CYNHN、新曲「AOAWASE」配信開始「歌い手の自分たちの背中も押してくれます」

CYNHN、新曲「AOAWASE」配信開始「歌い手の自分たちの背中も押してくれます」

CYNHN、新曲「AOAWASE」配信開始「歌い手の自分たちの背中も押してくれます」

CYNHNが、本日4月28日(水)より新曲「AOAWASE」の配信を開始した。

同曲は、リスナーとCYNHN自身の背中を押すような歌詞が印象的なピアノロック調ナンバー。4月10日(土)に池袋harevutaiにて開催したワンマンライブ<CYNHN ONE MAN LIVE「Blue Spring」>で披露したばかりの新曲となっている。

作詞&作曲は、CYNHNの多数の楽曲を手がけた渡辺翔。編曲は、「解けない界面論」「くもりぎみ」に参加した笹川真生が担当。また、平畑徹也(Pf)、mol-74の高橋涼馬(B)、佐藤丞(Dr)が参加している。

なお、CYNHNは、7月21日(水)に同曲のシングルCDを発売するほか、5月9日(日)の名古屋THE BOTTOM LINEを皮切りに東名阪を回るリリースツアー<CYNHN LIVE TOUR 2021 -AOAWASE->を開催。同公演のチケットの一般発売は5月1日(土)より開始となる。

綾瀬志希 コメント

聴いた誰かやみんな、私たちの背中を押すような曲。CYNHNというグループの今までと今の物語が詰まった楽曲で、“誰もがきっと何もわからないまま”、“大丈夫”という歌詞は、歌い手の自分たちの背中も押してくれます。弱くあり、強くある今のCYNHNや過去のCYNHNを抱えながら、それでも“前へ”進む1歩を強く踏み出せるような、そんな曲です。この楽曲は、これからのCYNHNを引っ張っていってくれると思っているので、私たちの成長や活動にも注目して聴いてみてください。

次ページ

  • 1