たこやきレインボー、初の東西野音2デイズで大暴れ

たこやきレインボーが、8月11日(土)大阪・大阪城音楽堂、8月12日(日)東京・日比谷野外音楽堂にて<たこ虹夏の東西野音2DAYS「RAINBOW SONIC 2018」>を開催した。

たこやきレインボー、初の東西野音2デイズ 画像まとめ

たこやきレインボーにとって初となる、東西連続の野外音楽堂でのワンマンライブ。「overture 〜tacoture〜」が流れる中、設置されたスクリーンにはこれまでの成長記録が映し出される。地元である大阪公演ではスクリーンが2012年初ワンマンライブでの「ダイビング」のパフォーマンス映像に切り替わり、メンバーが真っ赤な衣装に身を包んで登場。

かつての自分たちの映像とシンクロする形で「ダイビング」を披露したのち、これまた活動初期にカバーしていた「かえして!ニーソックス」のイントロが鳴る。彼女たちの原点である2曲から始まり、客席の虹家族(ファンの呼称)たちからも驚きと喜びの声があがった。

メンバーの名前が歌詞に出てくる「絶唱!なにわで生まれた少女たち」では花道からセンターステージへ繰り出しそれぞれ見せ場を作ると、次曲「なにわのはにわ」で早くも会場全体が汗だくに。ここで最初の放水サービス。メンバーは水鉄砲で虹家族をめがけてスプラッシュ。バケツを持ったスタッフも打ち水で観客席を賑わせる。

メンバーの名前が歌詞に出てくる「絶唱!なにわで生まれた少女たち」では花道からセンターステージへ繰り出しそれぞれ見せ場を作ると、次曲「なにわのはにわ」で早くも会場全体が汗だくに。ここで最初の放水サービス。メンバーは水鉄砲で虹家族をめがけてスプラッシュ。バケツを持ったスタッフも打ち水で観客席を賑わせる。

堀くるみの「RAINBOW SONIC、まだまだ声出していけますか?」とのMCに続く曲は、「Whoop It Up!」。バックバンド“なにわンダーたこ虹バンド”のホーンセクションによるアレンジフルな演奏でいつも以上にソウル&ファンクに聴かせると、6曲目「サンデーディスカバリー」では再びセンターステージへ。親指と人差し指の指先をくっつけて輪を作り、そこを覗き込むお馴染みのポーズを観客と一緒に決めた。

7曲目「TACOYAKI's burning」では“胸の導火線に火をつけろ!”の歌詞で会場がさらにヒートアップ。続く「まねー!!マネー!?Money!!」は、トランペットによる有名時代劇のワンフレーズでスタートし、曲中はギターとホーン隊が西部劇調に弾いて新鮮な印象を与えた。そしてここで「日本一、夏フェスが似合う男」と紹介されてゲストのDJ KOOが登場。「イェア!」といきなりハイテンションなDJ KOOに、メンバーは「まだマイクを持ってないのに一番目立っている」と笑いがとまらない。

DJ KOOはサウンドチェックで華麗にターンテーブルをこすり、「よし、いい感じだ。盛り上がっていくぞ!」と、たこ虹との共演曲「どっとjp ジャパーン!」をプレイ。DJ KOOが曲中「OK!」「カモン!」とMCをどんどんはさみ込むと、ノリが加速。完全に野外パーティー化した。「サマーゴーランド」ではこの日2度目の放水タイム。先ほどよりも大量の水がまかれたが、春名真依の水鉄砲が故障してしまい思わぬ箇所から水が吹き出すハプニング。「あれっ?」と観客と顔を見合わせて、照れ笑いを浮かべた。

DJ KOOのコラボのラストを飾ったのは、TRFの名曲「survival dAnce ~no no cry more~」。サビではみんなで手を振り、そして「フー!」と一斉にジャンプ。DJ KOOとのスペシャルステージが終わると、あたりはいつの間にか薄暗がりに。清井咲希が「少し暗くなってきたから、そんなときに歌う曲を」と曲振りをし、堀も「外のイベントは、暗くなるともっと良い雰囲気になる」としっとりしたムードを演出。ところが彩木咲良が「こういうのをエモいって言うんやんな!」とあっけらかんと話すと、「もう!」「最近覚えた言葉やろ」とツッコミが入る。

5人は着席。そこでメロディアスに演奏されたのが「ナナイロダンス(アレンジVer.)」だ。アコースティックギター、フルートを軸としたシンプルな構成だからこそ、彼女たちの繊細な息遣い、伸びやかな声が心地よく、またリアルに聴こえてくる。また、タンバリンの音とセミの鳴き声が絶妙に絡み、木々に囲まれた野外ライブの醍醐味を感じさせた。

暑さが和らぎ風が吹いて涼しくなったタイミングで流れだしたのが「ほなまたねサマー」。夏が過ぎゆき、秋の訪れをちょっぴり切なく歌い上げるこの曲。2017年に初のファンミーティングをおこなった大阪城音楽堂と昨年ライブを行った日比谷野音というステージで思い出深い会場ということで、“みんなで またこの場所で待ってるね”というフレーズがよりロマンチックに心に響いた。

14曲目「ナンバサンバイジャー」ではカラフルなライトを浴びながら、メンバーがしなやかに踊る。続いての「ちゃんと走れ!!!!!!」では5人と虹家族がペンライトを手にして光らせ、会場が一体に。“たくさんの人が未来へ導いてくれるよ”という歌詞とその情景が調和した。16曲目「オーバー・ザ・たこやきレインボー」では、春名が「今日、この場所を選んでくれてありがとうございました」と感謝。観客と一緒に同曲を歌った。

アンコールでは<RAINBOW SONIC 2018>のTシャツに着替えて登場。パーティーチューン「シャナナ☆」はみんなでタオルを振って大盛り上がり。メンバーも、汗だくになりながら幸せそうに顔を寄せ合った。ラスト曲は、DJ KOO、たこ虹バンドをバックに「RAINBOW~私は私やねんから~」。バンドの生演奏とDJ KOOのリアルタイムミックス&スクラッチを絡めた、RAINBOW SONIC 2018でしか聴けない贅沢なセッションで締めくくった。

最後にメンバーそれぞれが虹家族にメッセージ。春名は「いつまでもこの夏のことを覚えていてほしい」、彩木は「たこ虹、最高ですか?その言葉(声援)が聞けて嬉しい」、清井は「これからも私たちに付いて来てください」、根岸可蓮は「野外ライブは、ペンライトが綺麗で、まるで絵葉書みたいでした」、堀は「RAINBOW SONICを夏の良い思い出にして、心にしまっていてほしい。夏が終わるまでに、みなさんの笑顔が見られて良かったです」と大阪での野音公演を終えた喜びを話した。

初日公演では<無料ファンクラブ『たこ虹セブン(仮)』presents「たこ虹セブン放課後ナイト」>を大阪で開催することが発表された。たこ虹が初めて有料イベントを開いた場所として知られる大阪・MBS本社1階ちゃプラステージで、今後ほぼ定期的におこなうこのイベント。17時からの放課後公演、19時からのナイト公演の2部制で、放課後公演にはお見送りハイタッチ会が付き、ナイト公演では今後DVD鑑賞会やトークショー、ソロコーナーなど様々な企画が盛り込まれる予定だ。vol.1は9月21日(金)、vol.2は10月10日(水)に実施される。

最終日にはたこやきレインボーが挑む新企画「30 秒新曲」×5曲制作決定が発表された。SNSが流行のベースとなる現代において、それに対応すべく30秒という限られた時間の中で楽曲を制作するという企画だ。5組のプロデューサー陣と、たこやきレインボーが30秒の新曲でコラボレーションし、5曲の新曲をそれぞれ映像化し30秒CMも制作される。今の時代、そしてたこやきレインボーらしい斬新なアイデアである。さらに東京女子流×たこやきレインボーのツーマンライブが9月8日(土)に開催されることも発表された。

<無料ファンクラブ『たこ虹セブン(仮)』presents「たこ虹セブン放課後ナイト」>

■vol.1
9月21日(金)@MBS 本社1階ちゃプラステージ
17:00〜放課後公演/19:00〜ナイト公演

■vol.2
10月10日(水)@MBS 本社1階ちゃプラステージ
17:00〜放課後公演/19:00〜ナイト公演

ライブ情報を見る

東京女子流 × たこやきレインボー ツーマンライブ

日付:9月8日(土)
会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場・開演:17:00/17:30

ライブ情報を見る