ハニースパイスRe.[ライブレポート]新メンバーもサプライズ登場してグループの進化を見せた2周年記念公演

ハニースパイスRe.[ライブレポート]新メンバーもサプライズ登場してグループの進化を見せた2周年記念公演

ハニースパイスRe.[ライブレポート]新メンバーもサプライズ登場してグループの進化を見せた2周年記念公演

ハニースパイスRe.が、6月26日(土)にZepp Tokyoにて<ハニースパイスRe. 2周年記念-ハニスパーティ!->を開催した。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

<ハニースパイスRe. 2周年記念-ハニスパーティ!->Zepp Tokyo(2021年6月26日)

ハニースパイスRe.は、2012年から2017年まで活動した『ハニースパイス』の流れを汲むグループで、2019年に結成。2周年を祝う同イベントは、本来グループの結成日である5月1日に開催される予定だったが、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言などの影響を受けて延期となっていた。

それから約2ヵ月の時を経て迎えたこの日は、所属事務所プリュの後輩たちをはじめとする19のアイドルグループが集結。有観客での開催も認められ、グループとファンが待ち望んだ<ハニスパーティ!>は、幕を開けたのであった。

オープニングアクトは、この日の主役であるハニースパイスRe.。「恋のカラフルマジック」でいきなりフロアのテンションをブチ上げたかと思えば、「恋愛Emergency」「純情ナイトフィーバー」と高速ナンバーを連続で叩き込み、延期のうっぷんを晴らすかの如くZepp Tokyoのステージを縦横無尽に駆け回る。

“やーっと始まりました! ハニースパイスRe.の2周年記念フェス!”

“今日は最初から最後まで楽しんでいきましょう!”

怒涛の勢いで3曲を歌い終え、ファンとの再開を喜んだ6人は充実した表情を浮かべながら一旦ステージを後に。感染予防のため歓声やコールは禁止であるにも関わらず、会場はすでに熱気で満ちあふれていた。

その後も名だたるグループたちが次々に会場を温めていく中、イベント後半からはこの日の目玉の1つである「プリュコラボ」を実施。これは、ハニースパイスRe.に加え、芸能事務所プリュに所属する4つのグループ(JAPANARIZM、【eN】、テンシメシ໒꒱、UPローチ)のメンバーをシャッフルして、ハニースパイスRe.の楽曲を披露するという企画。ハニースパイスRe.以外の出演メンバーは、JAPANARIZMより横井ほなみ、奥愛梨、【eN】より宮坂杏、成瀬せな、テンシメシ໒꒱より日向ことり、水瀬らい、UPローチより立花紗知、近藤亜沙。

披露した楽曲は「Fresh!!」と「あなたに夢CHU」の2曲。衣装もハニースパイスRe.が普段着用しているものを使用し、メンバーそれぞれが普段とは違う配色で登場するというレアなステージとなった。

コラボ企画のあともパフォーマンスは進み、後輩グループたちがステージを終えると、いよいよ大トリのハニースパイスRe.が2度目の登場。

イベントの表題にもなっているハイテンションなディスコチューン「ハニスパーティ!」で再びフロアを燃え上がらせると、続く「Honeys!!!」でも飛んで跳ねての大立ち回り。途中、潤水つぶらのマイクが故障するアクシデントがあったものの動じることはなく、元気いっぱいのステージングで跳ね返した。

メンバー紹介を挟んだあとは、これからの季節に合わせたサマーチューン「恋するMermaid」で会場内の気温はさらに上昇。ハニースパイスRe.の楽曲の中でもミドルテンポに属する「Extreme Love」では、息のピッタリ合ったキュートなダンスで観客を魅了。

メンバー全員で観客に向かって投げキッスを送る「Re. Quest Love」では、リーダーの平野ほのかと雪白はるかが実際にキスをするシーンも。そして今回のイベントで初披露となった新曲「Me・Me・Me メリーゴーランド」は、タイトルどおりクルクルと回転する振り付けが特徴的。さっそく真似するファンも多く、一体感のあるパフォーマンスとなった。

ノンストップで4曲を披露し、汗だくになりながらも笑顔を絶やさない6人。桜井まあかがファンやスタッフへ感謝の言葉を述べると、本編最後の曲「Thanks!!!!」が流れ始めた。バラード調のメロディに合わせてステージから大きく手を振るメンバー。それに合わせて客席からも色とりどりのペンライトが揺れる。そんな光景を噛みしめるように、メンバー1人ひとりがゆっくりとステージを見渡しながら歌声を届け、瞳には汗以外の光るものが見え隠れしていた。

そうしてステージ本編が終わると、客席からはアンコールを求める手拍子が沸き起こる。数分の沈黙のあと、手拍子に応えるようにステージは再び光に包まれ、“7人”のメンバーが1人ずつ姿を見せる。

7人にざわつく客席。事前の説明もないまま、オレンジ色のシルエットの新メンバー・天宮るなが姿を現したのである。

天宮は2001年生まれの20歳。元UPローチのメンバーで、ハニースパイスRe.への“電撃移籍”が発表されていたが、この日をもって正式に加入を果たしたのだ。そんな新体制で初めて見せたのは、ハニースパイス時代から歌い継がれている「Happy」。初登場にも関わらず、安定した歌と踊りを見せる天宮。それを後押しするかのように、客席からはオレンジ色のペンライトが多数現れる。続くアンコール2曲目は、ハニースパイスRe.のデビュー曲である「RENEW」。名実ともに新体制のスタートを印象づけた。

“やったー! 新体制だー!”

「RENEW」歌唱後に平野がそう叫ぶと、天宮が改めて自己紹介。7人が揃ったということで記念撮影を行なった後は、スタッフから(1)7月に羽鳥みおの生誕祭(2)9月〜10月に3つの都市で平野ほのかの生誕祭(3)10月に宮花ももの生誕祭(4)ハニースパイスRe.全国6都市ツアーの開催という“重大発表”が行なわれた。

詳細は今後、公式ツイッターを通して発表されるという。全国ツアーには沖縄も含まれており、メンバーは大はしゃぎ。“パスポート必要だよ!”という珍発言も飛び出して客席は笑いに包まれた。

その後、メンバー1人ひとりが感謝の言葉を述べ、再びイベントの表題にもなっている「ハニスパーティ!」を披露し、大盛り上がりのうちに記念すべき2周年イベントは幕を閉じた。

コロナ禍という不測の事態の中、周年イベントを乗り越え、新メンバーを獲得し、全国ツアーも決まったハニースパイスRe.。その名のとおり、酸いも甘いも噛み分けながら、今後もプリュ筆頭のアイドルグループとして活躍を期待したい。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • ハニースパイスRe.[ライブレポート]新メンバーもサプライズ登場してグループの進化を見せた2周年記念公演