西原愛夏、青山ひかる[舞台挨拶レポート]極道の家族を演じた本音を明かす「全力でやれることはやっていこうと思いました」「正直撮影中、ストレス発散できていました」映画『グレーゾーン』初日舞台挨拶にて

西原愛夏、青山ひかる[舞台挨拶レポート]極道の家族を演じた本音を明かす「全力でやれることはやっていこうと思いました」「正直撮影中、ストレス発散できていました」映画『グレーゾーン』初日舞台挨拶にて

西原愛夏、青山ひかる[舞台挨拶レポート]極道の家族を演じた本音を明かす「全力でやれることはやっていこうと思いました」「正直撮影中、ストレス発散できていました」映画『グレーゾーン』初日舞台挨拶にて

西原愛夏、青山ひかるが、本日6月4日(金)に開催された映画『グレーゾーン』の初日舞台挨拶に登場した。同イベントには2人のほか、宏洋、黒条奏斗、和田奈々、仁科克基が出演。本記事では、そのオフィシャルレポートをお届けする。

同作は、極道・黒崎家当主の暗殺を巡ってくり広げられるエンタテインメントサスペンスアクション。

主役の灰原龍を演じるのは、同作で監督・脚本・プロデュース・主演と4役に挑戦した宏洋。また、黒崎家の長女・一葉役は西原愛夏、黒崎家の次女・美鈴役は青山ひかる、黒崎家の長男・慎司役は黒条奏斗、警視庁組織対策課の新山刑事役は和田奈々、黒崎家の宿敵である白川家当主・白川光流役は仁科克基が務めた。

初日舞台挨拶では、極道・黒崎家の長女・一葉役の西原が、“初めてヒロイン役で映画に出演させていただいたので、いろんな方の力を借りて初日を迎えられて嬉しく思います”と挨拶。

続いて黒崎家の次女・美鈴役の青山は、“ようやく公開ができて本当に嬉しい限りです。今日観たら、ネタバレを含まないように「#映画グレーゾーン」で、感想などをツイートしていただけるとありがたいです”、とファンに注意喚起をする。

黒崎家の長男・慎司役の黒条は、“僕自身初めての映像作品だったので、緊張して何が何だかわからないまま撮影が進んでいったのですが、いい作品になったのではないかと思います。楽しんでご覧ください”と初々しく述べた。

黒崎家の当主・黒崎弦信の暗殺の容疑者を3姉弟だとみなす、新山刑事役の和田は、“2年前に撮影している作品で、当時はコロナがまったくない時期の撮影で、今は世の中がすごく変わってしまったんですけれど、この作品自体は撮った時と変わらないものがあって、みなさんにほっとしてもらえる作品でもあるかと思います。今、状況的に考えなくてはいけないこととかもあると思うんですけれど、この映画をご覧になっている時は楽しんでいただいて、思いっきり映画の世界に入り込んでいただけたらなと思います”と想いを語る。

黒崎家の宿敵である、白川家当主・白川光流役の仁科は、“みんなが揃うのも2年振りで、名前が変わった人もいれば(黒条と和田)、人妻になった人もいれば(和田)、ばちばちアイドルになっている人もいれば(青山)、ホストになった人もいれば(宏洋)、2年間の間にいろいろありました。公開ということですので、みなさんに楽しんでいただいて、さらに多くのお客さまに観てもらえるようにご協力をお願いします”と、ユーモアを交えて初日を迎えた胸の内を明かした。

西原愛夏
ツイート
西原愛夏
青山ひかる
ツイート
青山ひかる
黒条奏斗
ツイート
黒条奏斗

その後、西原は長女・一葉役に抜擢されたことについて、“初めてのヒロイン役だったので、嬉しさと驚きが勝っていたんですけれど、同時に焦りと恐怖と不安もありましたし、決まった以上全力でやれることはやっていこうと思いました”と当時の決意を振り返る。

また西原は、殺陣が初挑戦だったそうで、宏洋は“事前に稽古をした時に、(西原の)スポンジの刀が僕の顔に刺さって、「本物だったら貫通しているよ」という恐怖を感じた”と話すと、西原は“その節はすみませんでした”と公開謝罪。すると仁科は、“本物を使うことはないからね。刺さったら刺さったですし、骨なんて折れたら折れた時です。小沢仁志さんに言わすと、「折れるお前の骨が悪い!」”と小沢仁志の名言を披露した。

続いて、青山演じる美鈴の話題へ。普段からロリータファッションを着ている美鈴について青山は、“口は悪いですけれど、見た目は可愛いフリフリのお姉さまみたいでした。3姉弟を演じた3人の中では実年齢は1番上なんですけれど、役は1番下で、1番口が悪い。でも正直撮影中、ストレス発散できていました”と告白。そこで仁科が“どんなストレスを抱えているんですか?”とツッコみ、会場は笑いに包まれた。

加えて美鈴は、傘が武器で、マシンガンのように撃ちまくる技を披露する。それについて青山が、“某人気漫画キャラクターに似ているとすごく言われる”と明かすと、宏洋は“脚本を読んでいただくとわかると思うんですけれど、あの作品が大好きなんで”と本音を漏らす。青山が“じゃあ私、次、ゲロ吐きますか?”と返すと、宏洋は“続編でそのシーンを追加しましょう”と、まんざらでもなさそうな返答をした。

宏洋
ツイート
宏洋
和田奈々
ツイート
和田奈々
仁科克基
ツイート
仁科克基

長男・慎司役の黒条は、23歳の最年少。宏洋は、“新撰組のミュージカル(<時代劇ミュージカル新撰組-狂宴哀歌->)でご一緒して、これは伸びるぞと唾をつけていた。「奏斗は俺が見つけたんだ」と言うためにキャスティングをさせていただきました”と裏話を語る。それに対して、仁科が“Wikipediaで奏斗のページができようものなら、「発掘したのは宏洋である」と書き込むだろ!”とツッコむと、会場に大きな笑いが起こる。

一方、黒条は、“ご一緒したのが人生初のお芝居だったんです。ミュージカルでの役は大きな役ではなかったんですけれど、その中で選んでいただいて、しかも(映画『グレーゾーン』では)大きな役だったので、すごいプレッシャーでした。撮影が始まるまでは不安だったんですけれど、始まってからは「カメラが大きいな」というのがまずあって、緊張だらけだったんです。でも、楽しく撮影ができてよかったです”とコメント。その初々しさに、ステージはほっこりした雰囲気となった。

新山刑事役の和田は、“台本を読んで、映像を思い浮かべていたんですけれど、現場に行ったら、それよりも世界観が強烈でした”と、その衝撃を吐露。“刑事役という立ち位置だと、(カメラが回ると)みんながムカつく態度で出てくるんです。愛夏ちゃんとはメンチを切り合うシーンもあって、リアルにムカついている感じを出してくれたので、撮影後は警察の方々には優しい心で接するようになりました”というエピソードを披露した。宏洋は、そのシーンについて、“我ながらいい画が撮れたと思いました”と自信をのぞかせた。

その後、宏洋自らが作詞した主題歌「灰色の空」の作曲・歌唱を担当した、人気YouTuberのウタエル Utaelの話題へ。宏洋は、“撮影期間中にウタエル Utaelさんから歌詞の催促のメールが来て、帰りのロケバスで書いた”という話を明かし、監督・主演だけではなく歌詞の執筆も同時にしていたと知ったキャスト一同は、感嘆の声を上げた。

最後は宏洋が“世の中の空気を吹っ飛ばすくらい楽しい映画になっていますので、全力で楽しんでいただければと思います”と熱いメッセージを送り、初日舞台挨拶は終了した。

舞台挨拶詳細
日時:6月4日(金)18:40~19:10頃
登壇者:宏洋、西原愛夏、青山ひかる、黒条奏斗、和田奈々、仁科克基
会場:シネマハウス大塚

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 西原愛夏、青山ひかる[舞台挨拶レポート]極道の家族を演じた本音を明かす「全力でやれることはやっていこうと思いました」「正直撮影中、ストレス発散できていました」映画『グレーゾーン』初日舞台挨拶にて