©2021 Zest, inc.

©2021 Zest, inc.

SKE48 野島樺乃[ライブレポート]劇場ラストの卒業公演で涙 「大きくなって名古屋に帰ってこられるよう一生懸命頑張ります!」

SKE48のメンバー野島樺乃が本日26日、SKE48劇場で劇場公演最後となる卒業公演を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<SKE48 チームS「重ねた足跡」公演 野島樺乃劇場最終公演>SKE48劇場(2021年6月26日)

野島は2015年に7期生としてSKE48に加入し、同年にチームSに昇格。2019年に開催された『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』で優勝後、SKE48 25thシングル「FRUSTRATION」で初めて選抜メンバーに選ばれ、以降グループの中心メンバーとして活動してきた。

チームS「重ねた足跡」公演は「Gonna Jump」でスタート。公演ごとに毎回センターが変わるこの曲は、もちろん野島がセンターを務める。「手をつなぎながら」、「Innocence」、「強がり時計」と続けてパフォーマンス後の自己紹介では、“最後のキャッチフレーズ”として野島お馴染みの「テンションMAX」ポーズを決めた。

©2021 Zest, inc.
ツイート
©2021 Zest, inc.

最前列の客席に掲げられた「かのちゃん大好き 卒業おめでとう ずっと一緒だよ!!」というメッセージを目にした野島は、“感動して1曲目から涙が出ないよう目を細めて踊っていました”と告白。仲良しの同期 杉山愛佳からは、約6年前の昇格発表の時の野島の対応をずっと根にもっていたと暴露されて苦笑する場面もあり、和やかに公演は進んでいく。

ダンス曲メドレーで6曲を続けてパフォーマンスすると“何回やっても何年経ってもキツさは変わらなくて最高!”と満足気な笑顔を見せた野島。後輩の9期生 荒野姫楓からのお願いで、「花占い」のワンフレーズをアカペラで披露したり、8期生 北川愛乃からは「もうあまりする機会もなくなると思うので」と萌えゼリフをリクエストされ、キュートな姿を見せると、客席からは大きな拍手が送られた。

「オキドキ」、「パレオはエメラルド」、「不器用太陽」とSKE48の代表曲で本編を終えると、アンコールでは事前に録音されたファンの皆様からの「樺乃ちゃん」コールと大きな拍手が会場中に響きわたる。

公演曲「僕は知っている」の後、Wアンコールでは純白の衣装の「微笑みのポジティブシンキング」で登場。普段あまり泣かないという、ほぼ同期のドラフト2期生 上村亜柚香や、8期生 石黒友月の目にも涙が光る。

『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の優勝で手にした大切なソロ曲「夢の在処へ」を野島が卒業ドレスで披露すると、いよいよ卒業セレモニーに。母親からの手紙に続けて、自身の手紙をチームSリーダーで野島と仲の良かった松本慈子が朗読した。

最後の挨拶で野島は、涙ぐみながらこれまでのことを振り返り、ファンの皆様やスタッフ、関係者の皆様、家族への感謝の気持ちを伝えた。そして、“本当に最後に、大好きなチームSのみんなと1曲歌わせてください”と、自身が研究生の時の公演曲で思い出深い卒業ソング「桜の花びらたち」で最後の劇場公演を締めくくった。

野島は“約6年間、私は皆さんに恩返しできていましたか?一緒に夢を見続けることを諦めないでいてくれて本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします”とステージを後にした。

©2021 Zest, inc.
ツイート
©2021 Zest, inc.
©2021 Zest, inc.
ツイート
©2021 Zest, inc.

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • SKE48 野島樺乃[ライブレポート]劇場ラストの卒業公演で涙 「大きくなって名古屋に帰ってこられるよう一生懸命頑張ります!」