エラバレシ[ライブレポート]6周年に向けた新たな幕開けを飾る「私たちもここからまだまだ上を目指していきたい」

エラバレシ[ライブレポート]6周年に向けた新たな幕開けを飾る「私たちもここからまだまだ上を目指していきたい」

エラバレシ[ライブレポート]6周年に向けた新たな幕開けを飾る「私たちもここからまだまだ上を目指していきたい」

エラバレシが、5月15日(土)にCLUB CITTA'川崎にて<エラバレシ結成5周年記念ライブ>を開催した。本記事では、5周年を盛り上げる4大発表を行なった同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)

暗転したステージに照明が瞬き、ピンクエナメル色の肩出し衣装に身を包んだメンバーが登場。“ようこそー!! エラバレシ5周年ライブ!! 今日はみんなで5の指を出して盛り上がりましょう! クラップ!! 5周年、来てくれてありがとー!!”という朝倉の掛け声でシングル曲メドレーがリリース順にスタートした。

戦隊ヒーローを彷彿とさせる振り付けが特徴の「アイノフシギ」は、ファンも一緒に真似をして盛り上がり、1曲目からヒートアップ。

続いて、「ミス・ラビット」では、可愛いウサギになりきってステージ上を跳び回り、勢いそのままに「バスケットクィーン」、「怪盗♡ブラックキャッツ」をパフォーマンスした。

ライティングが激しく点滅し、エネルギー全開のヘビメタ調ナンバー「もっと、ねぇもっと」へ。激しいヘドバンを披露し、熱く歌い上げる。また、“一緒にー!! みんなで!! うんぱぱうんぱ!”という朝倉のコールに合わせて、最新シングルで人気ナンバーの「逆境ノンフィクション」を披露。オーディエンスからは大きなクラップが鳴り響いた。

<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)
ツイート
<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)

曲が終わると、朝倉が“CLUB CITTA'川崎にお集まりのみなさん、配信をご覧のみなさん、改めまして私たち、輝きの未来へキミと! エラバレシです!! よろしくお願いしますー!! 本日は大変な状況の中、お越しいただき、配信をご覧のみなさんも、本当にありがとうございます! エラバレシを観るのが初めてだよって方もいらっしゃると思うので、自己紹介させてください!」と挨拶。

メンバー全員が自己紹介を終え、“エラバレシ5周年スペシャルライブということで、本日の始まりはデビュー曲「アイノフシギ」の衣装を久しぶりに着てきました! この衣装は本当にエラバレシ原点の衣装で……。朝倉、もえあず、神崎がデビュー当時からのメンバーで5年間活動させていただいているのですが、どうですか?”という朝倉の問い掛けに、本木が初めて追加メンバーで入ってきた時のこと、サブリーダーになるきっかけのエピソードなど、想い想いに当時の思い出を語った。

そして、朝倉が“エラバレシお披露目当時から応援してくださっている方も最近知ってくださった方も、みんなとそれぞれの大切な思い出があります……! 今日はそんなことを思い返しながら楽しんでいきたいと思います!”とファンへ想いを伝え、本木が“今日は全曲披露ということで、まだまだ盛り上がっていきたいと思います! 全力でクラップしてくださいね! ミュージックスタート!”と掛け声を響かせ、シングルの発売順にカップリング曲メドレーをスタート。

切なく歌い上げる「もうなんなの⁉私」をはじめ、「テケテケ私流」、「ピコンでメタフィクション」、「GAL的LOVE」と怒涛のメドレーを展開。

途中、“まだまだ元気、出せますかー⁉”(小熊)、“盛り上がっていくよ!!”(真田)、“いつも支えてくれて、ありがとう!!”(西)、“みんなのハートにヒットを打つぞ!”(本木)、“みんなで楽しんでいこうねー!!”(神崎)、“大好きなみんなをキュンキュンさせちゃいます♡”(もえの)、“エラバレシぶちかましていくぞー!! 5周年!! みんなでクラップ!!”(朝倉)とメンバーそれぞれ6周年へ向けて新たな戦いの狼煙を上げ、その熱い想いを証明すべく、キラキラと汗を光らせながら「キミをつくる全ての要素」、「囚われのMirage」をドロップ。迫真のパフォーマンスをくり広げた。

<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)
ツイート
<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)

もえの・神崎・小熊が残り、もえあずが“カップリング曲コーナーでした! みなさんどうでしたか⁉(大きな拍手が起こる) 新しい振りを取り入れてみたりしました! みなさん、メンバー別カラーTシャツ着てくれてますね? めっちゃ嬉しい♡ ありがとうございます!”と感謝の想いを口にした。

5周年トークへ突入すると、もえのと神崎の5年間の思い出、“成功したヲタク”である小熊の加入時の想いや練習時にいつも泣いていたため、先輩メンバーが心配していたことなど、笑いを交えながら語り終えるとセレクトコーナーへとライブを進めた。

朝倉・本木・西・真田による「女の子たちの battlefield」、もえの・神崎・小熊による「Baby Why?」が披露し、“ありがとうございます!! ということで、セレクトコーナーでした!”と全員でセレクトコーナーの感想を述べた。

“次の曲は、告知させていただいていた撮影可能曲です!! 可愛い写真が撮れたら「#エラバレシ5周年」を付けてツイートしてくださいね! みんな準備できましたか? 聴いてください、「Is this Love?片思い」”と、キラキラのポンポンを手に持ち、笑顔満開で歌い踊る。

曲が終わると、“撮影タイム終了です! ありがとう~!!”の朝倉の声をきっかけに、「HAKU-GIN」、「Here we go!」へと続き、“君がいるから 輝くストーリー 選んでくれてありがとう”という歌詞に乗せて、6周年へ向けて新たな幕開けを飾ったエラバレシの物語を、ファンへの願いを込めて全員で手を繋ぎながら届けていった。

<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)
ツイート
<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)

ここでのMCでは、本木が“いい写真撮れましたか? 怒涛の全曲披露ということで、普段ならこの辺でライブ終わっていると思うのですが、今日はまだまだ続きます!! みんなも適度に休憩しながら(笑)、まだまだ楽しんでくださいね!!”と笑いを交えながらコメント。

そして、朝倉が“続いては、なんと5周年を記念して作っていただきました! 新曲を披露させていただきたいと思います! エラバレシとして活動してきて5周年。本当にいろんな出会いや別れがありました。1つひとつの出来事にすごく意味があって、私たちはこうして活動を続けて来れているんだなと思います。今日ここに来てくださっている方も、配信を観てくださっている方も、みなさんかけがえのない存在です。これからも、運命を味方にして、どんどん素敵な未来をみんなと作っていけたらいいなと思っています。そのためには、みなさんの応援、愛がたくさん必要です。私たちもここからまだまだ上を目指していきたいと思っていますし、たくさんの愛をこれから歌って、踊って届けていきたいと思います! 聴いてください、「Stay With」”と熱いメッセージを贈り、“まだ見ぬ景色へ、キミと恐れず進んでいこう”と未来への希望を爽やかに感じさせる新曲を披露した。

パフォーマンスを終え、朝倉が“ありがとうございます! みんなもさっそく一緒に振り付けしてくれて嬉しいです! これからもっともっと一緒に歌って、一緒に「Stay With」を作って行きましょう! 今日はエラバレシのライブを選んで来てくださって、本当にありがとうございます!! ということで、ラストスパートです!! それでは聴いてください、「選ばれし二人になりたい」”と感謝の気持ちを述べつつ、次の曲を歌い始めた。

「選ばれし二人になりたい」では、真田の歌声でピュアな想いをアピール。また、「リバース」では、“逆境なんて裏返して何回だって生まれ変わる”と強いメッセージを届け、「チェッカーフラッグ・ラブ」と繋いだ。

ラストナンバー「future to shine」では、“一緒ならいけるよ どんな未来も”と、6周年へ向けて輝く未来へ想いを乗せる。全23曲を披露し終えたメンバーは、それぞれライブの感想と6周年へ向けての意気込みを語り、鳴り止まない大きな拍手に包まれながらライブの幕を降ろした。

<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)
ツイート
<エラバレシ結成5周年記念ライブ>CLUB CITTA'川崎(2021年5月15日)

同ライブにて解禁された4大発表

・1月31日(日)にVeats SHIBUYAにて開催された<エラバレシ 1st 東名阪ワンマンツアー2020-2021 リップスティックミュージカル>ツアーファイナル昼・夜が今年の夏、ライブDVDとして発売決定。
・朝倉ゆり、本木瞳がグラビアDVDを7月に発売。
DVDには朝倉、本木ソロのオリジナルテーマソングも収録。
・本日のワンマンライブで初披露した「Stay With」が今年の夏に音源化。
・エラバレシ東名阪ツアー開催決定。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • エラバレシ[ライブレポート]6周年に向けた新たな幕開けを飾る「私たちもここからまだまだ上を目指していきたい」