#ババババンビ(『B.L.T. 7月号』(東京ニュース通信社刊)/撮影:横山マサト)

#ババババンビ(『B.L.T. 7月号』(東京ニュース通信社刊)/撮影:横山マサト)

#ババババンビ[アザーカット&インタビュー]『B.L.T.』新連載「#馬と鹿」スタート! 「どんな企画でも気持ちは馬鹿になって頑張ります!」

#ババババンビが、5月24日(月)発売の『B.L.T.』(東京ニュース通信社)より連載第2弾となる「#馬と鹿」をスタートした。本記事では、メンバー7人が新連載への想いや、第1回取材時のエピソードなどについて語ったインタビューをお届けする。

#ババババンビ『B.L.T. 7月号』アザーカット

――『B.L.T.』新連載「#馬と鹿」のスタート、おめでとうございます。

水湊みお:
ありがとうございます! もともと私たちが去年の3月27日にデビューできなかったところから『B.L.T.』さんが連載をスタートしてくださった「#バンビの産声」、2021年3月27日のデビューライブやり直しで一旦仕切り直しとなって終了かも……と思っていたのですが、ありがたいことに読者の方からの反響もたくさんいただいていたこともあって、新連載「馬と鹿」として改めてスタートすることになりました! その1発目は#ババババンビの名前のモチーフでもある馬に関わる撮影として、競馬の競走馬の厩舎にお邪魔して実際の馬と触れ合ってきました!

――馬のお世話をしたそうですね。

近藤沙瑛子:
はい、この日は朝の7時に全員集合だったので、けっこう早起きをして車で移動、着いたら即本物の競馬の練習をするダートのコースをみんなでレースとして走ったんです。思ってたよりも距離が長くて疲れましたし、馬すごいなぁ……と思うところから撮影が始まりました……。しかも、私なりに真剣に走って2位になったのに、特にご褒美とかなくてスタッフさんに抗議した結果、集合写真の時、馬に乗って歩かせていただけました! ホントは馬に乗って駆け足とかもやらせていただける予定でしたが、当日は大雨でそれはできなくて……。その後はみんなで小屋掃除、エサやり、散歩と役割分担して、馬のお世話を体験しました! 私は小屋掃除をしたんですが、何をやるにも力がけっこう必要な作業で大変でした。でも、小屋が綺麗じゃないと馬にとってもストレスらしいってお話を聞いて、愛だなあと思いながら頑張って掃除しました! たくさん走って、馬小屋の掃除を一生懸命して、翌日は全身筋肉痛でしたが(笑)、すごく貴重な体験をさせていただけて嬉しかったです!

――馬に初めて触れるメンバーも多かったのでは?

池田メルダ:
今回、私を含めてほかのメンバーも馬に触れたことがない人が大半だったのですが、みんな本物の馬と触れられて喜んでました! 人生で初めて馬に乗らせていただいたのですが、馬はあったかくて座り心地も最高でした。でも、想像以上に高かったので、少し怖かったです……(笑)。あと餌やりにも挑戦させていただいたのですが、餌が本当に重くて……宇咲ちゃんと必死になって餌やりしたのも、いい思い出になりました!

――宇咲さんは誕生日が近かったため、撮影日にお祝いをしてもらったそうですね。

宇咲:
そうなんです! 撮影が終わり、スタッフさん方とみんなでご飯屋さんに行ったんですけど、ご飯も食べ終わりよし帰るか?と思っていたら、まさかのサプライズで、バースデーケーキの登場! (撮影日の)2日前が私の誕生日だったんですけど、祝ってもらえるなんて……誕生日を知っていてくださったことも嬉しくて……ほんっっっとうに嬉しかったです! 『B.L.T.』さん、カメラマンさん、みなさん本当にありがとうございました! 去年の誕生日は家族に祝ってもらったくらいで、けっこう寂しい誕生日だったので……(笑)。今年は撮影終わりにこうしてサプライズで祝ってもらえて本当に幸せでした! ありがとうございます!

――最近、馬に関わるお仕事もしていると伺いました。

小鳥遊るい:
はい! なんと、『JRA』さんと『うまい棒』さんのコラボ企画『ウマい棒ダービー』のキャンペーンモデルに起用していただきました! 今回1人1キャラクターを担当させていただいたのですが、それぞれすごく豪華な声優陣がキャラクターボイスをつけてくださっています! プレゼントキャンペーンでも大きな反響をいただいて嬉しかったです。名前に馬とつくからには、今後も馬に関わるお仕事をたくさんさせていただけたらいいなと夢見ています。#ババババンビといえば、私は大学生活4年間を奈良県で過ごしたので、鹿がとても身近な存在なんです。鹿に関連するお仕事もいつかやってみたいです!

――連載への意気込みを教えてください。

岸みゆ:
私たち#ババババンビは漢字で書くと“#馬馬馬子鹿”になるんですけど、この世の中嫌なことや難しいこともたくさんあるけれど、この瞬間だけは馬鹿みたいにいこう!という由来があるので、私たちらしさが誌面越しに伝わるような連載にしていきたいです! どんな企画でも気持ちは馬鹿になって頑張ります! でも、どんな試練が待ち受けているのかやっぱりちょっと怖いです……(笑)。

――今後、やりたい企画はありますか?

吉沢朱音:
ほかのアイドルさんと対談などコラボもしてみたいです! アイドルとして#ババババンビはまだまだ新人なので、お話しすることでいろいろ学びたいし、可愛い女の子好きの私としては話している姿を眺めていられるだけでも良いです!(笑)

#ババババンビ(『B.L.T. 7月号』(東京ニュース通信社刊)/撮影:横山マサト)
ツイート
#ババババンビ(『B.L.T. 7月号』(東京ニュース通信社刊)/撮影:横山マサト)
  • トップページ
  • インタビュー
  • #ババババンビ[アザーカット&インタビュー]『B.L.T.』新連載「#馬と鹿」スタート! 「どんな企画でも気持ちは馬鹿になって頑張ります!」