内田理央、ドラマ『レンアイ漫画家』第7話から出演決定!“魔性の母親”を演じる「“ひぇ〜!怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました」

内田理央、ドラマ『レンアイ漫画家』第7話から出演決定!“魔性の母親”を演じる「“ひぇ〜!怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました」

内田理央、ドラマ『レンアイ漫画家』第7話から出演決定!“魔性の母親”を演じる「“ひぇ〜!怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました」

内田理央が、フジテレビ4月期の木曜劇場ドラマ『レンアイ漫画家』に5月20日(木) 放送の第7話から出演する。

『レンアイ漫画家』は、鈴木亮平演じる漫画一筋で恋愛が苦手な天才少女漫画家・刈部清一郎と、吉岡里帆演じる夢なし、彼なし、仕事なしの崖っぷち女子・久遠あいこが織りなすピュアな不器用ラブコメディ。

顔出しNGの天才漫画家・刈部まりあこと刈部清一郎は、引きこもり故に令和のリアルな恋愛が描けず、困窮していた。そして偶然出会った久遠あいこに、報酬を払うから漫画のネタのために疑似恋愛をして取材してほしいと依頼。あいこはエリートサラリーマンや、年下教師、独身貴族との交流を清一郎に報告することに。

次々と常軌を逸した恋愛ミッションをくり出す清一郎と、ことあるごとにぶつかり合うあいこ。一方、まともな幸せは作家をダメにすると思い込み、孤独な引きこもり生活を送っていた清一郎だったが、亡くなった弟の忘れ形見のレン(岩田琉聖)を引き取ることになり、また、あいこと丁々発止をくり広げるうちに、少しずつその生活に変化が訪れていく。

木曜劇場“初出演”となる内田は、刈部レンの“母親”秋山美波を演じる。美波はミステリアスで魔性の母親。清一郎はレンに“母親は死んだ”と美波の存在をひた隠しにしてきたが、美波は突如、清一郎のもとに現れることになる。

彼女の登場により今まで明かされてこなかった清一郎の過去が明らかになり、清一郎、あいこ、レンの3人の疑似家族にも崩壊の危機が。美波は物語を大きく動かしていく存在となる。

ドラマ『レンアイ漫画家』より
ツイート
ドラマ『レンアイ漫画家』より

内田理央 コメント

ーー『レンアイ漫画家』への出演が決まった時の感想は?

内田理央:
嬉しかったです! 物語の後半に出てくる謎の女の役と聞いて、“責任重大!”と思いました。

ーー今回秋山美波役を演じてみていかがでしたか?

内田理央:
ちょっと何を考えているのかわからない、何かをしでかしそうな、ミステリアスでかまってちゃんな美波。なかなかみなさんの共感を得ることはできないと思いますが(笑)、“ひぇ〜! 怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました。美波との共通点がなかなかなくて、役作りに苦労しました。

ーー鈴木亮平さんや吉岡里帆さんと共演してみていかがでしたか?

内田理央:
とにかく現場の雰囲気が温かく居心地がよくて。それはおふたりの作る優しい空気感から来ているんだなあって思いました。

ーー番組を楽しみにしている視聴者に向けてメッセージをお願いします。

内田理央:
少しずつ距離が近くなっている清一郎さんとあいこちゃんレンくんを、かき回します。どうなってしまうのか……お楽しみに。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 内田理央、ドラマ『レンアイ漫画家』第7話から出演決定!“魔性の母親”を演じる「“ひぇ〜!怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました」