西野七瀬、乃木坂46を卒業。「乃木坂が例えようの無い大事なものになってた」

西野七瀬、乃木坂46を卒業。「乃木坂が例えようの無い大事なものになってた」

西野七瀬、乃木坂46を卒業。「乃木坂が例えようの無い大事なものになってた」

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.02.25

2019年2月24日(日)、乃木坂46・西野七瀬の卒業コンサートが京セラドーム大阪にて開催された。

2019年2月21日(木)~24日(日)の4日間、各日5万人、トータル20万人動員となった<乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE>。1日だけで50万の応募があったDAY4(DAY1~DAY3の合計が50万応募)は、乃木坂46の7歳の誕生日と絶対的エースとも言われた西野七瀬の門出の両方をお祝いしたいと言うファンで会場は超満員。今日来られないファンのために「西野七瀬 卒業コンサート」生中継ライブビューイングも行われ、全国218館で10万人ものファンで埋め尽くされた。

西野七瀬は2011年8月21日のグループ結成から本日までの“2690日”乃木坂46として活動してきたが、いよいよ本日その活動にピリオドを打つと言うことで、京セラドーム大阪は始まる前から多くの西野七瀬タオルで埋め尽くされ、今か今かと開演を待ちわびていた。

そんな中お決まりの「Overture」からスタート。西野のオーディション時の映像から始まり、ステージに遂に西野が登場し、自身がセンターを務めた「気づいたら片想い」をゆっくりとアカペラで歌い出す。他のメンバーもそれに続くように登場すると、そこからライブがスタート。よく“儚い”と形容されることの多い西野だが、まさにそんな彼女にふさわしいライブの始まりだった。

そのまま「今、話したい誰かがいる」「夏のFree&Easy」等のキラーチューンで会場のファンは全力で西野カラーの緑色のペンライトを振った。特に「夏のFree&Easy」では西野が会場の中央を3Dフライングによって空中パフォーマンスし、会場は西野に大歓声を送っていた。

<乃木坂46「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY4 西野七瀬 卒業コンサート>2019/2/24 京セラドーム大阪
<乃木坂46「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY4 西野七瀬 卒業コンサート>2019/2/24 京セラドーム大阪

「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」は4日間で乃木坂46の楽曲トータル177曲を披露することがコンセプトとなっているが、DAY4は西野がセンターを務めた曲が固められており、どれも乃木坂46ファンにとっては神曲ばかりで、会場の盛り上がりもひとしおだ。

そこから西野ソロ曲「ごめんね ずっと・・・」や3期生曲・アンダー曲等でそれぞれの色を出し、会場を盛り上げていく。また今回は空中パフォーマンスが多彩に組み込まれていて、「魚たちのLOVE SONG」ではメンバーがステージ上方から壁を歩いて降りたり、地上25mまでステージが上がったりと、京セラドーム大阪という大会場でどの席でも楽しめる演出が盛り沢山だ。

ライブ中盤、「ひとりよがり」「隙間」「遠回りの愛情」「きっかけ」と、バラードナンバーが続くと、プライベートでも仲の良い高山一実や斉藤優里、94年組の同い年、中田花奈等、西野との思い出の深さに涙するメンバーが。桜井もその後のMCで「本当になあちゃんは誰からも愛されているよね。」と話していたことから、メンバーの西野への愛、そしてどれ程の想いで今日のライブに臨んでいるかがファンにも伝わったに違いない。