【連載】沖口優奈×『矢口真里の火曜The NIGHT』番組プロデューサー&演出担当(後編)「いいアイドルがいたら教えてください(笑)」

【連載】沖口優奈×『矢口真里の火曜The NIGHT』番組プロデューサー&演出担当(後編)「いいアイドルがいたら教えてください(笑)」

【連載】沖口優奈×『矢口真里の火曜The NIGHT』番組プロデューサー&演出担当(後編)「いいアイドルがいたら教えてください(笑)」マジカル・パンチライン 沖口優奈「沖Pの教えてプロデューサー」第1回:ABEMA『矢口真里の火曜The NIGHT』番組担当プロデューサー・堀越玲央/演出・松田征己(後編)

マジカル・パンチラインのリーダー兼プロデューサーの沖口優奈と、ABEMA『矢口真里の火曜The NIGHT』番組担当プロデューサー、演出担当の対談後編は、プロデューサーとして心がけていることを皮切りに、『火曜The NIGHT』がスタートしてからの5年間におけるアイドル業界の変化や同番組の好きなところなどについて沖口が話を聞いていく。過去の番組を振り返りながら和やかに進行していった今回の対談であったが、最後は沖口の“ある発言”をきっかけに堀越、松田が次回の放送に大きな期待を寄せる予想外の結末に!?

撮影:越間有紀子
編集協力:竹内伸一

マジカル・パンチライン 沖口優奈「沖Pの教えてプロデューサー」第1回(後編)

どうやって広いところに番組を出していくかを考えています(堀越)

沖口:
今、お仕事をされている中で、プロデューサーとして心がけていることは何ですか?

堀越:
先程話した内容と一部被りますが、ABEMAのプロデューサーとして番組をマス(大衆)に向かってアプローチするということですね。この番組でいえば、今はコロナの影響で、ゲストを2人しかスタジオに呼べないんです。MCの2人と合わせてスタジオ内には4人までというルールを番組として決めたんですね。出演者が多い方が多くの視聴者に観てもらえる可能性があるのですが、人数が制限された中でいかに多くの視聴者に番組に興味を持ってもらうか。現状はそこが課題です。今の状況で僕が番組側に提案できることは何なのか。例えば、視聴者にZoomで参加してもらうのはどうだろう……とか。絵恋ちゃんの放送回で実施しましたが、“絵恋ちゃんに何かやられた方、Zoomで出演してください”と募集したんですね。出演してくださった方が“こんなことをされたんですが、実は、ファンとしては嬉しいことなんです”といったことを直接お話ししてくださいました。そんな風に視聴者の方が“自分も出演したいな”と思ってくださったり、SNSで盛り上がってくれたりすると、スタジオの空間だけでなく、この番組がちょっと外に広がったということで、これは成功だったのかなと思うんです。だとすれば、課題に対していい提案ができたのかなと。実際にスタジオへ来られないメンバーに自宅からZoomで出演してもらったこともありました。そういう工夫をしたことで、本人たちも“私たちも出演するから観てね”といった形で告知をしてくれるでしょうし、より多くのファンに伝わると思うんです。ファンではない方でも、番組関連の投稿やハッシュタグがSNSのオススメトレンドになっていれば、興味を持ち番組を観てくれるかもしれない。そういうことにつながるといいなと思って、SNSやABEMA公式YouTubeチャンネルにも動画を公開しています。そんな風に、どうやって広いところに番組を出していくかを考えています。

沖口:
なかなか難しそうですね。

堀越:
出演してくださったみなさんが、とてもいいパフォーマンスをしてくれているので、それを多くの人に届けたい。そんな気持ちでやっています。

沖口:
SNSが発達しているからこその戦い方だと思いますけど、SNSもどんどん進化していくので、戦い方も変わっていきますよね。

堀越:
そうですね。地上波はテレビをつけて、チャンネルをザッピングして“あ、これ面白そう”っていう感じで視聴してくれる方が多いんですけど、ABEMAをはじめとするネットのテレビは、“○○ちゃんが×時×分の番組に出演するから観る”という視聴のされ方なんです。暇だからABEMAのアプリを立ち上げて、なんとなく番組を観るという方はあまりいません。いろいろな方法で番組の情報を発信して、それを察知してもらって、“この番組を観たい”と期待値を高めて観てもらうという世界なので、SNSを使った戦い方というのは特に重要かなと思いますね。

沖口:
TwitterとかTikTokとかでトレンドに入っていると、思わず“ポチッ”としてしまいます(笑)。やっぱりSNSの力ってすごいなって改めて思いますね。松田さんは、『火曜The NIGHT』を5年間続けてきて、たくさんのアイドルさんを見てきたと思うんですけど、5年前と今とで、アイドル業界が変わったと思うことはありますか?

松田:
変ったなというと、大手事務所のアイドルたちが割といなくなっていっているなとは思いますね。あとは、肌感になりますけど、奇抜なコンセプトを打ち出すアイドルが少なくなったかなと……そんな風に思っていたんですけど、いないわけでもないんですよね(笑)。どっちなんでしょうね、よくわからないですけど(笑)。

沖口:
私もコンセプトがないグループが多くなったような気がします。

松田:
コンセプトを設けない方が保険がかかっているというか、楽なんだろうなとは思います。

沖口:
どちらの方向にもいけますからね。

松田:
でも、番組を作る僕の立場からすると、つまらないですよね(苦笑)。

沖口:
何かひっかかりがあった方が、番組としては面白いですもんね。先日の……。

松田:
爆裂女子-BURST GIRL-?

沖口:
めちゃめちゃ濃かったですよね!

松田:
そうですよね。特にZoomで出てもらった子がすごくて、スタジオにいる2人の方が薄かった(笑)。

沖口:
ずっとZoomの待機画面を観ていたんですけど、ホントに面白くって! 放送には映っていないはずなのに、こっちにむかってベロを“べぇ~”って出したりしてて(笑)。

松田:
はははは(笑)。ホントに面白かったですね。Zoomで出てもらった2人には、最初は1回しかつながないつもりだったんです。でも、打ち合わせをしてみたら面白そうだったので、とりあえず2回はつなごうと思って。そうしたらMC陣が気に入って、“また呼ぶから!”みたいなことになって。

沖口:
それも生放送ならではですよね。

堀越:
テレビ業界全体に、(キャラクター設定をよしとしない)そういう風潮はあると思うんです。視聴者も目が肥えているので、やっぱり“これ、やらせでしょ?”ってすぐに見透かされてしまう。アイドルがキャラを作ってきても、“どうせ最初だけでしょ? すぐにメッキがはがれるよ”ってみんな思っている。どうせすぐにバレちゃうのであれば、素のままでいこうってことになりますよね。

松田:
でも、ウチの番組は両方対応できますから(笑)。

沖口:
どっちの方向にもついて行く(笑)。でも、設定をガチガチに固めているけど、しゃべったらすぐにはがれそうなアイドルがそこをつっつかれているのを観るのは楽しいです(笑)。

松田:
そうですよね(笑)。結局、こちらが面白がりたいのはそっちなんですよ。しかも、いろいろ出て来すぎちゃったんで……最初の頃は“毒霧を吹く”とか“人の上を歩く”なんてアイドルが来ると“すげえな!”って思いましたけど、今は“ああ、なるほど!”って。

沖口:
確かに! “あ~、はいはい、そういう感じね”って思っちゃうかも(笑)。

松田:
MCの2人は、そこもちゃんと拾ってくれるんですけど、やっぱり2人もそこじゃないところを探そうとしてくれる。ガチガチな設定やコンセプトはあってほしいんですけど、そこじゃないところを攻められているのもいいんじゃないかなと思います。

沖口:
自分の出番まではイチ視聴者として楽しんでいるんで、“あ、そこから広がっていくんだ”とか“そこがいじるポイントなんだ”って勉強になることがたくさんあります。

松田:
寿司ネタもそうですし。

沖口:
寿司ネタってなんで生まれたんでしたっけ?

堀越:
絵恋ちゃんですね。歌のコーナーにいく時に、彼女に“歌中にファンの方々にやってほしいこと、コメントしてほしいことはありますか?”って聞いたら“みなさんの好きな寿司ネタを報告してください”って(笑)。

沖口:
そうだ! 大盛り上がりでしたよね!

堀越:
斜め上からの発想で面白かったですよね。そこからもう5回くらい寿司ネタをやってます。

松田征己(演出担当)、堀越玲央(番組プロデューサー)、沖口優奈(マジカル・パンチライン)
ツイート
松田征己(演出担当)、堀越玲央(番組プロデューサー)、沖口優奈(マジカル・パンチライン)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 【連載】沖口優奈×『矢口真里の火曜The NIGHT』番組プロデューサー&演出担当(後編)「いいアイドルがいたら教えてください(笑)」