援してくださりありがとうございます! ゼロイチファミリアに所属して、あっという間に7ヵ月。#ババババンビに加入して4ヵ月、雑誌に掲載していただけたり、#ババババンビでの活動、レッスンやレコーディング、ライブ、初のZeppでワンマンライブ、7月10日&7月11日にはサンリオピューロランドでの主催対バン、ワンマンライブも決まっています。何かに向かって頑張ることが毎日あって本当に充実していて楽しいです! 応援してくださるみなさんがいて、今こうやっていろいろな活動ができています! いつも本当にありがとうございます! SNSや雑誌でしか私のこと、#ババババンビのこと知らない、という方はぜひ1度ライブを観に来てくださると嬉しいです! サンリオピューロランド、KT Zepp Yokohama、その他ライブ、みなさんのことお待ちしてます! 最後まで読んでくださりありがとうございます! これからも応援よろしくお願いします! 『月刊エンタメ』、ぜひチェックしてみてください!

藤川らるむ、宇咲(#ババババンビ)、貝賀琴莉(©月刊エンタメ 撮影:飯酒杯智明)
ツイート
藤川らるむ、宇咲(#ババババンビ)、貝賀琴莉(©月刊エンタメ 撮影:飯酒杯智明)
貝賀琴莉、藤川らるむ、宇咲(#ババババンビ)(©月刊エンタメ 撮影:飯酒杯智明)
ツイート
貝賀琴莉、藤川らるむ、宇咲(#ババババンビ)(©月刊エンタメ 撮影:飯酒杯智明)
  • トップページ
  • インタビュー
  • #ババババンビ 宇咲[アザーカット&インタビュー]ゼロイチ美脚3人娘として魅せる輝く笑顔「雰囲気や性格、お仕事のジャンルも違うので話していて楽しかったです!」『月刊エンタメ』登場